<米国株テクニカル分析>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

反落はくる、気をつけて ラグナロク

今現在私はアメリカ株の資源株を保有しているし実際楽観的でもある

しかし、今後アメリカ株は間違いなく下落すると私は読んでいる

ストーリーはこうだ

今後トランプ政権のアメリカ国内でのアメリカ籍企業の優遇を見越してアメリカ国内に投資資金が還流していき、
新興国市場の資産が下落していくさらに中国からの輸入に対してアメリカ政府は制限をかける

だとしたら中国の不動産ブームを牽引していた中国の製造業の経営者が消費を控える

中国の不動産価格下落

中国の不動産価値の減少

不動産価値の下落で中国の中小企業は担保が用意できず運転資金を準備できず売上鈍化☂

世界的不景気の到来

アメリカの株式も下落

上海2016-12-05
コレは上海指数の月足だが15年の6月から2,016年の1月まで鋭角的に下げている3月からは上昇を始めたが、
今後この上げが素直に上がってくれるかどうか、わたしには思えない

今はアメリカ株に連れて上がっていても、今後アメリカ本土に資金が返っていけば中国株はどうなるかわからない不透明感がある

アメリカ株はいよいよ最後の打ち上げ、北欧神話で言うところの神々の黄昏「ラグナロク」がやって来ようとしている
今日5002016年12月5日

今は2009年から始まったトレンドの最後の5波目、そして5波の中の第3波の始まりのところだ

おそらくS&P500は1500〜1600の水準まで下げる、そしてその後反転すると考えている

とにかく今はラグナロクの直前だ

破滅は幸福の後ろに立っている
37ee8ea7.jpg


《推薦図書》
エリオット波動入門 (ウィザードブックシリーズ) 単行本 – 2009/8/5
ロバート・R・プレクター・ジュニア (著), & 3 その他


いいですか?株をすれば初心者は損をするのは当たり前です、株で損をすれば失うのはプライドだけでなくお金です
損をして何百万円も失う前に、この本を読んで下さい

私はこの本を全ての投資家が最初の1年間に読むべきだと考えています

これはお金を失う事を予防する「かなり割安な予防注射」であると言えますしそう考えています


フィボナッチトレーディング (ウィザードブックシリーズ) 単行本– 2010/2/12
キャロリン・ボロディン(著), 長尾慎太郎 (監修), & 1 その他

¥ 6,264 Amazon ポイント 310 pt




フィボナッチは数学というより1つの「芸術」であると言えます
出来高が多い株価指数やコモディティ、そして、Fxなどに現れるフィボナッチの比率に私は驚きを感じます

想像もできない程多くの人、の意思決定の結果の値動きが黄金率に収束していくのはフィボナッチが
「神の言葉」で有ることの証明たりえます


マーケットのテクニカル百科 入門編 Kindle版
ロバート・D・エドワーズ (著), ジョン・マギー (著), & 1 その他



世界で1番売れている本はなんだと思いますか?
答えは聖書です

私たちは新しいものに飛びつきがちです、新しい車、新しい家、新しい衣服、新しいガジェット

しかし、古いものにも良さがあります「時の試練」に耐えてきた本だからです

この「マーケットのテクニカル百科 入門編」は絶対に読まなくては行けない本の1つです
テクニカル分析であまり解説されていない「窓」(ギャップ)や、ウェッジについても詳しく書かれています
また、トレンドラインの引き方、支持線抵抗線も、これにまさるものはありません

この本はテクニカル分析における「聖書」です




伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術 単行本 – 2007/10/17
カーティス・フェイス (著), & 2 その他



「いい物は高い」が消費者の世界なら、「いいものを安いうちに」がトレードの世界

この「タートル流投資の魔術 」は、安い割に中身が充実している本で、かなりお買い得な1冊となっている
「トレンドフォロー」(特定の条件で株を買い、トレンドが尽きるまで持ち続ける)という手法を扱うこのやり方を
2000円足らずで教えてくれる

この本も買うべき一冊である、1文無し以外は皆買うべきだ
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック