FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

読者の皆さん、今日が金曜だということを忘れてはいけません 株は金曜に気をつけて

今日は11/11アメリカはベテランズデー(退役軍人の日、復員軍人の日)である

先日トランプが次期大統領に決まり、クリントンはまた負けた
前回(2008)の大統領選、ヒラリー氏はオバマ現大統領と争い、の黒人大統領との女性大統領という称号を争った

そして、今回、トランプ氏とヒラリー氏は、「見捨てられたアメリカの白人元中間層」と「黒人、ラテンアメリカ人、女性」それぞれの代表として争ったが、今回、アメリカの国民はドナルド・トランプを選んだ

五大湖周辺のラストベルトの人たちはドナルド・トランプを選んだ

さて、大統領選についての批評は他のニュースサイトが詳しいのでそちらに譲るとして、わたしは今日のNYSEについて書こうと思う

さて、ココ数日わたしがなぜブログを更新しなかったのかというと、
「金儲けが忙しかったから」
ということに他ならない
というか、こんだけ資源株について書いてて資源株のこのチャンスを逃してたら武士の名折れ

2016年11月11日SP500

かねてより資源株運輸株が大事と言っていた私は当然資源株をウォッチリストに入れており、
クリントン氏が当選して急騰するのを期待して持っていた

持っていた銘柄はFCX(フリーポート・マクモラン)、RIO(リオ・ティント)、VALE(ヴァーレ)、この数日、3つとも特にFCXはかなり上げた

FCX フリーポート・マクモラン
2016年11月11日FCX

クリントンが初の夫婦で大統領になるかと思ったらアメリカ白人はトランプを選んだのですごいうろたえた

しかし、結局株価は急騰した
20時57分平成28年11月11日

当然だがかなり儲かった、しかし、今日現在私はすでに3つとも手放している
何故かと言うと

1つは私がビビリで急騰するのを見守ることが苦手なこと
私はメンタルが弱いので場中に5分足や15分足を見ながら即興的に売ったり買ったりすることが出来ない、
場中に悩んでしまうので決断が遅れるのだだから、こういう急騰局面の最終日、私は最後の美味しい部分まで収穫することが苦手だ

1つはギャップ付きの連騰ですでに2つのギャップが現れているのであまり上昇余地がないと考えていること
まず最初のギャップが「ブレイクアウェイギャップ」これは保ち合い水準から飛び立つ力強いギャップ
次のギャップが「コンティニュエーションギャップ」これはトレンドが早く進行するときに現れる継続のギャップ
このギャップのあとうえひげ陽線というローソク足が出ているので、上昇一服と考えたのだ

うえひげ陽線

1つは今日が金曜ということだ
一般的に、株価は11月から翌年春までが上がると言われているが、それはあくまでも傾向であって、局地ではそうとは限らない
金曜日の次の日は土曜日、そして次の日は日曜日、この2日間が怖い、その間にみんなが冷静になって月曜日に株価が売られて始まったらと思うと怖くて怖くて…

以上の点で私はFCXそしてその他2つ(ヴァーレ、リオ・ティント)を売った

なお現在銅の先物は上昇しているからちょっと後悔しているが、まあいいこの数日ですでに十分稼いだ
人は欲をかきすぎて失敗するのであって、欲をかきすぎなければ穏やかに生きられる

もちろん今後資源株は再度買いに入ることも考えているので続報をかけたら書こうと思う

ちなみにFCXはおそらくアメリカ時間の午前中の最初だけ上げて後は下げると
それか横ばいでフラッグかペナントのパターンを形成するかもしれない

追報:23時54分現在FCXは2.8%程度下げた、銅の先物はマイナスに入り上昇を打ち消した



フリーポート・マクモラン(Freeport-McMoRan Inc.)は国際的な天然資源会社。多様な 地域に大規模で長期間存続する銅、金、モリブデン、コバルト、石油、ガスなど大量の埋蔵資産を取り扱う。

リオ・ティント(Rio Tinto plc)は、国際的な鉱山会社。アルミニウム、ホウ砂、石炭 、銅、金、鉄鉱石、鉛、銀、錫、ウラン、亜鉛、二酸化チタン原料、ダイヤモンド、滑石、ジルコンなどの鉱山事業に出資する。RIO AUのティッカーでオーストラリア市場にも上場。

ヴァーレ (Vale SA) は鉱山会社。鉄鉱石、ペレット、マンガン、合金、金、ニッケル、 銅、カオリン、ボーキサイト、アルミナ、アルミニウム、炭酸カリウムなどの生産、 販売を手掛ける。ブラジルに本社を置き、国内の鉄道、港湾施設なども運営する。
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック