FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

755とかいうゴミ ホリエモンはITを知らない 北野日奈子ちゃんコンテンツ充実キボンヌ

755(ナナゴーゴー)とは、サイバーエージェントグループの株式会社7gogoが提供するスマートフォン向けアプリケーションソフトである。



概要
「堀江貴文氏仮釈放後第一弾プロジェクト」として立ち上げられたもので[1][2]、サイバーエージェントと、堀江らが出資する株式会社SNSが2013年6月3日に共同で設立した「株式会社7gogo」[3]により、2014年2月13日に提供を開始した[4]。




参加者がさまざまなテーマで「トーク」を展開し、その「トーク」に対してほかの参加者が「やじうまコメント」(いわゆる「レス」)を付けたり、自分のトークに引用したりできる機能を備えている[4][5][6]。いわゆるインスタントメッセンジャーアプリまたはチャットアプリの一つに位置づけられるが、LINEをはじめとする従来のメッセンジャーアプリが1対1(または仲間同士)のクローズドなコミュニケーションを前提としているのに対し、755ではトークやコメントの内容はすべてオープンとされることが前提となっており[注 1]、サイバーエージェント代表取締役の藤田晋はサービス開始当初は「メディア的な側面の強いサービス」と考えていたと話し[4]、実際に使ってみての感想としては、位置づけを「Twitterとブログの中間かな」と感じたという[6]。
2014年6月以降、トークを開設できるユーザーアカウントをアメーバブログ開設者を中心とした著名人に集中的に展開したこと、さらには755アカウントを持つアイドルらを使い「芸能人・有名人の返信率92%以上」と謳ったテレビCMを2014年末から2015年始にかけて集中的に投下した影響もあって、この年末年始だけで約200万ダウンロードを達成し、累計ダウンロード数も250万ダウンロードを超えたという[6]。ちなみに、この「返信率92%以上」という数字は、“755を利用する著名人の92%がやじうまコメントに返信を行っている”という意味であって“92%のユーザーが自分宛の返信をもらえる”という意味ではないといい[5][6]、誤解を招くとしてこのキャッチコピーは後に撤回された[2]。
上述のような形でユーザー数の拡大を図っていたが、今後の事業展開について、サイバーエージェントは2015年9月期第3四半期決算説明会での質疑応答の席で「芸能人・著名人に紐づくファンをベースにしたアプリだと成長拡大が見込めない」としており、今後は一般ユーザー同士での交流を前提とした形でサービスの方向性の転換を図る予定と説明している[6]。

開発の経緯[ソースを編集]
藤田晋によると、証券取引法違反(ライブドア事件)で収監されていた堀江貴文が仮釈放された際に、堀江が藤田に「LINEのようなアプリをなぜ作らないのか」と持ちかけ[注 2]、その方向性を探る中で、藤田が見城徹(幻冬舎社長)や秋元康ら6人でやっている「ハワイ会」というLINEグループでの見城のコメントが「やたらおもしろい」ということに着目し、「これにユーザーが『やじうま』のようにコメントをつけることができたら、それまでにない新しいサービスになるのではないか」との発想から本サービスの開発に至ったという[7]。また、堀江からも『Hotwired(現在のWIRED.jpの前身)にあった公開討論のようなサービスはどうか』という話を持ちかけられたのもサービスの方向性を定めるきっかけの一つとなっているという[4]



ちなみに、サービス名称の「755」とは、堀江が収監されていた長野刑務所での囚人番号[注 3]に由来している[5][6][7][1]。なお、SNSの株式を50%保有する堀江はファウンダーという立場であり、同時に7gogoには設立者の1人として参画したという。



堀江が藤田に「LINEのようなアプリをなぜ作らないのか」と持ちかけ
まずコレがだめ、これまでさんざんコンピュータソフトやサービスの世界で繰り返されたようにコンピューターの世界に
「二匹目のドジョウ」「二匹目の兎」はいない、なぜならインターネットの世界は
1つしか無くて、
コンピューターの世界にはウィンドウズ(windows)かマックOS(macOS)しかない

これはどういうことかというと、例えるなら世界中の人間の病気に対する免疫が1つしかないということと考えるといい

人類はその始まりからウィルスと戦い続けて来た、鼻、目、口、皮膚から入り込むウィルスは人間に多大な苦痛を与える、しかし、人間は常に免疫を鍛えることでなんとか生き延びてきた、しかし、同じようにウィルスも年々進化を続けており、
ある種の特効薬に「耐性」を身につけて生き延びてきた

人類とウィルスの戦いはこれまでもこれからも続くが、時々、ウィルスの強さが「爆発的な」進化を遂げ、大勢の人間を大量に殺戮する事がある

例えばスペイン風邪がそうである



スペインかぜ (1918 flu pandemic, Spanish flu) は、1918年から19年にかけ全世界的に流行した、インフルエンザのパンデミックである。感染者5億人、死者5,000万~1億人、と爆発的に流行した。一説によると、この大流行により多くの死者が出たため、第一次世界大戦終結が早まったと言われている[6]。
1億人は当時の日本の総人口より多い

他にもソ連風邪、香港風邪、がある、古くはペストが有名だ


ペスト(ドイツ語: Pest, 英語: plague)とは、ヒトの体にペスト菌(Yersinia pestis 腸内細菌科 通性嫌気性/グラム陰性/無芽胞桿菌)が感染することにより発症する伝染病である。黒死病(英語: Black Death, ドイツ語: Schwarzer Tod)とも。
ペスト
は元々齧歯類(特にクマネズミ)に流行する病気で、人間に先立ってネズミなどの間に流行が見られることが多い。




ノミ(特にケオプスネズミノミ)がそうしたネズミの血を吸い、次いで人が血を吸われた結果、その刺し口から菌が侵入したり、感染者の血痰などに含まれる菌を吸い込んだりすることで感染する。人間、齧歯類以外に、猿、兎、猫などにも感染する。
かつては高い致死性を持っていたことや罹患すると皮膚が黒くなることから黒死病と呼ばれ、恐れられた。世界史に数次の全地球規模の流行が記録されており、特に14世紀の大流行は、世界人口を4億5000万人から3億5000万人にまで減少させた[1]。


感染力の強いウィルスが人間が免疫を作るより早いスピードで人を殺す力を持っている時爆発的な感染パンデミックが起きる

ではもし、インターネットの世界という人口密集空間で感染力の強い(中毒性、あるいは役に立つ)ある種のサービス・ソフト・コンピューター普及が始まるとどうなるだろう、その場に居る全ての人に感染していく

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
企業であれば、もしライバルが電卓、定規、消しゴム、鉛筆を置いてエクセル(EXCEL)を使い始めたらどうだろう?
使わないわけにはいかない、定規と鉛筆ではライバルのエクセルに勝てないからだ
使わないと負けるなら使わない訳にはいかない

さらにみんながEXCELを使い始めたらEXCELで作られた書類、テンプレートが自社の中に時間の経過とともに蓄積していく



そしてEXCELのテンプレートはEXCEL出ないと開けない(もちろんMacのNumbersでも開けるがレイアウトが崩れる)、だから一度使い始めたら辞めるわけにいかない

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

eBAYやヤフオクもそうだ、ネットオークションの世界では、出品を見に来る訪問者の数の絶対数が売手の利益に結びつく
見に来る訪問者が多いほど入札の金額が上がるからだ

だから市場シェアトップのオークションサイトに出品者が集まるのだ

そして出品が多いほど入札者も増える

こうなればみんなトップのオークションサイトに集まるので2番手はいないのも同じになってしまう


↑誰も来なかったらこうなります

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
FaceBookもそう、みんながネット上で親睦を深めているのに、自分だけ蚊帳の外にいるわけにはいかない(高校生、大学生は特にそう)
とりあえずアカウントを作る


ソフトウェア、コンピューター、ネットサービスの世界では、最初に一部の人達に普及すれば後は自動的に普及していくのだ

なぜならそのサービス、「使用しない」という理由がなくなり、「みんなが使ってる」というだけで、自分も使わないといけなくなってしまうからだ

感染していくのがコンピュータの世界なのだ

一度シェアさえ取れば、マイナーチェンジを繰り返すだけで自社のシェアは揺らがない

だから、一番手のライン(LINE)の後を追うのはインターネットの世界では間違いであるのだ

今後の事業展開について、サイバーエージェントは2015年9月期第3四半期決算説明会での質疑応答の席で「芸能人・著名人に紐づくファンをベースにしたアプリだと成長拡大が見込めない」としており

まじか…

今現在、大勢の人達は755のことを「AKBに一言言えるアプリ」と認識している

現在でもAKBは若手メンバーを中心に755を活用しているが、AKBのメンバーですらアクティブユーザーが少ない
というかいくら干されメンとは言え、いつも755やってるほど暇でもないのよ

755の性格上、1人のカリスマにその他大勢が話しかけるという形を取らざるをえない、そしてその会話は全てみんなに筒抜けこれじゃあ深い話が出来ないので、深みのあるコンテンツにならない

私の推しメン北野日奈子に至ってはほとんどの質問を短く返している

平成28年9月28日っっっq1112
2016-09-28444お
北野日奈子平成28年9月28日

いや、もちろん長い文もあるけど大概1行2行コンテンツうすすぎだろ


長文のときは大概番宣wwww

もっと心の伝わるメッセージが読み台湾


カリスマが発言しないと誰も見てくれないから一般庶民は発言側で始めにくいし、AKBのページですら内容薄い

755は今後どうなるの?


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


北朝鮮のミサイル攻撃に備えてサバイバルグッズを準備しよう

・ナイフは爪切りや食品の調理、缶切りのオープナー、足に刺さったとげ抜きなどに使える、はさみ、爪切り、包丁はそれぞれは使いやすいが汎用性に欠ける、専用品だからだ、しかし災害時にはナイフを持つことで幾つかのトラブルに対応できる

・核爆発の後には「黒い雨」が降ると言われている、空中爆発した核弾頭が急激に気象を変化させるからだ
黒い雨には多量の放射性物質が含まれるので、それを素肌に浴びてはいけない、だから傘や合羽で身を守る必要が有る
もしこれがなければ被爆により死亡率が急激に高まる
建物内でバスの迎えを待つのは原発事故の場合だけだ、核攻撃の場合は即座に都市部から去らなければならない

・ショベルは穴を掘るためだけでなく武器にもなる、混乱した被災者を襲おうとする犯罪者から身を守るには武器が必要だ、また死者を埋葬するときにも使えるさらに排泄物を埋めるときにも必要だ

・水は飲むためというより体を洗うために使う
くちをすすぎ、顔を洗いあらゆる体の部位を洗い流し放射性物質を洗い流し被曝量をなるべく減らす為に使う
また衛生的な水は非常時には重要になる、あらゆる水道の水は汚染されるからだ
徒歩、もしくは自転車などで爆心地から15km(歩いて3時間ほど)程度まで離れてからシャワーを使い、全身ををくまなく洗う

その後さらに離れてからもう一度今度は徹底的に放射性物質を洗い流す

関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック