FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

つきだしはいらないよぉ(´;ω;`)、お通しもいらないよぉ(´・ω・`) 居酒屋経営

ライフメディアへ登録

ライフメディアへ登録

お食事アンケートというやつに答えると2週間のアンケートで1500円もらえます

居酒屋やある種の飲食店にいくと「つきだし」、「お通し」というポテトサラダ、キャベツ、酢の物、もやしのナムルなどが出てくる事がある

なんか店主のこだわりの感じられるちょっとしたものだと「こやつできる( ̄ー ̄)ニヤリ」となるけど、
どっかの業務スーパーで買ってきたような、ポテトサラダだと萎える



キューピー エルデリ ポテトサラダ 業務用 1kg

¥ 360←1キロで360円て…

5つ星のうち 2.0DAN DAN 心◯◯れてく・・・
投稿者 JACK 投稿日 2014/7/16
DAN DAN 心離れてく
この単調なポテサラ味
果てない量より味上げよう ほんじゃぁな

↑この方詩人かなwww


ケンコーマヨネーズ ポテトサラダ 1kg

¥ 533



私がなぜお通しが嫌いかというと、
初対面の印象が悪くなるからだ、つまり、その店で美味しい食事を食べたいのに「出鼻をくじかれて」しまうのだ

別にお通しなんていらないから「チャージ300円」で取れば良いのだ、
もろきゅうとか冷奴とかで最初の1杯飲みたいのに、お通しのせいでまず目の前のテーブルの「居酒屋キャベツ」を片付け無くてはならないというのがほんと苦痛だ(^ν^)

マカロニサラダとか誰得だよ?いやほんと、ドイツ人がサラダで酒飲まないよ(たぶん)



しかも拒否権がない、まさに国際連合の常任理事国(アメリカ、ロシア、中国、フランス共和国、イギリス)のようにわれわれ顧客に意見を押し付けてくる



なに?みみっちい?飲むときくらいいいじゃん?

わかるよ、でもさ、酢の物とかおれいらんのよ

だから私からはこのようなやり方で利益を拡大してお通しを廃止する事を望む

1,締めのメニューを拡大する
冷静な人間と酔っ払っている人間、どちらが間違いを犯すだろうか?
「酔っ払っている人間」である

だから、冷静な来店直後入店直後より、退店直前にお金を使わせるべきだ

そこで利益を稼げるのが、お茶漬け、アイスクリームだ

お茶漬けは永谷園の粉をサラサラかけて、大粒うめや鮭フレークでも乗せればいい、
450円くらいなら酔っぱらいはホイホイ注文する

永谷園 業務用お茶づけ海苔 4.7g×50袋入
永谷園

¥ 693
アイスクリームもそうだ、3色アイスクリームを350円位で出せばいい
なぜか甘いものが欲しくなるのが酔っぱらいと言うものだ

会社の飲み会でよくあるのだが、男性陣はいつまでもダラダラ焼酎を飲んでいても、女性は帰ると言えず、
隅っこで携帯電話をいじるしかないというのがよくある

こんなとき、アイスクリームがあれば、みんなたのみたくなる

2,やたら辛いメニューを売る

昔、ホテルの廊下に置いてある自動販売機のジュースはすごい高かった、
500円とかも平気でしてたし、部屋のミニバーは瓶コーラが300円とかした

今でも、コンサートやフェスの会場の食べ物は割高なことがほとんどだ

ここで大事なのは、「逃げられない場所なら、高くても買ってくれる」ということだ

もちろん、新宿のような、ボッタクリキャバクラのようなやり方は良くないが、このやり方は飲食店で大いに活用できる

こういうのはどうだろう



・世界一の辛さの唐辛子のパウダーをまぶしたフライドチキン、フライドポテト
・すごい辛さに調整できる鍋料理(これはすでに赤から鍋というチェーン店がある)
・辛子味噌の炒め物


コレは中国の孫子の兵法のひとつ、「瞞天過海(まんてんかかい)」の計を活用している


中国の兵法書に挙げられる兵法の一つで、「天を瞞あざむきて海を過わたる」と訓読し、何食わない顔で敵を騙す兵法・計略を指す。
唐の張士貴が、高句麗遠征(唐の高句麗出兵)の際、第二代皇帝・太宗が海を恐れて乗船を拒んだのに対して、船に土を盛り陸上の屋敷のように仕立てて、天子(皇帝)を欺いて乗船させ、海を渡らせたという故事にちなむ。

気がついたら乗せられているという計だ

辛い料理があればビールが進むし、なにより辛い料理は美味しい

自分だけでなく、客も嬉しいのがこの戦略だ

3,自由なふりして不自由にする

パン屋で買い物をしているときに、ほんとは2つくらいで良かったのに、
どんどん選んでしまい、買いすぎてしまった経験は無いだろうか?

それから、スーパーの惣菜コーナーで、1g1円というセルフコーナーで、いろいろ選んだら結局600円
とか行ってしまったことはないだろうか?

これは「自由なふりして不自由」という戦略にまんまと乗せられているということの例の1つだ

例えば、大量に作りやすいメニューを「計り売り」してはどうだろう?

しかも、「客自身」につがせるのだ

この戦略を使えば、客単価アップさせることができる

298円のメニュー2つではなく、AとBを好きに選ばせると、結局は高くついてしまうのだ

この戦略は〇〇食堂で有名な「まいどおおきに食堂」が活用している、左から右に進んで好きなおかずを選んでいくセルフのシステムで、ついつい「もう一皿」をのせてしまいがちだ

それから、うどんの丸亀製麺も同様で、おにぎり、いなり寿司、野菜天、きす、イカ天、海老、ナス天などで高い利益を叩き出している




最後に

つきだしはいらないから、もうちょい安くしてよ♡
不味いお通しで腹を満たしたくないんだ(^ν^)
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック