FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

告げ口と見るべきか善人と見るべきか

日本では告げ口を嫌う傾向がある

チクリ魔は悪口だ

その一方で、女性の多い職場や学校などではやたらと告げ口をする人がいる

本人の察知できないところで教師や上司に告げ口するわけだ

しかも事実無根で「サボってる」とか「悪口言ってた」とかいうことをいう

で、当然教師や上司に事実無根で叱られたり、低い評価を付けられるとそいつがマジで嫌いになる

今回は告げ口のニュース


モンサント元社員がSECから2200万ドル報奨金、内部告発で-弁護士

Ben Bain
2016年8月31日 12:12 JST


同社は2月、不正会計めぐり8000万ドルの和解金支払いに同意
内部告発者は財務担当幹部だったと弁護士

米証券取引委員会(SEC)は同委に不正会計を告発した米モンサントの元社員に2200万ドル(約23億円)の報奨金を支払った。
  内部告発者はモンサントの財務担当幹部だったと、この人物の弁護人スチュアート・マイスナー氏が30日の発表資料で明らかにした。ただ名前は明らかにしなかった。同社は2月、除草剤「ラウンドアップ」の売上高計上に関連して8000万ドルの和解金を支払うことでSECと合意した。同社は不正会計を認めも否定もしなかった。
  マイスナー氏はまた電話インタビューで、内部告発者が社内で正しい行動を試みたが「妨害」され、期待した社外監査役の支援も得られなかったため、内部告発したことも明らかにした。モンサントによる報復はあまりなかったという。この人物が自分の意志で退社したとも話した。
  モンサントの広報担当チャーラ・ロード氏は電子メールで配布した資料で「当社は誠実さと透明性を掲げ、適用可能なあらゆる法・規則にのっとって事業を運営していくことに引き続き尽力している」と説明。SECの内部告発者プログラムや特定の報奨金について同社がコメントするのは不適切だろうとも述べた。
原題:Ex-Monsanto Employee Gets $22 Million From SEC, Lawyer Says (2)(抜粋)


日本の株式市場では、市場の公平性をないがしろにするのは当然のことだが、アメリカではそうはいかない

もし、不正をしてそれが発覚して株価が暴落するとアメリカ中の年金基金やヘッジファンド、投資ファンドから訴訟を受ける

その為、常に法的な争いを抱えたまま事業を続けていくような企業も存在する

例えば、創成期のYOUTUBEがそうで、全世界のテレビ番組や、アニメーション、映画、音楽をユーザーが勝手にアップロードするので、あらゆるメディア産業から訴えられることになった


Viacom、著作権侵害でYouTubeとGoogleに10億ドルの損害賠償請求訴訟

現地時間の3月13日、MTVやパラマウント・ピクチャーズを傘下に持つ巨大メディアグループのViacomが、YouTubeとGoogleを相手取り、ニューヨーク南部連邦地方裁判所に提訴した。損害賠償請求額は10億ドル。同時に、これ以上の著作権侵害を同社が行わないよう禁止命令を求めている。

 Viacomは、YouTubeに許可なくアップされているコンテンツについて、対応策を協議していたが決裂。2月に同グループのコンテンツ10万件を削除するよう、YouTubeに申し入れていた。今回の提訴についてViacomは、同グループの著作物が16万件近くも許可なくYouTubeで閲覧可能となっており、それらはあわせて15億回も閲覧されたと主張。YouTubeは、自社と親会社であるGoogleの利益のために、他者の作品を利用している。そのビジネスモデルは、違法なコンテンツによってトラフィックを構築し、広告収入を得るというもので、明らかに違法だとしている。


今回、モンサントについて告げ口をした人は2200万ドル受け取ったわけだが、
これを高いとは私は思わない
なぜならアメリカの証券取引所では1日で50億株が取引されているからだ
ライフメディアへ登録

ライフメディアへ登録

こんなにたくさん毎日取引しなくても良いような気がするが…

だから、これらの取引の健全さを維持できるなら安いものだといえる
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック