FC2ブログ
 

<米国株アメリカ株テクニカル分析ブログ>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

ポール・チューダー・ジョーンズの発言

もっとリスクをとれ!チューダー創業者ジョーンズ氏がハッパ掛ける




まずポール・チューダー・ジョーンズとは誰か?

アメリカ海軍の英雄にジョン・ポール・ジョーンズという提督がいる


彼は1747年スコットランドのカーソンに生まれた、家にとどまっているものには世界がひらける機会のない時代だった。

父親は庭師で家政婦と結婚し、夫婦してウィリアム・クレイクの屋敷に雇われていた。

多くのものが、ジョン・ポール・ジョーンズの本当の父親はウィリアムの息子のジェームズ・クレイクだと信じていた。

彼のキャリアは14歳で船に乗ることから始まるが、それはバルバドスで、ラム酒、砂糖、そして奴隷の売買に関わる仕事だった。

17歳になる頃に、奴隷船の三等航海士になり、海での有能さを証明した。

21歳の時、ジャマイカのキングストンからの帰路の途中、船長と航海士が死亡したため、ポールは自力で操船して帰還した。おかげで、船長の地位を与えられた。

その後、アメリカ独立戦争の間、ジョン・ポール・ジョーンズは、イギリス側の港や艦船を襲撃して英雄になった

ちなみに、太平洋戦争で、日本帝国海軍を倒すまで、アメリカ海軍の英雄はジョン・ポール・ジョーンズだった

さて、こんなに書いたが、ジョン・ポール・ジョーンズとポール・チューダー・ジョーンズは特に関係ない(無いんかい!)


ジョン・ポール・ジョーンズはアメリカ独立戦争時の興味深い人物の一人なので今回紹介した\(^o^)/



さた、今回の記事の主役、ポール・チューダー・ジョーンズについては「マーケットの魔術師」でインタビューされているのでこのページでは紹介を省く





もっとリスクをとれ!チューダー創業者ジョーンズ氏がハッパ掛ける

Saijel Kishan
2016年8月19日 15:39 JST



ジョーンズ氏自らが運用資産を増やす
「既存枠にとらわれない考え方をしなければならない」-書簡
資産家でヘッジファンドを運営するポール・チューダー・ジョーンズ氏は自らが運用する資産を増やしたほか、ファンドマネジャー全員にもっとリスクをとるよう、ハッパを掛けている。金融危機以来のパフォーマンス悪化に直面する同氏だが、伝説的マクロトレーダーとしての力が健在であることを投資家に示そうとしている。

  ジョーンズ氏は借り入れ分も含め、自身が運用する資産を旗艦ヘッジファンドの純資産の50%余りに増やしたと、16日付の投資家向け書簡で明らかにした。書簡はブルームバーグが入手した。また、全マネジャーにもっとリスクをとるよう命じた。
 
 ジョーンズ氏(61)は「既存枠にとらわれない考え方をしなければならない。このめちゃくちゃなマクロ環境の中でも、われわれが実施した変更によって成功できると固く信じている」と書簡に記した。

  同氏率いるチューダー・インベストメントから投資家は今年これまでに、21億ドル(約2100億円)を引き揚げた。同ファンドは今週に入って従業員15%を削減。その前には、一部手数料を下げるなど、投資家離れに歯止めをかけようとしている。ジョーンズ氏の動きは改革の柱で、書簡によれば、残るマネジャーらが運用する資産は増えるという。また、トレーディングに新たな分析的厳密さを加えるため一部のマネジャーは科学者や数学者とペアを組む。
  
  運用資産110億ドルのチューダーの広報担当、パトリック・クリフォード氏はコメントを控えた。
原題:Tudor Demands Top Traders Take More Risk in Hedge Fund Shakeup(抜粋)


松本さゆき

先日、ポール・チューダー・ジョーンズが経営するチューダーインベストメントは従業員を減らすと発表したが今度は責めに移るようだ、ちなみに、ポール・チューダー・ジョーンズは逆張りの達人として知られているので、市場は今後逆に動き出すという考えがあるのかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック