FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

国際的に友好国を作りたいのであれば、難民を受け入れてはならないし、不法滞在者は送還しなければいけない 日本の友好国 japan frendly country

日本には友好的な国家がアメリカしかいない





「友好的な」というのは国際的に歴史的な関係やある利害関係で結びついていて、同じような価値観意見を共有しているという意味である



例を出せば、イギリス(UK)とカナダ、オーストラリア、それからスペインと南米諸国のように旧宗主国の関係や、
オランダとベルギーのように隣国同士で横にドイツとフランス共和国があるからという関係もある



日本の場合は太平洋戦争の敗戦の結果の従属関係である


今回のテーマは、「友好国が欲しければ、難民を受け入れず、不法滞在者は送還しろ」ということだ

まず友好国があれば何が良いんや?ということについて書く


《友好国があればこんな良いですよ》
    ↓
1.戦争の時味方が増えますよ(・∀・)
カナダ、オーストラリアは、WW1(第一次世界大戦) WW2(第二次世界大戦)の時、ヨーロッパ大陸で戦った。
2016年8月17日

大西洋を挟むカナダはともかく、オーストラリアは太平洋にあるので、どう考えてもナチスドイツの影響が及ばない地域にあり、本来はヨーロッパでの戦いで自国民を傷つける必要など本来無いにもかかわらず、戦ったのである

もし、1つの国家として、上手いこと振る舞おうとするのであれば、戦争継続に必要な銃砲や弾薬、艦船などを売りつけるのを優先して、多国間の戦争がなるべく長引くように振る舞うのが正しいはずだ
そのことで自国の工業力を相対的に高め、他国の工業力を低下させることができる
それに、カナダもオーストラリアもそれなりに工業力はあったので、ヨーロッパとの貿易が一時的に妨害されても
工業製品の自活もできるはずなのだ

しかし、オーストラリア、カナダはそうしなかった(おかげで今も2カ国は農業や鉱業に頼っている)
なぜなら友好国だからだ

このように、友好国があれば、本来自国には関係ない他国を自国の戦闘に巻き込むことができるのだ


これは中東戦争の時のアラブ諸国もそうで、宗教と領土問題で結束した中東諸国は、イスラエル軍と戦った



エジプトイラクレバノンサウジアラビアシリアヨルダンをリビアクウェートソビエト連邦イランが支援して一時的にイスラエル軍を圧倒した、アメリカの支援がなければイスラエルは消滅していたと思う



2.国際間での自分の票が1つ増える
日本がアメリカに従属している限り、どうやっても国際連合で常任理事国にはなれないだろう

なぜなら、日本がアメリカの従属国であるというのは世界では常識で、もし、日本が常任理事国になってもアメリカの票が1票増えるのと同じだということをみんな知っているからだ

今、中国はアフリカや南米での投資をふやしているがさらにココに来て加速している

南米 浸透する中国インフラ ジェトロ
      ↑
     ソース


1欧州など他の外資企業の撤退案件を引き継ぐ
10 年代前半の欧州経済の混乱を踏まえ、欧州企業 などが南米で保有していた資産やプロジェクトを中国 企業が継承ないし買収する例が目立つ。
三峡集団は、13 年に現地法人(CTG)をブラジルに 設立後、水力および風力発電分野を積極的に開拓。14 年には北部にある二つの水力発電所の運営権、それぞ れ 50%ずつをポルトガル電力公社(EDP)ブラジル法 人から取得している。また同年には、ブラジル子会社 を通じて中西部にある水力発電所の運営権の 33.3%を、 15 年にはブラジルのインフラ運営大手の TNE が既に 運用開始していた中西部や南部の水力発電所の運営権 100%を取得した。
2外交関係をベースにする
01 年のデフォルト後、国際金融界とのアクセスが断 たれたアルゼンチンは、苦しい外貨繰り改善のため中 国に接近し、中国側もそれに呼応した。習近平国家主 席が 14 年 7 月にアルゼンチンを訪問した後、南部にあ る二つのダムや鉄道などのプロジェクト(75 億ドル相 当)の一部が 15 年から実施に移された。また 15 年 1 月にフェルナンデス大統領が訪中した際には、アルゼ ンチン 4 基目となる原子力発電所建設について合意が なされた。
3バリューチェーンに食い込む
00 年代前半には「資源爆食」という言葉が使われ ていたとおり、中国国内における資源需要増大を支え たのが南米の食糧資源だ。10 年代以降、中国企業も 単に農畜産物を本国に輸出するのみならず、南米の農 業のバリューチェーンの中でも中流、上流部分に食い 込み始めている。


ムルアカ氏 「アフリカ丸ごと中国化」の手口を語る

豊かな天然資源に加え、人口増加で市場の魅力が高まるアフリカ。中国は今、200兆円とも言われるアフリカ市場を侵食している。『中国が喰いモノにするアフリカを日本が救う』(講談社+α新書)著者で国際政治評論家のムウェテ・ムルアカ氏がリポートする。

 * * *
 昨年末、アフリカ東部のジブチに中国海軍の軍事基地が建設されると発表されました。中国が強調した建設理由は「海賊対策」。しかし、数年前に中国の国有企業がジブチの港湾施設の運営に参画し、港湾鉄道の建設に着手しはじめたころから、地元の人たちは、「ただの事業支援やインフラ整備ではない」と気付いていました。やはり、軍事拠点だったのです。
 
 中国を世界2位の経済大国に押し上げた要因のひとつは、アフリカに眠る膨大なエネルギー資源と金属資源です。世界経済が衰退して先進諸国がアフリカ援助に消極的になった20数年前に本格的な中国の進出がはじまりました。しかし中国が行っているのは支援や開発とは名ばかりの搾取です。インフラが未整備という弱みにつけ込んだ侵略とも言えます。
 
 たとえば中国は、世界的な石油産出国のアンゴラに20億ドルを融資する条件として、国内に3か所ある油田の株式を得ました。また、南アフリカはレアメタル「クロム」の全世界埋蔵量の4割を有しているとされていますが、中国は道路建設などの支援と引き替えにクロム権益を獲得しました


これも、世界での友好国を増やそうとする中国の作戦である
国連での自国の経済活動に伴う投票で自国に1票を得るためである

3.強い敵から狙われなくなる
自然界の生物も群れることで自分の危険リスクを低くしている

小さいイワシから鹿、狼、鳥、クジラ、ライオン、馬、サル、ゾウ、みんなそうだ



国もそうで、北朝鮮が未だに滅んでいないのは中国から陰ながら支援を受けているからにほかならない

古代中国の戦国時代は、合従連衡がテーマだった
強い敵から身を守る為に友好国を増やしておくというのが生存戦略なのだ



では次に、なぜ難民を受け入れてはいけないのか考えてみよう

《難民を受け入れては行けない理由》

まず難民について考えてみようまずは定義から確認しよう

難民(なんみん、英: refugee)は、対外戦争、民族紛争、人種差別、宗教的迫害、思想的弾圧、政治的迫害、経済的困窮、自然災害、飢餓、伝染病などの理由によって居住区域(自国)を離れた、あるいは強制的に追われた人々を指す 。その多くは自身の生命を守るため、陸路、海路、河路、空路のいずれかで国外に脱し、他国の庇護と援助を求める。現在の国際法では、狭義の「政治難民(Political Refugee)」を一般に難民と呼び、弾圧や迫害を受けて難民化した者に対する救済・支援が国際社会に義務付けられている。

つまり、自然災害と伝染病を除けば、自国から迫害された人たちであるといえる

私がなぜ難民を受け入れてはいけないかというと、自国で迫害されているという点が問題だと思うからだ(人道上の配慮は必要なのはわかるが…)

脱出国の政府と敵対している人たちそ受け入れると、次のようなトラブルが発生すると考えられる

1.難民が、母国の政府のすることに対してデモ(民主化、自由化、独立運動)を起こして、放火、暴動、破壊を起こすことが考えられる
これはかなりの影響をおよぼす

数千人単位でデモを起こされれば日本政府としては放置するわけにいかないし、かといってその難民の母国に対して
行動を起こせば、日本に災いが振りかかる、かりに解決しても難民が母国で政府を樹立することはほぼ無いのだ

つまり、トラブルの種でしか無いのだ

2.難民が来た時、難民の母国は日本をどう思うだろうか

A民族とB民族が争っていて、B民族が日本に逃れて来るとする、この時、B民族を受け入れて手厚く保護するとA民族は日本に対してどう思うだろうか?

おそらく良くは思わないだろう



実例としてはミャンマーのロヒンギャ族が海外に難民として流出している、しかし、母国のアウン・サン・スー・チーは
ロヒンギャ族に対してあまり同情していないようで放置&無視だし、近隣のバングラデシュやタイ王国も基本的に送還するという対応だ。

このような招かれざる客を受け入れても、日本が得るものは何もない

人道上の判断はともかく、受け入れるべきでない

《不法滞在者は送還しなければいけない》

なぜ不法滞在者は送還しなければいけないのか?

それは日本人がその不法滞在者の出身国に対して悪い印象を抱く事を防ぐためである。

コレはとても大事だ

例えば、イラン人はテレホンカードの偽造とか、薬を売っていると思われている

また、ネパール人はカレー屋ばっかりやっていると思われている

フィリピン人の女は飲み屋で働いていると思われている

ナイジェリア人はアメリカ人のフリして偽ブランドの服でぼったくる



これは日本人の偏見だ

一部の人たちを見て、その国の人達を判断してしまうのだ、ならもし、不法滞在者が多い民族をどう思うだろうか?

法律を守らない・汚らしい・違法な工場で働いている

こんな風に思うともうダメだ、日本人が中国人や韓国人を無意識に侮っているように、その不法滞在者の多い民族を侮り始めるのだ

これでは、相手国と正しい友好関係を築けるわけがない

だから、どのような不法滞在者も認めるべきではなく、すみやかに送還するべきなのだ


移民難民不法滞在者いらない
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック