FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

世界から見捨てられる日本株、サンキュアベ!美しい国.feat ABEAPE 僕たちは注目されてない アベノミクス終戦

資産運用の基本に、分散投資という考え方がある

これは、つまりなるべくたくさんの市場に投資することで、市場リスクに耐えようというものだ



例えば、東京都内(24区内、あるいはもっと絞って新宿、渋谷区、などの中心部)に限定して投資用のビルを建てるとする(・∀・)

この時、資金が200億円あるとすると

こういう考え方が思いつく

1、200億円で現金で一括払い(もしくはローン)で買う
2,200億円を4等分して、50億円ずつ4つのビル、あるいは持分を現金で買う
3、200億円のうちいくらかを頭金にして、ローンを使うことでレバレッジを掛ける
4、50億円ずつを頭金にして、ローンを使うことでレバレッジを掛ける
5、違う地域のビルをいくつか現金で買う
6、違う地域のビルをローンで買う



この6つの選択肢のうち、2〜6の5つの選択肢が「分散投資」だ

例えば、1つの物件に絞って建物を建てたり買った場合、なにかトラブルが起きた場合、その投じたお金は
著しく毀損する



例えば、壁の中に建築廃材が塗りこまれていたり、鉄骨の数が足りなかったり、そもそも無かったり、
1年間に数十センチずつ地面に沈んで行ったり、誰かが屋上から飛び降りたり、かっこいいと思って取り付けた装飾が落下して誰かを押しつぶしたり

などのトラブルが思いつく

こうなったらどうしょうもない

施工トラブルはそこの部分を担当した建設会社が修繕してくれる場合もあるし、損害保険が使えることもあるが、儲けるためのビルでいきなりトラブル対応に追われるのは本末転倒だ

これを避けるためには「分散」が望ましい

新宿と渋谷に分散すれば、どちらかで数ブロックまで延焼するような大火災が起きてもどちらかは被害が起きない可能性があるし、関東大震災のような市街地全域を火災旋風が襲うような首都圏大地震が起きても4つに分散していれば、どれかは生き残る可能性がある




式や商品取引でも同じで、金は金融危機の時に値上がりする性質が在り、石油は好景気の時に値上がりする性質がある
このようにうまいこと違う性質の取引対象を組み合わせることも「分散投資」だ

で、今日のニュースは、日本を買うべきでないとオーストラリアの外人が言っているというニュースだ

日本に投資せず、景気は「修復不能」-世界運用で豪首位ファンド
Ruth Liew



2016年8月15日 07:30 JST

▶安倍首相の景気刺激が機能している証拠ない-マゼランのダグラス氏
▶労働市場の変革と移民歓迎が日本に必要-高齢化の影響補うため

低迷する日本経済は「ほとんど修復不能な状況」から抜け出せず、早期の景気回復を見込む者は失望する。世界の運用でオーストラリア首位のファンドマネジャーはこう指摘する。
  マゼラン・ファイナンシャル・グループ(シドニー)で394億豪ドル(約3兆円)相当を運用するヘイミッシュ・ダグラス氏は、安倍晋三首相の景気刺激策が機能している「証拠はほとんどない」として、世界3位の経済大国である日本へのエクスポージャーが大きい企業には投資しないようにしていると説明。人口高齢化の影響を日本が打ち消すには、労働市場を変革し移民を歓迎する必要があると主張した。
  安倍政権の発足から4年近く経過するが、日本は引き続きデフレや低成長に苦しんでいる。日本銀行の追加緩和に加えて一連の財政刺激策がここ1カ月間に発表されたものの、国内総生産(GDP)が縮小し2%のインフレ率目標に近づけない経済の軌道を変えることはできないと、一部アナリストらは予想する。
  「日本のインフレ率とGDPの改善に賭けるような投資は、リスクが高過ぎるとわれわれは考える」と、ダグラス氏は11日の電話インタビューで話した。
  同氏はグーグルの持ち会社であるアルファベットやファストフードのマクドナルドなど、日本にある程度関連する銘柄の保有にやぶさかではないものの、日本企業の銘柄保有はリスクに見合わないと考えている。「傍観者としての立場に満足だ」と言う。
  モーニングスターがまとめた過去5年の番付によると、マゼランは世界株ファンドとしては成績が豪州でトップ。今年6月末までの5年で、平均年間リターンがプラス21%だった。規模の大きい保有銘柄にアップルやマイクロソフトなどを抱え、同月末までの1年間で運用資産は27%増えた。
原題:Japan’s Impossible Position Has Top Aussie Manager Keeping Clear(抜粋)




マゼラン・ファイナンシャル・グループ(シドニー)で394億豪ドル(約3兆円)相当を運用するヘイミッシュ・ダグラス氏は、安倍晋三首相の景気刺激策が機能している「証拠はほとんどない」として、世界3位の経済大国である日本へのエクスポージャーが大きい企業には投資しないようにしていると説明。人口高齢化の影響を日本が打ち消すには、労働市場を変革し移民を歓迎する必要があると主張した。

「証拠は殆ど無い」そこまで言うかねwww

しかも移民が必要ってか…

私は移民には反対である、なぜなら日本には優良な移民が来る確率は低いからである

御存知の通り、日本の最低賃金は地方では600円台後半がほとんどだ

そして、移民の希望する目的地であるカナダ、オーストラリア、アメリカなどは日本より賃銀が高い

だから、当然それらの「希望目的地」に行けなかった人たちが、来るのであるから、「移民=成長」とはならないと思うのである

日本人は中国人や韓国人を馬鹿にしているが、世界のレベルで見たら、彼等は「マシな方」「上等な部類」に入る

バングラデシュ人とかインド人とかナイジェリア人とかに私は来てほしくない、
治安の悪化が目に見えているからだ

移民はいらない、アベノミクスは効果ない、日本株は買うべきでない

やっぱ外国株を買うしか無いのかなトホホ(´;ω;`)
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック