FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

カネないなら買い注文を出さないで欲しい     架空請求じゃなくて架空発注でクビになったセールスマン ゲン担ぎ 験を担ぐ

「アポ入ってるか?」

世の中で最も怖い言葉は何かと聞かれたら私はコレだと応えたい

製造業の一部の企業では、研究職や管理部門、製造部門が販売部門、営業部門を侮ったりバカにする企業がある

「口先だけの奴ら」「無理な注文を取ってくる」「時間的に厳しい仕事ばっかとってくる」「機嫌を伺うだけの仕事」


しかし、私は断言する


「数週間営業部門で働けば、注文を取ること処理することがどれほど難しくてそしてありがたいものかわかりますよ
(´;ω;`)ブワッ」



「ゲンを担ぐ」という言葉がある


勝った取り組みで履いたふんどしは負けるまで洗わないという相撲取りのゲン担ぎ
いつも左足からブーツを履くという競馬のジョッキーのゲン担ぎ
幸運が舞い降りてくるように、前回と同じ行動をもう一度するということである


【意味】 げんを担ぐとは、以前に良い結果が出た行為と同じことをして、
前途の吉兆をおしはかること。げんかつぎ。

【げんを担ぐの語源・由来】
本来は「縁起をかつぐ」で、「縁起」が反転し音韻変化したとする説が有力とされる。
この「げん」は、「げんがいい」や「げんなおし」などとも使われる。

「験」には、「仏道修行を積んだ効果」の意味や「効き目」「効果」などの意味があり、
「縁起」を意味する「げん」と関係があるとも考えられている。

ただし、「効果」などを意味する「験」は平安期、
「縁起」を意味する「げん」は近世以降と時代が離れており、「縁起」を意味する方は、
やくざ用語から出た言葉とされていることから、直接関係する訳でもなさそうである。



イチローの左腕を前に差し出してからバットを振るフォームもゲン担ぎらしい


さて、営業活動は「こうすればうまくいく」とか「私は〇〇〇から学んだ」といったちゃんとしたボストンコンサルティンググループ(BCG)やATカーニーのような人が書いた素晴らしい本(しかし自分が「素晴らしい会社」に在籍している場合のみ有効)から「〇〇〇の営業術」のような某企業の元No1の人が書いた本まで為になる本が沢山ある

アポイントの電話のかけ方から文例まである

しかし、いざ自分がアポイントの電話をかけるとき、その時にほんとに役に立つのは、ボストンコンサルティンググループのありがたい「聖書」でも某企業のNo1の書いた本でもなく「ゲン担ぎ」である

なぜか、なぜならほとんどの人はボストンコンサルティンググループやATカーニー、アクセンチュアが相手にしているような素晴らしい「強みがある」会社に属しているわけではないからである(悲しい)


だから、「売上高の上位〇〇位、〇〇%の顧客に集中しろ」みたいな素晴らしいアドバイスは実現不可である(あーかなしwww)

ゲン担ぎは実現可能だ!

・アポの電話をかけるときにいつも紫色のネクタイを着用する
・アポ取れるまで手をガムテープで受話器と1体化する(ぐるぐるまきにする)
・そもそも受話器を置かない
・特定の業種をダーッと掛ける(そしてだいたい裏切られる)


1円の資本も、借り入れも無しに普段やってる事をパワーアップできる、これがゲン担ぎなんて素晴らしいのだろう

さて、ではなぜセールスマンはこのような質量保存の法則に当てはまらないやり方で何かを得ようとするのだろうか?

「質量保存の法則」
外部から遮断された容器の中では、中でどんな化学反応が起きてもその容器の中身の重さは変化しないという発見


なぜならこの世で一番怖い1言、「アポ入ってるか?」を避けるためにほかならない

朝、どこの営業所でも企業理念を読み上げたり、スローガンを言ったり、すると思うが、
アポイントのない人間にとって、この時間は針のむしろ

「〇〇は?」「午前1件です」
「〇〇は?」「午前午後1件ずつ」

という風に確認していく事が多いが、ない場合非常に居つらいwww

なぜなら数字が厳しい場合、詰められる事が確定だからだ

詰めるとは罵倒してやる気を出させるという意味であるwww

有名な野村證券のコピペとかがそうだ

みんなの前で罵倒されるのは大概新人とかの「怒られ役」がいつも標的になる

一人を攻撃することで、みんながまとまる(自分がターゲットになるのを避けようと)効果がある

しかし、勝手に「怒られ役」にされる方はたまったもんじゃない


だから明らかなクソアポでも入れる必要がある

クソアポ=資料だけおいて行ってというようななんの意味もないアポ
多くの場合、相手の警戒心が高すぎて立ち話の上、10分で帰るようなことも

この場合、客先に入った時間と出る時間にする電話を、わざと遅れてかけて、少しは粘ったふりをする

そして、夜(定時?なにそれ?)、またも誰かがターゲットになった後又朝に戻るわけだ

そして契約をとっても今度は逆に、客に信用がなくてリースを通らなかったり、ローンを通らなかったりする

これを繰り返していると毎朝の「アポ入ってるか?」が、世界で一番怖い言葉になってくる

さて、今日紹介するニュースは、債券を売ったら相手が金持って無かったというニュースだ

ノムラの債券セールスマン解雇、理性欠くと審判所-40億円損失めぐり
Donal Griffin
2016年8月10日 14:12 JST
ノムラは早い段階で取引を報告しなかったとしてロンバルド氏を解雇
ノムラの懲罰プロセスに幾つも不備があったと雇用審判所が認定
野村ホールディングスの英子会社ノムラ・インターナショナルの債券セールスマン、ジョバンニ・ロンバルド氏は、アルベルト・スタッティ氏のことを心配し始めていた。
  ワインと3つぞろいのスーツを好むスタッティ氏は無名のトレーダーだったが、ノムラから数億ドルの債券を購入するとオファーした。だが、同氏がマネジャーを務めるインベクスター・キャピタル・マネジメントは、2015年5月に取引のための現金を用意できず、ノムラにとって、個別の取引で最大規模の損失を覚悟しなければならなくなった。ロンバルド氏は、スタッティ氏を電話でつかまえることができなかった。
  ロンドンの雇用審判所が示した決定の記載によれば、スタッティ氏とチャットでようやく連絡が取れたロンバルド氏は「きょうこの問題を解決しなければならない。さもなければ、2人ともひき肉にされる羽目になる」と伝えた。
↑良い表現だねwww(^ν^)
  しかし、結局スタッティ氏は現金を用意できず、ロンドンのトレーディング部門が既に苦しい状況に置かれているノムラは、インベクスターとの取引で4000万ドル(約40億5000万円)を上回る損失を被ることになる。ノムラはロンバルド氏がこの取引について十分早い段階で上司に報告しなかったことを理由に同氏を解雇したが、同氏の訴えを受けて、懲罰プロセスに幾つも不備があったと雇用審判所が3日認定した。
  失敗で損失が生じ、雇用がどうなるか分からなくなれば金融機関の内部がいかに混乱するかをこの物語は浮き彫りにし、審判所の決定はその最終章を飾ることになった。
合理的でない反応
  審判所は決定の中で、多額の損失を通常の顧客ではない相手との取引で生じさせた状況を説明しようとして同僚らが互いを攻撃し合い、一つの誤りが別の誤りを生む中で、懲罰プロセスを担当したノムラ幹部らが理性を欠いたとの見解を示した。
  アトランティック・エクイティーズの銀行アナリスト、クリストファー・ウィーラー氏(ロンドン在勤)は「システムの不備を露呈させるような多額のトレーディング損失が発生する場合、傷の痛みをまひさせようとして合理的でない反応が起きる傾向がある」と指摘した。
  ブルームバーグが審判所の決定を5日に最初に報じた際、ノムラの広報担当者は「書面による決定の詳細を吟味し、同時に選択肢を検討する」と回答したが、9日の時点でそれ以上のコメントを控えている。
原題:Nomura ‘Lost Control’ in Firing Salesman Over $40 Million Loss(抜粋)


カネないなら注文すんなよwww

注文しなければいいだけなのに…


迷惑な客や


おすすめ記事
株を買うことは目的ではない
若者たちの家と残酷な動物園のオリ 憂鬱なシンシンは四川省の夢を見る
悲しいけど日本は没落する
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-656.html

不満を述べたり弱音を吐く人を「弱者」とか「いやなら出て行け」「嫌ならやめろ」と言うが、実際日本はダメだね
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-657.html

時間の連続性、手段が目的になってしまう本末転倒
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-655.html

設備投資が経済を引っ張るのではなく、個人消費が経済を引っ張る
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-652.html


d
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック