FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

ポケモンGOで疲れた 任天堂岩田聡元社長へ

しかし、疲れた、普段運動不足の私が突然10キロ歩くとか頭おかしいwww

完全に股関節と膝をやられた、今日はサンダルで出掛けたから足の親指と人差し指の間の皮がベロンベロンwww

スルメみたいな厚さで剥がれました

足の裏も豆ができました

天国の元任天堂社長岩田聡さん、空から見てますか?


落伍する前の兵士みたいによたよた歩いているのが私ですwww


今日は頑張りました、ジムを4つおとしました(その過程でポケモンが14匹瀕死になりましたが…)

糞田舎なのにカイロスを4匹捕まえました

外で掃除をしていたおばさんに変出者を見る目で見られましたし(服は着てました)、軽トラックのオッサンにはねられそうにもなりました

子供連れで賑わう公園をいい年してポケストップの為に突っ切ってママたちに変な目で見られました

でも良いんです

ポケモンGOまじ面白いです

腕が日焼けで痛いけど良いんです

鼻の皮が日焼けで向けたけどそんなの良いんです

ポケモンGOができる幸せに打ち震えています





岩田聡


国籍 日本
生誕 1959年12月6日
北海道札幌市
死没 2015年7月11日(満55歳没)
京都府京都市
最終学歴 東京工業大学工学部卒業
配偶者 岩田佳代子
両親 岩田弘志(父)
業績
専門分野 情報工学
勤務先 ハル研究所(1982年 - 2000年)
任天堂(2000年 - 2015年)
成果 『ピンボール』の開発
『バルーンファイト』の開発
『MOTHER2 ギーグの逆襲』の開発
『星のカービィシリーズ』のプロデュース
『大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ』のプロデュース
ハル研究所の経営再建

岩田 聡(いわた さとる、1959年12月6日 - 2015年7月11日)は、日本のプログラマ、経営者。
任天堂元代表取締役社長であり、HAL研究所代表取締役社長なども歴任した

生い立ち

北海道札幌市出身。北海道札幌南高等学校、東京工業大学工学部情報工学科卒業。
1976年、高校時代の岩田は、ヒューレット・パッカード社の電子計算機HP-65の存在を知り、アルバイトをして貯めた資金と親の援助で購入する。その魅力に取り憑かれ、独学でプログラムを学習し、完成させたゲームをヒューレット・パッカード社に送った。これに驚いた同社は、様々な品を岩田に送ってきた[4]。
岩田が大学1年時の1979年、大学の入学祝いに加えローンを組んでマイコン (PET[5]) を購入、制限された機能の中でもプログラムを打ち込んでいったことが、後のプログラマー人生の下地となる。なお、この頃からその才能は光っていたらしく、その世界では知られた存在であった。同時期に『スペースインベーダー』がブームとなったこともあり、岩田は、コンピュータゲームの分野に進む意向を固めていくこととなる[6]。


人物

Game Developers Conference 2011にて
かなりの読書家であり、多忙な中でもビジネス書をはじめとした読書を欠かさなかった。HAL研究所時代はそれほど本を読んでいたわけではなく、糸井重里に薦められて読んでいたが、段々逆に糸井へ薦める程になったとのこと。また漫画も好んでおり、ドラゴンボールやNARUTOなどの少年ジャンプ作品やめぞん一刻を愛読していた[28]。
古参のMacintoshユーザーで、プレゼンテーションでは「Keynote」を使用していた。携帯電話はiPhoneを愛用していた。また、1980年代当時は珍しかった携帯型パソコンのMacintosh Portableも所持しており、常にプログラムを記述できる環境下にあったという。
古くはMSX2で、MacintoshのようなGUI環境を実現するHALNOTE(HAL研究所より1987年に発売)の開発にも関わっていた。
自身の好きな作品には、自らが開発に携わっていたという点で『星のカービィ』『MOTHER』『大乱闘スマッシュブラザーズ』を愛着のある作品としてあげていた[29]。
糸井重里にMacintoshの使い方を教えたり、『ほぼ日刊イトイ新聞』の立ち上げ及びPC環境の整備に協力していることから(回想によれば、「コンピュータの手配」をし「プロバイダーと契約」し、「床を這いずりまわってLAN(ケーブル)の配線」をしたという[30])、『ほぼ日』において「電脳部長」という名前で登場していた。また、Wii用ゲームソフト『街へいこうよ どうぶつの森』の記事では糸井のWiiのインターネット接続を担当したとあり、糸井に対しては個人としても協力している様子が登場していた。
プログラマー時代から宮本茂に対しては尊敬の念を抱いていた。宮本の考え方や言葉を常に観察しており、「宮本ウォッチャー」を自認していた。
先述のように、海外でのイベントでは自身が英語でスピーチを行うことも多いが、学生時代は英語が苦手であり、HAL研究所入社後に仕事で必要となり覚えていった[31]。
ゲーム機の高性能化について、2007年1月3日の産経新聞のインタビューに答え「もし今のゲーム機の10倍のパワーを持ったゲーム機が登場したとして、それを自分は認知できても、家族は使いこなせますか? 違いの分かる人だけを相手にするのは危険だ」と述べた。その一方で、岩田自身は技術者出身のため、高性能技術や最新技術に対しての理解や造詣が深く、自分個人としては強い興味関心がある旨を、決算説明会での質疑応答などでたびたび語っていた。
Wii『メトロイドプライム3 コラプション』で収録されている開発者からのメッセージで、「悩みがあると痩せるのではなく太る体質で、多忙であっても疲れているように見られない」と語っていた。
菓子が好きで「クリーチャーズの役員だった時もとにかく冷蔵庫を開け閉めしていた」「麦チョコを出された際にはとても嬉しそうだった」と田中宏和らは語っている[28]。
Nintendo Directなどで度々見せた、手のひらを向かい合わせにして何かを覗くような形にした後、それを突き出す「直接!」のポーズは他の社員や他社のクリエイター、ゲストなども「Direct」出演時には同じポーズを取ることも多く、岩田の没後も出演者たちに受け継がれることとなった。時には岩田とその日の出演者が同時に合わせてやったこともある。なお文脈としては「情報を直接お届けします」のような場面で使われる。
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック