<米国株テクニカル分析>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

大学の奨学金の問題は、返済無用かどうかじゃなくて、払う価値が有るかどうか馬鹿大学に行くな 早稲田

大学の奨学金の返済で行き詰まっている人の問題がニュースになっているが、
私がどうしても解せないのは、奨学金を返済しないといけないということでデモを起こしている人たちの問題だ。



まず、単なる教育ローンを「奨学金」と言い換えている偽装がそもそも良くないことの発端だ

進学格差―深刻化する教育費負担 (ちくま新書)
小林 雅之


〇〇奨学金とあっても、金利がついちゃえば、客観的に見ればローンでしかない

この場合、大学や専門学校、大学院に進むことで、より高い教育を受け、より高い報酬を受けることにたいする可能性に対して、借り入れをしているわけだ。

この場合、当然、高卒より高い見返りが必要なので、卒業後それなりのところに入れないと、「詰む」




一定以上の規模の会社では、高卒<大卒<大学院の順で、基本給がそもそも数万円単位で違う、
しかし、一定以下の企業や、パート、アルバイトでは、学歴で給与に差がつくということはほぼない(もちろん家庭教師とかは別)、だとすれば、大学、大学院を出たら、「一定以上の」企業に是が非でも入らなければいけない。

なぜならお金を借りてまで進学した理由が報われないからである。

さらに、返済のために、「余分な」収入も必要である、さもないと、外食や飲み会、友人同士の社交、旅行、車の購入を切り詰めて生活しなければいけない

そうなると、学歴でもろに評価してくれるところに進むほかない、具体的には公務員、大企業(インフラ系、金融系)を目指すが、コレを見ておじさん達は「安定を求めている」と言い放つ

違うのである、

べつに今流行のITやバイオに限らなくても、急成長を遂げている会社は日本に幾つかある。

例えば宮崎県都城市のホームセンター「ハンズマン」がそうだ、四の五の言わずに株価チャート

ハンズマン2016年7月15日

ハンズマンは主にガーデニング用の道具、花、野菜苗、雑貨、木工工具、ボルト、モンキーレンチ、ネジ、釘、釘打ち機、合板、セメント、レンガなど庭まわりのものを売っている、専門店である
ようは、いろいろ売ってる

鹿児島県のハンズマンにはなんと足湯もある


それから福岡県のドラッグストアコスモス、ライムグリーンピンクのどぎついカラーリング(色覚異常か?)の建物で九州民ならみんな知っているはずだ

コスモス薬品株式チャート(5年)
コスモス薬品2016年7月15日
どうやら、安売りドラッグストアコスモスで一番買うべきだったものは、コスモス薬品の株式だったようだwww

これは5年チャートだが、あの頃買っていれば、一財産築けていただろう

ほかにも探せばあるはずだ


しかし、借金を負っている人間はこのような企業が成長するまで待っていられない、
会社の成長に合わせて、自分の地位もどんどん勝手に上がるのを待っていられないのだ。


だから、最初から給料の高い「成熟企業」に入ろうとするのだ

トヨタ、デンソー、パナソニック、東芝、日立、が今から時価総額が2倍になるようなことがおきるだろうか?

【DENSO】 QRコード 2次元コード スキャナー《 USB / LED マーカ /白》 AT20Q-SM-U USBケーブル2M付き
DENSO WAVE

いや起きない

さらに、自分の横には同じような高学歴の同期がたくさんいるし、
上にも同じような高学歴の先輩たちがたくさんいる

こんなんじゃ個性死んじゃうwww
今持ってる革新的なアイデアを活かせるのは自分が課長になってから(それって何年後や!?)

でも、そういう企業に入らないと、借金で首が回らないのが奨学金というものだ

だから、せっかく高い教育を受けても、保守的な企業に入るしかないのだ


このことが日本からイノベーションの芽を摘み取っていると言える

1つの結論「借金が払えないと生活水準が下がるからより高待遇の企業を求める、すると、成長を終えた成熟企業に入ることになるので、高い金で買った教育を生かせない」


では、大学の教育がそもそも役に立つのか考えてみよう

グーグルで「大学」と打ち込むと「早稲田大学」が出てきたので、早稲田大学で検証する

早稲田2016年7月15日
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック