FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

EUが解体したらどうなるんだろ

いよいよイギリスの国民投票が迫ってきたが、EUの主要国である独仏英の1角が抜けるとEUがどうなるのか正直気が気でない



UK基本情報
グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、英: United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパの主権国家である。ヨーロッパ大陸の北西岸に位置し、同国はグレートブリテン島、アイルランド島北東部、その他多くの島嶼を含む。北アイルランドはイギリスの一部であり、アイルランド共和国と国境(英語版)を接する。この国境の他に、イギリスは大西洋に囲まれ、東に北海、南にイギリス海峡がある。アイリッシュ海は、グレートブリテン島とアイルランド島の間に位置する。イギリスの総面積は243,610km2であり、世界第78位及びヨーロッパ第11位。
イギリスの人口は2015年時点で推計6,471万人であり、世界第22位である。同国の統治は、議院内閣制の立憲君主制に基づいている[1][2]。首都ロンドンは、ヨーロッパ第2の規模の都市的地域及びユーロスタットによれば欧州連合最大の約1,400万人の人口を有する都市圏であり、重要な世界都市及び金融センターである[3][4]。現在の君主は、1952年2月6日以来エリザベス2世である。同国は4つの国で構成され、イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドがこれに該当する[5]。後者3つは各々異なる権限を委譲された(英語版)政権を有し[6][7][8]、首都は各々カーディフ、エディンバラ、ベルファストである。ガーンジー、ジャージー、マン島はイギリスの一部ではなく、イギリスの君主をともに君主とし、イギリス政府が防衛及び国際的表示に対して責任を負う王室属領である[9]。イギリスは、紛争中(英語版)のフォークランド諸島、ジブラルタル、インド洋地域を含む14の海外領土を有する[10]。



かねてからこのブログで書いているように私はWTI(ウエストテキサスインターミディエイト)のETFを持っているからだ



もし、イギリスUKがEU抜けたら一時的に大きく下げちゃう恐れがあるからだ



2013年のGDPだと

ドイツ3.73兆USドル


フランス2.806兆USドル




イギリスは2.678USドル




<関連ニュース>

英国民投票、ポンドは「残留」示唆も世論拮抗-首相「誰にも分からない」
Robert Hutton
2016年6月22日 12:31 JST 更新日時 2016年6月22日 16:25 JST
欧州連合(EU)残留・離脱が懸かる英国民投票のキャンペーンも最後の1日となった。最新の世論調査は、外国為替相場やブックメーカーのオッズに矛盾した結果を示している。
  過去1週間にはEU残留の方に賭け金が流れ込んだ。ポンドの対ドル相場は22日、前日に付けた5カ月ぶり高値に近づいた。オッズチェッカーが各社の賭け率から算出した指数によれば、離脱の確率は26%と14日の43%から低下している。
  コモンウェルス銀行(シドニー)のシニア為替ストラテジスト、ジョゼフ・カパーソ氏は「ポンドの動向を見る限り、『残留』で決まりのように見える」と述べた。
  だが、世論調査結果は依然、両派の拮抗(きっこう)を示唆している。
  21日に国民に対して「あなた方の子供や孫の希望や夢を考えていただきたい」と演説し、英国のEU残留を熱く訴えたキャメロン首相は22日付けのフィナンシャル・タイムズ(FT)掲載のインタビューで「非常に際どい。誰にも結果は分からない」とし、離脱派が勝利した場合にはEUとの間でのその条件交渉を「迅速に」開始すると付け加えた。

欧州の混乱必至でもアジアへの影響は軽微か-英国がEU離脱なら
Colin Simpson
2016年6月22日 07:05 JST
英国が23日の国民投票で欧州連合(EU)離脱を選択すれば、欧州はほぼ確実に混乱に陥るだろうが、中国を含めたアジアへの影響はずっと小さそうだ。
  ロンドンのキャピタル・エコノミクスによれば、英国のEU離脱はアジア全体の域内総生産(GDP)をせいぜい0.2%押し下げる要因にしかならない見込み。同社は英国立経済社会研究所 (NIESR)が推計する最悪のシナリオを基に分析。NIESRは英国の輸入が世界全体で2年以内に25%落ち込むと予想している。
  キャピタル・エコノミクスのアジア担当シニアエコノミスト、ダニエル・マーティン氏は、アジア諸国のGDPに対英輸出が占める割合は現在わずか0.7%で、「英輸入が25%減っても地域のGDPを0.2%弱押し下げるだけだろう」と指摘した。
  同氏は英国のEU離脱は新興アジアに限定的な影響しか及ぼさないと結論付け、アジア地域の主要なリスクは中国経済の急減速の可能性や、一部の国での債務バブルの秩序を欠いた巻き戻しなどであり、英国の離脱問題ではないと説明した。






EUは結局はドイツを封印する鎖」だったのだ

そしてユーロという単一通貨を使っている間はEUは上手くやっていけたはずだったのだ

なぜならEUの初期の構成国は生活水準も経済水準もだいたい同じだったから、単一の通貨でも問題なく、
決済上の簡便さもあったのだ

でもチェコやらポーランドやらクロアチア、ルーマニアまで加えたのが問題だった


貧富の差が大きすぎた


それぞれの加盟国の均等な発展を目指すために裕福な国から貧しい国に経済支援をしたり、
シェンゲン協定によって大量の外国人が流入してきたり売春婦がやって来たり



ドイツを封印する鎖」は、いまや「トラブルの種」になってしまった

EUである限り、ギリシャに上陸したシリア、北アフリカの難民はルーマニア、ブルガリアなどを通ってパリやベルリン、
ロンドンまでノンストップでやってくるのだ

イギリスがEUを離脱することには大きな意味がある

それは「理想の終わり」を意味するからだ

EU3本柱の内、1本が抜けたら、ドイツという暴走特急をフランスだけで制御しなくてはいけない
もちろん他の加盟国も自分の意見をどんどん進めようとする、具体的には自国に対する便宜を要求するのだ



そうなると参加しているメリットが無くなり、EUは空気の抜けた風船になってしまうだろう
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック