FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

分岐点を超える

 お手玉をやったことがあるだろうか?
 3個使ってだ、結構難しいね、最初のうちは操るというよりも、
「勢い良く落とす」と言った方が正しいくらい落とす。
 
 しかし、ある時点から、手に吸い付くようにお手玉を操れるようになる時がある、
まさにこれが限界点だ。
 
 自転車でもそうだ、補助輪を外した自転車で練習したのを覚えている、
「突然」乗れるようになった。

 投資もそうだ、なんとかして、分岐点を超えなくてはいけない。
つまり「損を出すが取り返すことができ、資金が増え続ける状態」だ。

それには、テクニカル分析を学ぶことは当然だが、継続的に株式チャートを見続けることが必要不可欠だ。


国内や海外の株式チャートが見れるサービスを利用すると良い。
具体的には、BLOOMBERG.com やmarketwatch.comが便利だ。

私は中国株をトレードすることが多いのだが、こういう時はパソコンの機能を使うべきだ。
私はMAC上で動く簡単なプログラム「Automator」を活用している、これはかなり便利だ。
それまで手作業で行っていたブラウザ操作を簡単にしてくれる。
30以上の新高値株価を見るのも苦痛が減らせる。

こういうのは営業のアポ電話と一緒で「数で勝負」の側面もある。
だが、新高値を追い続け、常にチェックする方法を使えば、未来のアップルやアマゾンを買うチャンスが
数十回以上あるということだ。

センスを磨く事が大事だ。
今日種を蒔いて明日収穫できる野菜はない。
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック