FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

snh48の公式声明の日本語訳 翻訳済み 和訳

多少間違いはあると思いますができる範囲で訳して行きます

意訳になりますがご容赦ください

とりあえずSNH48の曲でも聞きながら


青が訳文です
SNH48官方声明
SNH48公式発表

就6月9日,日本AKB48运营方官网单方面发布与SNH48及其官方姐妹团体的相关内容,SNH48运营方正式回应如下:
6月9日付け 日本AKB48公式サイトで発表されたSNHとその姉妹団体の相関関係、SNH運営の正式回答

SNH48是一个完全独立、自主经营的中国本土化大型女子偶像团体和基于互联网的造星平台,运营方在和日本AKB48之
SNHは1個の独立した、自主経営の中国本土のアイドルグループとインターネットの意見(思维は「考える、思考するの意味」)に基づきスター(星はスターの意味があります)を造るプラットフォームです、運営は日本のAKBと
ここは悩みました…。
ブログ「タイイェイのブログ」さんでは「相互ネットワーク思想を基にした、アイドル育成プログラムであり」とあったが、SNH48がインターネットで公演の配信やQQ、ウェイボーなどを盛んに活用していることがまず1点、SNHの運営会社が芸能事務所であることが2点目(アイドルが目的ではなく芸能スターを育てるのが目的)で、私はこの翻訳にした、異論は認める


跨国姐妹团体技术合作关系中,
国を跨いだ姉妹団体で、技術協力の関係にあります

不存在所谓的违规行为,我们所有日常运营活动一切照旧。
規約違反はありません、私達の日常の運営は全てこれまで通りに活動していきます(照旧はこれまで通りの意)

2016年4月20日,SNH48主体运营方宣布成立官方姐妹团BEJ48和GNZ48同时公布了音乐内容原创(オリジナル)战略,
20164月20日、SNHSNHが主体で運営する公式姉妹ユニット、BEJ48とGNZ48がスタートしました、同時に音楽を独自で創り始める戦略を公示しました
标志着SNH48已经全面走向原创道路,
SNHがすでに全面的にオリジナル路線に向かったことを示します
SNH48推出的一系列EP及原创剧场公演均获得了极其良好的和,为SNH48在基础音乐方面的长期发展奠定了
SNHが発表したEP(シングル曲)とオリジナル公演は好評を得て口コミと反響も良いです、SNHは音楽文野の長期発展の基礎固めができた
坚实的基础,未来也会坚持在音乐原创道路继续走下去。
堅実な基礎だ、今後も継続してオリジナル曲を作る事を続ける

覚えておくべき単語

口碑(口コミ)
反响(反響)
原创(オリジナル)
互联网(インターネット)
官网单(公式サイト)



SNH48概要
日本・東京都千代田区の秋葉原を拠点に活動しているAKB48の姉妹グループの一つとして「会いに行けるアイドル」をコンセプトに、総合プロデュースはAKB48と同じく秋元康が務め[2]、運営はAKB48公式ライセンスを受けて設立された「SNH48運営事務局」が担当する[3]。日本国外を拠点に活動するAKB48の姉妹グループの発足は、JKT48(インドネシア・ジャカルタ)に続き2組目である[2]。
SNH48の運営会社の社長は葉明東が、劇場支配人は范逸白が務める[4]。
AKB48や他の姉妹ユニットとの比較[編集]
オーディション中に次の期のオーディションを行うのは初である。
楽曲の大部分はAKB48のものだが、歌詞は中国語に翻訳して使用されている(一部公演曲は歌詞をSNH48用に変更している)[注 2]。
選抜総選挙やじゃんけん大会など、AKB48のシングル表題曲の選抜メンバーを決めるイベントに参加しない(AKB48との兼任メンバーは除く)。
AKB48シングル発売記念の個別握手会に参加しない(AKB48との兼任メンバーは除く)。
結成当初はチーム分けはせず期別で活動していた。その後2013年11月11日開催の公演で「チームSII」(S隊)「チームNII」(N隊)が結成され、他の姉妹グループと同様のシステムに移行した。[5]
ただし、法制の違いにより、かつて「契約生」というカテゴリーが存在した。「研究生」は新チーム発足やセレクションなどで短期間に正規メンバーに昇格するので、いわば「試用期間」の扱いであり、一時的な存在でしかない。昇格後正規メンバーとして要求されるレベルに達していなかったり、活動辞退後も契約期間が残っているメンバーの受け皿的扱いとして「契約生」制度が発足した。このため契約生にはチーム付のメンバーもいればどのチームにも属さないメンバーもいた[要出典]。2015年9月13日より廃止された。
これに関連し、4期生までは本人の資質・努力の度合いに関係無く、同期のメンバーを一斉昇格させていた。そのことが「契約生」を生み出したともいえる。5期生以降は他国の姉妹グループと同様に、能力等を吟味して選ばれた者だけを正規昇格させているが、日本で言う「仮研究生」状態からの正規昇格であり、昇格できない当該メンバーの個人情報は公式サイトでも非公開である。
劇場公演や総選挙開票イベントのインターネット無料中継配信や、動画配信サイトを使用して積極的に多くの動画を無料で配信している。イベント等におけるファンによる写真撮影および写真公開も、SNH48の認知を進めるため禁止していないことが多い。
略歴[編集]
2012年
4月21日、上海マートで開催された「AKB48上海ファンミーティング」でグループの結成が発表[6]。
7月20日、1期生メンバーを募集オーディションを開始。38,066人が応募、2次審査に830人が通過。
8月24日、AKB48コンサート『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』の初日公演において、AKB48から宮澤佐江(チームK)、鈴木まりや(チームB)がSNH48への移籍を発表[7]。
9月8日 - 23日、2次審査を成都、杭州、広州、北京、上海で順次開催。
9月25日、2期生メンバー募集オーディション「夢を掴め I WANT YOU」を開始[8]。47,976人が応募し、2次審査に約1,124人が通過。
10月13・14日、1期生メンバーの最終審査を実施。審査終了後に選ばれたメンバー26人のお披露目が行われて正式に「SNH48」としての活動を開始した。記者会見では尖閣諸島問題が影響し、運営会社は日本のメディアの出席を認めなかった[9]。
2013年
1月12日、上海市内でお披露目公演「Give Me Power!」[10]を開催[11]。宮澤と鈴木は芸能活動に必要な就労ビザの取得が間に合わず、舞台には立たずに観客席での見学となった[11]。
4月17日、グループ結成後半年が経過したことを受け[注 3]、1期生メンバーのセレクションが行われ、18人が正規メンバーとなった。残りメンバーのうち2人は改めて2か月後に正規登用するかを判断する事とし、4人は登用に至らなかった(最終的に6人は契約解除)[12]。
5月20日、宝鋼大舞台で、劇場外で初となるコンサート『祈福雅安,星花为你綻放Blooming For You』を開催[13]。
6月13日、1stEP「無尽旋転(ヘビーローテーション)」発売。
7月、2期生オーディション2次審査を成都、杭州、広州、北京、上海で順次開催。
8月2日、2ndEP「飛翔入手(フライングゲット)」発売。
8月17・18日、2期生メンバーの最終審査を実施。審査終了後に「審査保留」扱いの者を含む34人の候補者お披露目会見[14]を実施。
8月30日、専用劇場「星夢劇院」オープン。劇場の名称は応募総数452個の中から、約20,000名に及ぶファン投票により決まった。1期生メンバーによる「最終ベルが鳴る(最後的鐘聲響起)」公演を開始。
9月5日、2期生メンバーのセレクションが行われ、31人が正規メンバーとなった[15]。
10月11日、就労ビザが取得できず活動ができない状態が続いていた宮澤佐江と鈴木まりやが専用劇場デビューした。
11月2日、2期生メンバーによる「シアターの女神(劇場女神)」公演を開始。
11月11日、この日の専用劇場公演において「チームSII」「チームNII」が正式に結成されお披露目[5]。
11月16日、広州国際体育センターで1万人規模のコンサート「SNH48広州演唱会」を開催[16]。
2014年
1月18日、上海大舞台で開催された「SNH48紅白歌合戦」[17]において第3期生オーディションの受付を開始することが発表された[18]。
5月 - 7月、『SNH48 1st選抜総選挙』を実施。呉哲晗が1位となり、5thEP「嗚吒(UZA)」のセンターポジションを獲得。[19]。7月26日の開票イベント前のコンサートで3期生のメンバー30名がお披露目される。
9月5日 - 7日、1st選抜総選挙TOP16メンバーによる特別公演を実施。5日の公演後、三期生の組み分けと「チームHII」の結成が発表された。
12月、初全国ツアー「SNH48出征!星夢中国行」を開催。(5都市5公演)
2015年
1月31日、上海大舞台で開催された「SNH48第1回リクエストアワーBEST30」において4期生のメンバー18名がお披露目される。
2月13日、呉哲晗が規律違反(母親に紹介されたファンの一人と個人的に交際していた)により、1期生の身分と正規メンバーの地位を剥奪され、研究生に降格となるとともに4期生に編入された[20]。
3月6日、第5期生オーディションの受付を開始することが発表された[21]。
4月17日、4期生メンバーによる初の公演を実施。同公演で4期生のみで構成された「チームX」の結成が発表された[22]。
5月6日、規律違反で4期研究生に降格となっていた呉哲晗が、降格後の対応を受け運営側実施によるファン投票の結果、処分が解除され1期正規メンバーの地位を回復し、チームSIIに復帰。但し4期生の指導・育成における継続性確保の観点からチームXとの兼任という形を採り、SNH48中国人初の兼任メンバーとなった[23]。
5月 - 6月、全国ツアー「SNH48進擊!星夢中国行」を開催。(3都市3公演)
5月 - 7月、『SNH48 夢想高飛2nd選抜総選挙』を中国最大級の屋内アリーナであるメルセデス・ベンツ文化センターで実施。趙嘉敏が1位となり、9thEP「萬聖節之夜」のセンターポジションを獲得。前回総選挙1位の呉哲晗が圏外となり、48グループにとっては異例の事態になった。7月25日の開票イベント前のコンサートで5期生のメンバー49名がお披露目される。
9月13日、5期生8名が正規メンバーに昇格。またチームSIIの袁丹妮がチームHIIとの兼任開始、グループ内では呉哲晗に次いで2人目の兼任メンバーとなる。さらに第2回総選挙の上位3名(趙嘉敏、鞠婧禕、李藝彤 )によるSNH48としては初となるユニット“Seine River(塞納河組合)”の結成を発表[24]。
10月15日、第6期生オーディションの受付を開始することが発表された[25]。
10月31日、派生ユニット「STYLE SEVEN」がお披露目された[26]。
11月18日、当初昇格を逃した5期生のうち36人を新チームを結成の上で2班に分け、『シアターの女神』公演を行うことが発表された[27]。
12月4日、前記36人のうち1人を除くメンバーで新チーム「チームXII」が結成され、このうちの「A班」が初日公演に臨んだ[28]。
2016年
3月1日、チームNIIの唐安琪が上海市内のカフェで友人と会食中、何らかの原因でライターの火が衣服に着火して全身に大火傷を負い、集中治療室に収容され、治療を受けた[29][30]。4日に皮膚の移植手術を受けた[31][32]。
3月16日、日本でのグループ卒業を発表していた留学生・宮澤佐江のSNH48における卒業公演が行われた。
3月25日、11thEP「源動力(中国語版)(Engine of Youth)」をリリース[33]。全収録曲がSNH48オリジナルとなるのは初。
3月26日、チームHIIが『アイドルの夜明け』初日公演を挙行。またこの席で6期生が初めてお披露目され、11名が各チームに配属された。
4月20日、姉妹グループとして、北京市を拠点とするBEJ48、広東省・広州市を拠点とするGNZ48の結成が発表された[34]。
5月16日、チームXIIの程文路が、度重なる規律違反を理由に強制退団処分となった[35]。正規メンバーの解雇はSNH48では初。さらに、運営事務局は程文路に対して契約違反を理由に賠償金請求の手続きをとった。
6月9日、AKSより現地運営サイドに契約違反があり運営の見直しを行うこと、BEJ48とGNZ48はAKB48グループと無関係であることが発表された[36][37]。
6月10日、鈴木まりやの兼任解除が発表された[38]。
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック