FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

今abemaTVで乃木坂の46時間生放送やってます

abemaTVで乃木坂46の番組をやってますよ\(^o^)/

え?いそがしい?

安心してください46時間連続放送ですからいつでも見れますwww

ですが私の大好きな北野日奈子ちゃんはしばらくでなさ気なので私はもう寝ます

今は人狼ゲームをやってますが正直退屈です

おやすみ


「参考情報」

乃木坂46の「乃木坂」というグループ名は、レーベル会社のソニー・ミュージックエンタテインメントが所有する乃木坂46の最終オーディション会場として使用された「SME乃木坂ビル」を由来とする[2]。乃木坂46の「46」という数字はAKB48より人数が少なくても負けないという意気込みを込めて総合プロデューサーの秋元康が命名した[2]。乃木坂48と呼び間違えられやすい[3]。
かつて、ソニー・ミュージックエンタテインメントグループ会社のデフスターレコーズに所属していたAKB48は、2008年のキングレコード移籍後にヒットしたため、ソニーミュージックの担当者が「やっぱり“逃した魚”は大きかったですよ」と語り[4]、後の2010年にデフスターレコーズ所属時代の楽曲を収録した『逃した魚たち〜シングル・ビデオコレクション〜』というミュージック・ビデオ集が発売されるほどだった[5]。このような背景から、2011年にソニー・ミュージックエンタテインメントと秋元康プロデュースによる新たな女性アイドルグループが企画され乃木坂46は結成された。乃木坂46結成時のメンバーにはモデルの伊藤万理華や深川麻衣、日テレジェニック2011候補生の井上小百合、ミスマガジン2011の衛藤美彩、元ももいろクローバーの柏幸奈、青春女子学園の川後陽菜や能條愛未、SPL∞ASHの中元日芽香、SPLASHの大和里菜[6]、CHIMOの畠中清羅など芸能活動経験者が名を連ねた[7]。
秋元康によれば、ソニーミュージックは乃木坂46の発展に未来を賭けている[8]。乃木坂46はコンセプトがないのをコンセプトに[9]、コードネームをシャドー (shadow) とし[10]、シャドーキャビネットとして存在する[11]。シャドーは乃木坂46の1stシングル「ぐるぐるカーテン」のカップリング曲「会いたかったかもしれない」のミュージック・ビデオから出現した[12]。乃木坂46の「会いたかったかもしれない」は、AKB48の「会いたかった」をトレースした作品であり、AKB48の影を描いている[12]。このため、AKB48「会いたかった」のミュージック・ビデオが真夏に撮影されたのに対し、乃木坂46「会いたかったかもしれない」のミュージック・ビデオは真冬に撮影された[13]。乃木坂46が初めて撮影したミュージック・ビデオである「会いたかったかもしれない」には[14]、元AKB48の前田敦子が登場し、乃木坂46の生駒里奈に当時の自分を重ねるような視線を送るシーンがある[13]。
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック