FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

ヘイヘイヘイヘイ!アボカド大好き〜

女の子はアボカド大好きだ、そして男のくせに女の腐ったような私もアボカド大好き〜

ハンバーガーはサンドイッチの一種で、大家族の母のように包容力を持っている料理である
c00f2776-s.jpg

魚を挟んでも良いのだ、ちなみにマクドナルドのフィレオフィッシュはスケソウダラ、ホキ、ミナミダラを使用しているそうだ

アンケートによると日本人の好きなハンバーガーチェーンはこうなっている

Q.一番好きなハンバーガーチェーン店を教えてください
1位 モスバーガー 45.1%
2位 マクドナルド 37.0%
3位 フレッシュネスバーガー 3.8%
4位 ロッテリア 3.6%
5位 バーガーキング 2.5%
6位 ファーストキッチン 1.9%
7位 ドムドムハンバーガー 0.8%
8位 ウェンディーズ 0.4%


私はクアアイナのアボカドバーガーが好きだ

クアアイナとは
やたらと値段が高くて、財布を直撃するが、そのボリュームのあるハンバーガーは胃袋を満足させてくれる、
美味しいハンバーガーチェーンのことである
ハワイ発祥
パインバーガーは邪道!


で、今回日本発のハンバーガーチェーン、モスバーガーからもアボカドバーガーが出るということで、私は嬉しくてションベン漏れそうwww

2016年5月27日

アボカドチリバーガーと、スパイシーアボカドチリバーガーを基本に、8種類のラインナップとなっている、
これがバレー選手なら間違いなく世界一だ


2016年5月27日2

モスバーガーは全国に1372店、このスパイシーダブルアボカドチリチーズバーガー(呪文かな?)が全国で食べられるのだ!!!!!!!!!!!!!!

モスバーガーの無い離島の人マジ哀れwww

愚かな諸君にはわからないだろうが、今回モスバーガーがこのスパイシーダブルアボカドチリチーズバーガーを出したことには大きな「意味」があるのだ

つまり、「安売り」で行き詰った日本マクドナルドを追い抜くという意気込みの現れなのだ

2016-05-2735t3

アボカド頼みかよ?という愚問はこの際ナシだ!

さぁ、もう一度日本マクドナルドの退屈なレギュラーメニューを確認しよう

マクドナルド平成28年5月27日

見給え、この退屈な日本マクドナルドのメニューを…

パンズ、パティ、レタス、ケチャップ、マヨネーズの味ばっかりじゃねえかwww

モスバーガーはちょっと贅沢なラインナップでここまで来たが、ココに来て、日本マクドナルドを追い抜く最高のステージが整ったわけだ
しかも、マクドナルドのダブルクウォーターパウンダーチーズ、クウォーターパウンダーチーズに至ってはお休み中じゃないか(寝てる場合か!?)

モスバーガーは商品の種類が多いぶん、確かにオペレーションコストはマクドナルドに負けるだろう、しかし、モスバーガーは商品の品揃えのちからによって、日本マクドナルドを打ち破ることができるかもしれない

マクド菖蒲

アボカド(英: avocado[※ 1]、学名:Persea americana)とは、クスノキ科ワニナシ属の常緑高木である。また、その果実のことも指す。別名、ワニナシ(鰐梨)。

特徴
メキシコと中央アメリカ原産。低温に弱く、主に熱帯、亜熱帯で生育する。樹高は自然では30メートルほどの高さになり、果樹園の栽培では接木法をとり、整枝もするのでそこまでは高くはならないがそれでも10メートルほどの高さになる事もある[2]。樹形は品種によって異なるが、葉の寿命は短く1年ほどで新梢伸長期には大量落葉する[3]。濃い緑色の果実をつける。5月ごろに花が咲き、果実の収穫は翌11から12月ごろ以降。日本産の植物でもっとも近縁なものはクスノキ科のタブノキ[4]。
アボカドがいつ頃から食物としてヒトに利用されてきたのかは定かではない。ただし、ペルーのチャン・チャン遺跡からは西暦900年頃のものと見られるアボカドの実をかたどった土器が出土している[5]。
またアボカドは、いつ頃から栽培が始められたのかも定かではない。ただし、中南米では果樹として数百年以上に渡って栽培されてきたことは確実であり、遅くとも13世紀から15世紀頃までには栽培が行われたとされ、少なくともヨーロッパからの侵略者がやってきた時にはすでにアメリカ大陸(南北両方)の熱帯地方のあちらこちらにおいて栽培が行われていた[6]。
果実の成熟に10か月から15か月要し、また、実にたくさんの栄養分が必要なのでアボカドの枝は毎年は実をつけず隔年で実をつける。アボカドには多くの品種があるが、木全体で隔年結実する種と枝ごとに隔年結実する種がある。枝ごとに隔年結実する種では木全体としては毎年実をつける[7]。
栄養
世界的に最も多く栽培され、日本で売られているアボカドのほとんどを占めるハス種では果肉に脂肪分が約18-25パーセント含まれている[25]。豊富な脂肪分を含むため「森のバター」や「バターフルーツ」とも呼ばれ、果実の中でももっともカロリーがある。しかも、この脂肪分はほとんどがいわゆる善玉脂質と呼ばれる不飽和脂肪酸であり、血中コレステロールを増加させる心配が少ない。ビタミンEも多く含まれる。アボカド1個半程度で成人男子のビタミンEの適正摂取量である10ミリ・グラムを摂取できる[26]。ただし、適切な収穫時期に収穫していない果実には脂分が少なく質の高くないものが含まれる[27]。アボカドの属するクスノキ科の植物には、種子散布に関わる鳥獣を引きつける栄養素として果肉に脂肪を蓄える種が多くある。これは、多くの鳥獣種子散布植物が糖分を用いていることとは対照的である。



関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック