FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

《必読》マンスリーアパート・ウィークリーマンションは割高、ビジネスホテルの方が得で割安

マンスリーアパートはぼったくり


このページは東京二十三区、大坂など都市部でのマンスリーアパートを探している人に書いています




仕事や生活の都合によって、数週間から数ヶ月、見知らぬ土地で生活しなくてはいけない時期がある

そういった時に利用する事になるのが「マンスリーアパート」だ



家具、家電、洗濯機、寝具、電子レンジ、テーブル、椅子などが備えられており、着いた初日から「自活」できるようになっている不動産の活用の1形態だ

私も以前利用していたことがあるのだが、とても割高だと思った

インターネットだけではわからない実体験に基づく体験談を書いていく

まず当時の私は世間知らずだった、世間知らずとは「損をする」という意味だという事を知らなかったのだ

マンスリーアパートを探すとき、私たちは家賃だけで検索をかけてしまう
マンスリーアパートのシステムをよく知らないので水道光熱費設備使用料清掃費全て含まれていると思ってしまうのだ




コレが間違いのもとである

なぜなら「含まれていない」からだ⚠︎


更に酷いことに、検索画面にでている好条件の割安駅近物件は「釣り」で、問い合わせると少し高めの物件を勧められるのだwww




さらに以前だと入居時に保証金をとられる事もあった

そのため私が借りた時には4ヶ月で〇〇万程かかってしまった(思い出したくなくて涙が)

気を付けなくては行けないのは光熱費と清掃費の存在だ、これが物件の所有者の利益の源泉であり、
借り手の損の原因である
他にも

レオパレス21の場合
環境維持費
鍵交換費
抗菌加工
ライフサポートサービス(ん?)
ご入居中に部屋に備え付けの家具・家電を破損した場合、無料で修理またはお取替する、「ライフサポートサービスプラス」をご提供しております。入居者の皆様には、新生活を快適で、かつ安心してお過ごしいただけます。

インターネット利用料(家賃に入ってないんかいwww)
追加清掃料金


などがあり、ガッツリとられるようだ


次の例
ウィークリーマンションドットコムの場合

〇〇〇〇五反田駅前【ベーシック・セミダブル・EMネット無料☆】の料金情報


スーパーショート
(~1ヶ月未満)
賃料5,500円/日 光熱費800円/日 清掃費10,000円/回(契約時)
ショート
(1ヶ月以上~3ヶ月未満)
賃料4,800円/日 144,000円/月 光熱費800円/日 清掃費24,000円/月 15,000円/回(契約時)
ミドル
(3ヶ月以上~7ヶ月未満)
賃料4,600円/日 138,000円/月 光熱費800円/日 清掃費24,000円/月 26,000円/回(契約時)
ロング
(7ヶ月以上~12ヶ月未満)
4,400円/日 132,000円/月 800円/日 24,000円/月 42,000円/回(契約時)
その他費用 【管理費】
 900円/日
【契約手数料】
 スーパーショート…初回契約時:6,000円/回 再契約時:3,000円/回
 ショート…初回契約時:7,000円/回 再契約時:3,000円/回
 ミドル…初回契約時:12,500円/回 再契約時:3,000円/回
 ロング…初回契約時:16,500円/回 再契約時:3,000円/回


ひ、ひどい…
皆さんはお気づきになられてだろうか?
これぞ「トリック」「TRICK」だ




現実には私たちはナイフで刺されるよりも契約書で金を奪われることが多い

では種明かしを

〇〇〇〇五反田駅前【ベーシック・セミダブル・EMネット無料☆】の料金情報


スーパーショート
(~1ヶ月未満)
賃料5,500円/日 光熱費800円/日 清掃費10,000円/回(契約時)
ショート
(1ヶ月以上~3ヶ月未満)
賃料4,800円/日 144,000円/月 光熱費800円/日 清掃費24,000円/月 15,000円/回(契約時)
ミドル
(3ヶ月以上~7ヶ月未満)
賃料4,600円/日 138,000円/月 光熱費800円/日 清掃費24,000円/月 26,000円/回(契約時)
ロング
(7ヶ月以上~12ヶ月未満)
4,400円/日 132,000円/月 800円/日 24,000円/月 42,000円/回(契約時)
その他費用 【管理費】
 900円/日
☜ココやで!!!!!!!!!!!!!!!

【契約手数料】
 スーパーショート…初回契約時:6,000円/回 再契約時:3,000円/回
 ショート…初回契約時:7,000円/回 再契約時:3,000円/回
 ミドル…初回契約時:12,500円/回 再契約時:3,000円/回
 ロング…初回契約時:16,500円/回 再契約時:3,000円/回


その他費用、つまり何かしてくれるわけではないが「その他費用」名目で一日に900円も取られてしまうのだ
馬鹿げている




900円あったらモスバーガーが喰えるのに

筆者マクドナルドは嫌い

ちなみに調査の結果、毎日管理費をとっている業者はいくつかあり五〇〇円台から1000円近くまで幅がある

しかし、こんだけ払うなんて不動産屋は俺のヨメか?それとも俺が管理される家畜なのか?
ちなみにこんだけ払ってもモーニングサービスの電話はしてくれない
(´・ω・`)ショボーン


さて、以上を踏まえてそれぞれの利点を計算して比較してみるか

まず家賃に何が含まれているか

「マンスリーアパート」
施設の使用料、東京だと5000円台中盤からあるが大体1月13万前後と捉えておけば良いようだ
テレビ、ベッド、場合によっては料理器具もある、歯磨きなどは自分で買う必要がある
風呂の清掃用具はある

いろいろ合算すると月3ヶ月49万円ほどだ

「ビジネスホテル」
施設の使用料ベッド、テレビ、バスルーム設備とアメニティが揃っている
机と椅子場合によっては抱きまくらやクッションが置いている場合も
ヒルトンなど高級ホテルは別だが、大衆向けホテルの場合は6000円目安でいいと言える
186000円と考えておけば良い
少し高めで1泊7500円で計算してみると47万2,500円だ

ただし、多くのホテルは連泊に割引を提供しているので、実際はまだ下がる
それにマンスリーアパートに比べてビジネスホテルは好立地であることも忘れてはいけない

清掃 どれだけ綺麗に使っていても汚れていくのが男性の生活だwww
女性の場合は髪の毛の抜け毛もある 寝具がよだれまみれだと自分で洗う必要がある
清潔な住環境は文明人の特権である




「マンスリーアパート」
出払うときに清掃サービスから清掃員が来る、費用は2万円を見ておけばよいかと思う
日々の汚れは備え付けの清掃用具で自分でやる必要がある
そのため、家でも不潔な人はマンスリーアパートを汚してしまうかもしれないwww

ゴミは自分で回収場所に持っていく必要がある、大概は同じ敷地内にある

「ビジネスホテル」
長期滞在の場合は週2回の清掃が多いようだが、よほど酷い使い方をしないかぎり2日で汚れるということはないだろう
ゴミ箱はその時に清掃のおばさんが捨ててくれる



通信 デジタル化の時代を生きる私たちには電子機器が必要不可欠だ、WW2の通信兵よりも高性能なアイフォン、アポロ計画のIBMコンピューターよりも高性能なラップトップ、これが私たちの武器だ



「マンスリーアパート」
Wi-Fiがある、レオパレスの場合は契約するか選べるようだが、あるに越したことはない

「ビジネスホテル」
WIFIがあるウィフィではない、気を付けろwww
無料だ、今時ネットがないのは離島の民宿くらいだwww



食事 動物は餌を食べる為に移動することを覚えた、とは言えあまり移動したくないのが人間性というものだ
「マンスリーアパート」
大概、駅から5分ほどの住宅街にあるので少し歩いて買い物に行く必要がある
駅近くで買ったコンビニのビニール袋を下げて毎日家路を急ぐのが日課になるだろう

「ビジネスホテル」
商売の都合上、駅の近くにある、せいぜい2,3分くらいだ
周りは繁華街なのでコンビニ、ドラッグストア、ファミレス、居酒屋、飲食店がある

割安にすませることも、一日の苦労をアルコールで洗い流す事もできる

1階にセブン-イレブンやローソンが併設しているビジネスホテルもある(こいつは便利だぜーーーーーーーーーーーーーーー)
部屋にお茶のインスタントが用意してあるので一息ついても良い(梅昆布茶とか良いよね)
ホテルによってはロビーにネスカフェのインスタントの袋が置いてあり飲み放題の事も



立地 観光でもビジネスでも、交通の利便性はとても大事だ
「マンスリーアパート」



住宅街にあることが多い、夜道は暗い、雨が降ると濡れながら帰ることになる「井上陽水 傘が無い」

歌ってみた死ねwww

まあ静かだけどね

「ビジネスホテル」
駅から直通だと嬉しいね、何しろ濡れなくていい
地下街でつながっていることもある

周りは大きい道路やオフィスビルなのでアーバン(都市)っぽいな〜と感慨に浸れる
この時、双眼鏡とスーパードライがあると他人の残業中の姿を観察しながら酒が飲めます(ゲスの極み)




サービス  「キミは私に何してくれるの?」
何かを与えることが「愛」だとすれば、受け取るものは「サービス」であるといえる、
金を払う以上何かを求めるのは正当な期待と願望だ

「マンスリーアパート」
レオパレス21の場合、セコムに加入しているから、異常時にセコムのお兄さんたちが助けに来てくれる、
ただし、強盗の場合セコムの警備員は大体間に合わないし、銃を持っていない警備員なんか「無力」と同義だよね

基本的に管理費をとっているが何もしてくれない

この管理費が役に立つのは貴方が犯罪に出くわしたあとか、建物が火に包まれた時くらいである
「ビジネスホテル」
朝と夕、貴方を出迎えてくれる
「いってらっしゃいませ」「おかえりなさいませ」こんなことを言ってくれるのは貴方の未来の配偶者か母親くらいだ

郵便を出してもらうサービスが有る所や道案内、宅配便(送り、受け取り)を頼むこともできる
クリーニングは言わずもがな

洗濯 汗をかくのは生きてる証拠

「マンスリーアパート」
自分でやる、クリーニング店に頼める裕福な人は別だが

「ビジネスホテル」
コインランドリーがある、使うたびに払うタイプ
たまったら洗う

水がないと乾く

「マンスリーアパート」
前掲の通り、光熱費が1日あたり800円前後取られる月24800円也
もとを取るにはアラブの石油王、インドのマハラジャのようにガスを炊き、水を垂れ流す必要がある(大げさwww)


「ビジネスホテル」
光熱費はいらない
よほど大量に使わない限りはね
ただ料理はできないのは女性には辛いかも
ただ男性だと自炊しない人も多いから短期間なら問題ないかと

霊感 部屋がなんか気持ち悪い〜

「マンスリーアパート」
よっぽどの理由がない限り部屋の交代は無理、無理
だから3ヶ月怯えてくらすことになる

「ホテル」
ホテルのいいところはサービス精神だ
空き部屋と変えてもらえないか交渉しよう




退去  愛別離苦、心地良い場所よさようなら

最後は笑顔で別れたい

「マンスリーアパート」
清掃費を大体2万円程度取られる
まあこんなもんかと思う
さようなら

「ビジネスホテル」
清掃費はいらない
せいぜいきれいにして帰りましょう
居心地がいいなら楽天とかのレビューで高評価をつけよう

どうだろうか

よほど部屋で作業やなんかをやりたい場合以外はビジネスホテルの方がマンスリーアパートより安いという事を説明できたと思う、ホテル暮らしも長期はキツイという方もいるだろうが、正直マンスリーアパートの設備は貧素なので、
ホテルの方を選択することを私はおすすめする
ベッドもホテルのベッドとマンスリーアパートのベッドを比べると酷いものだし、
マンスリーアパートの水道は長い間使われていない場合があり、不衛生な場合も多い
また、何かと(洗濯洗剤、シャンプー、石鹸、タオルバスマット、スリッパ)準備する必要があるマンスリーアパートは結局は高コストになりがちである



ぜひビジネスホテルを検討してみてください
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック