FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

セルインメイなのかなんなのか端午の節句でもこどもの日

今日は5月5日はこどもの日、もともとは端午の節句で鯉のぼりや武者人形を飾る日だ

私の行きつけの銭湯でも菖蒲湯をやっている(でもGWは子供が多いから行かないwww)



昔の人達はガンや白血病、糖尿病で死ぬよりも、下痢やインフルエンザで簡単に死んだ



とくに子供はそうだ、せっかく生まれても死んでしまう確率が高かった

なので、子供の成長を祝って、日本各地では端午の節句の風習があるわけだ

ちなみに武者人形を飾るのは武士の家の風習というかしきたりで、
鯉のぼりを飾るのは町人階層の風習だそうだ





子供は、寒さが和らいだ春になると外で遊び始めるが、株価は4月に売ってしまえという言い伝えがある
4月に売って引き上げろというわけだ
なぜかというと5月にはなぜか株価が下がるからだ、コレがSell In May(セルインメイ)である

今日は香港市場の株式はあまりぱっとしなかった



ハンセン指数の下げ幅こそ↓0.37%だが、私がいつもあてにしている市場の強さの指標である52週高値を更新した株式が
1つしか無かったからだ、しかし、香港、洒落が効いていた

今日、唯一の52週高値更新銘柄は1086:HK GOODBABY(いい子)であったwwww

まさにこどもの日の端午の節句にふさわしい銘柄であると思った、ちなみに中国語表記だと好孩子国際(ハオハイズ)である製品は主に家具

最後にいつものブルームバーグのコピーを


中国株(5日):香港上場の中国企業株は4日続落-経済成長懸念で
Kyoungwha Kim
2016年5月5日 18:20 JST
香港上場の中国本土株は4営業日続落し、4日間の下げ幅としては3カ月で最大となった。成長停滞懸念が広がり、金融株とエネルギー銘柄などが売られた。
  ハンセン中国企業株(H株)指数は前日比0.8%安。上海総合指数は0.2%上げた。香港市場では2カ月ぶり安値となった中国人寿保険を中心に保険株が下げた。またゴールドマン・サックス・グループが住宅価格は20%下落するとして香港不動産株の投資判断を引き下げたことも嫌気され、新世界発展を中心に不動産開発会社が売られた。財新伝媒とマークイット・エコノミクスがこの日発表した4月の中国サービス業購買担当者指数(PMI)は51.8と、3月の52.2から低下した。
  スタンダードチャータードのストラテジスト、オードリー・ゴー氏 (シンガポール在勤)は、「商品相場の反発と経済安定の兆候を材料にした前回の上昇の勢いが失速するのに伴い、市場は値固めの局面に入った」と分析。「また相場が下落しがちな夏季に向かいつつある。投資家が市場に戻る前に、企業業績の改善と経済指標の安定化がどうなるかを見極める必要がある」と指摘した。
  H株指数は8626.73で引けた。上海総合指数は2977.84で終了。香港に重複上場する銘柄の本土での価格プレミアムを示すハンセン中国AHプレミアム指数は4日続伸と、今年最長の上げとなった。
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック