FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

水俣にきた、見た、なぜかブックオフ チッソの為に水俣はあった〜水俣病〜

今日は熊本県は水俣市にやって来た、でも、なぜかブックオフ水俣店)でしばらく立ち読みしていた

私は先のブックオフで昔のCDを買って聞きながら帰るのがすきなのだ



水俣市と言えばグーグルの検索結果のトップが未だに「水俣病」と出てくる因縁の土地だ


水俣市の人口は2万7000人ほど

姉妹都市はオーストラリアのデボンポート市(どこそれ?)

デボンポート市の概要
姉妹都市デボンポート市の概要】
 デボンポート市は、オーストラリア タスマニア州の北部中央海岸に位置する美しい港町です。
 人口は約2万5千人、面積は116平方km(本市の約3分の2)です。

 1830年頃からマージー川周辺に定住が始まり、1851年頃から4つの町が製材業や造船を中心に発展。これらの町が1890年に合併してデボンポート町となりました。1959年、オーストラリア本土と結ぶ旅客フェリーが就航し、タスマニアの海の玄関口となりました。現在では、メルボルン間に豪華フェリーが行き来し、デボンポート空港も備えて、各種施設が整い多くの観光客を迎えています。

 1981年に市制施行。主要産業は、繊維、木材加工、食品加工、鉱物精製などで、果樹や野菜栽培などの農業も盛んです。タスマニアの集配センターとして、交通の要衝ともなっています。

 自然環境に恵まれ、落ち着いた美しいたたずまいを見せる町で、日中の平均気温も夏が24℃、冬でも13℃と温暖で大変過ごしやすい気候です。周辺にはリアス式の海岸や自然林、一部が世界遺産に登録されている国立公園などがあります。

【デボンポート市と水俣市が姉妹都市関係を締結した経緯・理由】
 平成4年に水俣市議会議員が、初めてデボンポート市を訪れたことがきっかけとなり、両市長や市民が相互に訪問を行うなど交流を重ねました。

 平成8年2月27日にデボンポート市で、同年4月2日に水俣市で姉妹都市締結調印式を行いました。

 締結の理由は、両市の人口規模、地勢が似ており、環境に配慮したまちづくりを進めていることや、時差がほとんどなく、気候も温暖で過ごしやすいこと、英語圏で治安もよく交流が進めやすいことなどが挙げられます。
水俣市を訪れて初めてわかったが、旧チッソは現在JNC式会社という会社名に看板を架け替えていて、今はチッソは水俣病犠牲者にお金を返す為に存続しているそうだ


チッソ式会社 (CHISSO CORPORATION) は、水俣病の補償業務を専業とする日本の企業である。元来は化学工業メーカーであったが、2011年3月31日をもって事業部門を中核子会社のJNCに移管した。
登記上の本店を大阪市北区中之島 に、本社を東京都千代田区大手町に置く。
戦後の高度成長期に、水俣病を引き起こしたことで知られる。旭化成、積水化学工業、積水ハウス、信越化学工業、センコー、日本ガスなどの母体企業でもある。
主な子会社・関連会社として、JNC、JNC石油化学(旧:チッソ石油化学)(事業所:千葉県市原市)、九州化学工業(工場:福岡県北九州市)、JNCファイバーズ(旧:チッソポリプロ繊維・事業所:滋賀県守山市)や、ポリプロピレン事業合弁会社の日本ポリプロなどがある。また、日本国内の合弁相手に吉野石膏や同社と同根である旭化成がある。
wikiより

水俣駅前はかなり寂れているのだが、旧商店街らしき空き家が結構あるので、昔は栄えていたのだろうと思う

しかし、今回、昼飯に軽くモスバーガー水俣店でモスチーズのポテトSセットでも食べようかと思っていたら、
モスバーガーは閉店していてお好み焼き屋さんになっていた

水俣病の患者を当時の水俣市民は隠蔽しようとしていたようだが、来てみれば、チッソが水俣の中心だったんだということがわかった、なぜかというと、水俣駅はJNC(チッソの後継会社)の正門と道路を挟んで向かい合っているからだ

水俣駅周辺地図
水俣駅周辺

まさに、チッソに行くための鉄道駅である

水俣駅周辺で水交社という名前の地元のスーパーを見かけた、どうやら地場スーパーっぽい、かなり狭い範囲で3店舗くらいあるので、昔はそれでも採算がとれたのだと思う

地方をめぐるたびに思うが、新しい廃墟が増えている気がする、つまり、つい最近まで営業していたような店だ

もちろん店主の高齢化が原因なのだろうが、正直寂しい
飲み屋街などでも、夕方になれば回転するだろうと思って待っていても実はビル全体が空き店舗みたいなこともある

地方では、団塊の世代を大量に首都圏、関西、そして中京地域に送り出したせいで、「世代の空白」が生じているし、
今も地方からの若者の流出が原因で続いている

高齢者が経営者だが、その後、新しい創業者が生まれなかったのだ

そのため、間隙を埋めるようにチェーン店の天下になっている

九州だと、MrMAX(ミスターマックス)、ドラッグストアコスモス、ドラッグストアモリ、トライアルなどである

これは長期にわたって地域の地場資本の形成に影響を与えている

なぜなら、地元に資本家がいないので、公共事業の建設会社、健康保険が原資の医療関係者、介護保険が原資の介護事業所、そして公務員がお金を独占し、だれも起業しないという寄生虫みたいな奴らがはびこる社会になっているのだ

そのため、今、地方で求人を見ても、若者が入りたいような企業はほぼ皆無である

これも、高度経済成長の時期に人口流出が起きたせいだと言える

ここ、水俣でも個人店は飲食店ばかりで、洋服店や小売業はチェーン店の天下のようだ

公害の歴史のある町でいろいろ考えさせられる一日であった


ライフメディアへ登録

ライフメディアへ登録
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック