FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

日本人はコネを作れないから個人が脆弱なんだろうな

官僚統治機構の悪い部分が明らかになってきた日本


下々の者たちの声は決して総理大臣に届くことはなく総理大臣は支持者とト・モ・ダ・チと利権で結びつく仲間たちとだけ付き合うから日本の総理大臣と国民は決して顔を合わせることはできない


東日本大震災の直後避難所を訪れた菅直人元総理のことを覚えているだろうか?
東北の避難所をマスコミとともに訪れた菅直人が避難所を一周して車に戻ろうとしたときに地元の夫婦が菅直人に詰め寄り「私たちはまだ話を聞いてもらってない」と言い菅直人と少しの間話をしたあの被災地訪問だ


あのときよく考えるとSPつまり護衛の人は住民と総理大臣の間にいなかったねと思う

つまりすぐ脇から野次を飛ばすことができ、それに総理大臣も気づいて戻ってくる程度の距離にあったわけだ



だけど安倍晋三首相になってからというもの、安倍晋三総理大臣は特に狙われてもいないのに耳にイヤホンをしたボディーガードのSPを増員してきた


私から見れば安倍晋三の治世が続くほど日本が弱体化するんだから北朝鮮も中国も安倍晋三の命なんか狙うわけがないと思うんだがとにかく安倍晋三総理大臣はSPを増やしてきた


さらに総理大臣自ら屋外で演説するときにはわざわざ機動隊員やフェンスを置き、さらに道路を挟んで演説するという道路マタギの演説をするようになった


つまり物理的に総理大臣と国民の距離は遠くなったわけだ



だからもう国民は総理大臣にお願いごとできる時代じゃないんだなと私は思う


官僚統治機構の中で国民の生の声はろ過され(この表現好き)きれい事だけが安倍総理の耳に届くのだ


で、日本人よりも早くから官僚統治機構の害悪に苦しんできた官僚統治機構先進国と言えば中国だ


中国では巨大な国土を支配するため日本よりも早くから複雑な官僚統治機構が作られてきた


しかしその結果、官僚たちは権限により苛酷な税を課したりあるいは一時的な賦課金をかしたりして住民を苦しめることになった

これはなぜかというと官僚の数が多いのでひとりひとりの悪事は小さくても結果的にダメージが積み重なるからだ


例えば日本でもガソリンスタンドでガソリンを買うとガソリン本体価格に対して揮発油税、石油石炭税がかかり、なぜかその総額に対して消費税がかかるという積み重なることで大ダメージを与える税制がある


だから中国ではわかりやすい不動産や金塊ではなく人脈を財産とすることが行われてきた


なぜかと言えば不動産や金塊はたやすく奪われてしまうからで、人脈という無形の財産であれば簡単には奪うことができないからだ


だから仕事を融通し合ったりお金を融通し合ったりあるいは困っているときは一緒に住むみたいなことを厭わない強固な人間同士の関係を財産としたわけだ


そのため中国人は海外に出たときも徒党を組むことで現地社会に対してネットワークで参入することができるわけだ


私の住む九州の片田舎でも仲良く数台の自転車で一緒に買い物にいく中国人を見ることができる


で、面白いのは彼らは自転車で買い物に行ったあとビニール袋の荷物をまるでハーレーダビッドソンの大型バイクの後輪に取り付けるかばんのように結びつけているところだwww
なんかダサかっこよくていいと思う
たぶんそのうち流行るはずだwww


で、徒党を組むと何が良いかと言うと情報が共有できると言うことだ

例えば単にどこのスーパーが鶏肉がやすかったという情報でも1ヶ月で数百円は節約できるし、税金の手続きの話やもっといい仕事などの情報もやり取りができる
さらに誰かが商売を始めるときには協力してお金を出し合うこともできるというわけだ



日本人のように「〇〇さんの子供は公務員になったらしい」みたいなクソしょうもないマウンティングの会話よりよほど中身があると思う


また人的ネットワークがあれば失業しても再雇用の仕事をさがしやすいというのも羨ましいところだ



ならなんで日本人は人的ネットワークに頼らないのだろうか?


今や求人もインターネットで探しているし親戚づきあいすらしない人も増えている時代だ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
しかし私の体験から言えば日本人でも田舎にいれば人的ネットワークはたしかにあるということがわかる


例えば高齢者の親戚が亡くなったときに葬式があればどこからともなく通夜に3000円や5000円を持った人たちが集まってくるし、親戚が入院したら数万円をお見舞いに渡したりするからだ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


私の考えによると日本人が人的ネットワークを放棄したのはブラック企業の増加と気軽に転勤させる日本企業の悪癖のせいだと思う


例えば日本企業では朝7時から夜8時まで働いている企業なんて珍しくないから、夜誰かと一緒に遊ぶあるいは食事するみたいなことは難しい人が多い(というか子供すら夜7時まで保育園に預けられてしまう)

さらに休日も完全週休2日じゃない職場ばかりだから友人と歳を取れば取るほど疎遠になっていく労働環境がある
おまけにお金もたまらないからストレス発散する金も無いのだwww

そして極めつけが転勤で、日本企業は年収300万円台でも転勤させるため、出世しないのに転勤ということが多々ある


すると、地元からむりやり引き剥がされてしまい地元の人間関係つまり人的ネットワークから切り離されてしまう人が毎年あらわれることになる


だから日本では人的ネットワークでの関係がつねに清算され続けているせいで中国人のような人的ネットワークを財産とすることができない


その結果、日本人は個人として脆弱なまま企業の言いなりになっているわけだ
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック