FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

基本的に世の中が狂っていると考えると幸せになれる

私たちは社会に対してみんな不満を持っている

それはそうだ

今や地球上の人口は増加に増加を続けて77億人もいるのだ


不満を感じないほうがおかしい


私たちは人間同士の摩擦をストレスと感じるから人口の多い場所に住んでいる人ならなおさらだ


でも今の世の中は間違っていると考えるのはそれこそが間違いだ


なぜかというと人口が増え続けている限り人間社会のトラブルもそれに比例して増加を続けるから問題は永遠に解決しないからだ


あれだつまり、同僚同士の仲が悪い職場で1人をターゲットにいじめてやめさせてもいじめは終了せず、次は別の人がターゲットになるだけというあれだ


だから三国志の劉備玄徳や徳川吉宗の時代から世の中を憂いている人たちには悩みが尽きないwww


そのストレスを避けるには世の中は基本的に狂っていると見るのが正解なのだ

私たちは人間相手に「遅い」とか「少ない」「愛してくれない」「理不尽」と不満を感じる


でもそれは基本的に世の中の人たちは自分勝手に振る舞う結果であるのだ


だから世の中を憂うときにはほどほどにしておくべきである


人口の増加に伴い地球全体のストレスの量は比例して拡大しているのだ



例えば私たちは安倍総理にコロナウィルスのトラブルに「遅い」「何もしてくれない」と怒るが、地球を半分進んだところにあるアメリカのシカゴの女性黒人ローリーライトフット市長も「連邦政府は何もしてくれない」と怒っているwww


つまり場所は違えどみなストレスを抱えて生きているわけだ

それから日本での失業者に対しての資金提供が支給ではなく、貸付であるというのも不条理なところだ

だって、非正規雇用の人たちが突然失業したのって自民党とソーカの非正規雇用推進のせいで、貯金できない水準で賃金を押さえつけてきたのも歴代の自民党とソーカじゃん?

こうなることは見越していたのにまともな支援は与えず貸付?????世の中狂ってんなwww


そしてそれは私もそうで例えば病院を受診したとき薬を受け取るわけだが、いわゆる医薬分業というやつで院内にも薬剤師がいるくせにわざわざ門前薬局に行き二度手間をかけるというストレスをすごく感じた


だって、医薬分業が何を意図して作られたかはわからないが、病院も薬局も具合が悪いときに行く場所なのだからワンストップサービスが良いに決まっているからだ


しかも医薬分業と行ってもだいたいその病院の前にある門前薬局を使うから、まるで私たちからすれば薬剤師の為に「はなれ」の建物があるようなものだwwわかるかな?別棟の部屋のことだ


薬剤師という袋詰係のために私たちは病気になると数十メートル歩くという苦労をさせられるという不条理を負っている



だけどこれに関してももう、世の中が狂っていると思うしか無い


だって病人からすればわざわざ数十メートルの薬局に行くより院内で受付の横で薬を出してもらうほうが絶対良いもんな?


これがもし、薬剤師が初歩的な診察能力を身に着けていて軽い症状に限りささっと処方せんの必要な薬を出してくれるなら私たちも文句は言わないだろうがそうじゃないから医薬分業てクソよね




私たちは世の中を間違っているとしばしば言いたくなるし憤るが基本的に世の中の方が狂っていると思わないと私たちの方が狂ってしまう


関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック