FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

九州社会主義共和国の移住案内(皮肉)

九州社会主義共和国へようこそ


日本国を形成する日本列島の一番南の大きな島九州は日本という先進国の一部でありながら中進国並みの所得水準であり(韓国と同じくらい)、実際には韓国以下の可処分所得であり、統計によれば、九州の子供の5人に1人は貧困状態にあり虐待されるかこれから虐待されるのを待っている状態で、アフリカの子どもたちとおなじように給食が唯一のまともな食事です。

九州では、世界の社会主義国と同じようにリスクをとるような起業ではなく安定と相対的な高収入を求めて公務員や公益企業や医療関係の職を本来クリエイティブな仕事や社会を牽引するべき地位に就くべき賢い子どもたちが目指し、その一方で頭が悪い女の子は水商売か低所得を選ぶしか無いという資本主義とは一線を画する社会主義の地域です


だから麻生太郎みたいな漢字も読めないバカが九州では議員になれるわけです


何しろ若者たちは生存限界線ぎりぎりという低所得なので面白いアイディアや商品を思いついてもそれの試作品を作ることや実験店舗を出すことすらできないので資本主義の最初の段階である市場調査や小規模での実験ができないわけです

だから九州は社会主義なのです


ここ九州では人々は日本にいながらにして中進国並みの低所得を体感することができ、労働関係の法律は守られておらず、しばしば残業代は未払いになり、交通費はガソリン代にも足りず、ノルマと称して勤務先の欲しくもない商品をケース単位で自爆営業することができます、さらにそれでいて買い物するときのナショナルブランドの商品の価格も自動車の税金も日本の本州並みというインドの独立の父ガンジーがインドの独立を志したきっかけになったときのような二級市民扱いを受けることができます


九州の人たちの労働時間は本州より長く、所得水準は低く、寿命は短いです


でも安心してください


九州では鹿児島宮崎を例にできるように成人一人あたりのパチンコ・スロットの台数は日本国内よりも多いため、娯楽とあぶく銭のチャンスには事欠きません



さらに家賃や外食にかかるお金も本州と比べると安くなっていて福岡を訪れる芸能人たちはいつも「福岡は飯が安い」と言います


が、実際には福岡では飲食店は値上げすると客が減り潰れるのでそれが怖くて飲食店は何十年も値上げしていないだけなのです


さらに福岡県民がよく言うように九州では女性が美しいです

なぜなら社会主義共和国九州では低収入でブスは結婚できないため九州では生物学的に不細工は淘汰されていく段階にあるためです、まさにダーウィンの言うところの選択淘汰というやつです


福岡出身のお笑い芸人の花まる大吉がよく「福岡のブスは謙虚」と言いますが実際にはそれは生物学的に淘汰されている側だからなのです


さらに九州では女性だからという理由だけで低い給与で働いている女性が多いため九州の女性の20%は栄養失調状態にありスレンダーそのものです


そしてこれは男にも言えます


だから社会主義九州共和国では今後さらに美人と美男子が増えることが期待されています


おそらくあと50年ほどで3世代ほどの選択淘汰がおきれば九州はアジアや日本屈指の美人と美男子の住む地域になるはずです

お金を払ってまで整形して美しくなる韓国や中国に対してお金が無いブサイクを生物学的に淘汰して切り捨てて遺伝子レベルで美しくなる九州の人たち、まさにナチュラルビューティーと思いませんか?



またファッションについてですが九州では県庁所在地を除けばしまむら、UNIQLO、ライトオンという3つの服屋で服を選ぶことになるためまるで中国の人民服と同じくらい服に迷う必要がありません


さらに中高年のおじさんは休日でもなぜか作業着を着ているひとがいます


さらに生徒指導と称して高校生は教師が髪の毛が耳にかからないようにとか、えりあしがどうこうと、ひとりひとり文房具のハサミでカットして管理してくれるため髪型もバッチリ決まります


また日本国の象徴である天皇陛下と九州のかかわりですが、今の上皇陛下の平成の間の九州各県への訪問を宮内庁のホームページで見てみると

福岡が3回、佐賀が2回、長崎が5回、熊本が1回、大分が2回、宮崎が2回、鹿児島が1回となっています



そのため九州の人たちは本当に未だに日本に天皇は存在するのか?という認識でいて、基本的に天皇は正月や終戦記念日にテレビ画面の中に出てくるタレントの1人という扱いになっています


私の統計的手法による仮説では、天皇の詠んだ和歌が一つでも言える人は九州には3人くらいしかいませんが、カラオケで長渕剛を歌う人はたくさんいますから好感度や人気的には長渕剛の方が上ですね


長崎県に最後に平成天皇が来県したのが平成14年、熊本県はおなじく平成11年、宮崎はおなじく平成16年、鹿児島はおなじく平成15年とそれぞれ平成10年代で平成上皇が来県したのが最後となっているので、九州の人たちには 天皇を生で見る機会がまるで無かったためこれは仕方のないことなのです

一握りの賢い九州人のなかには「すでに平成上皇陛下はCGであり実在しない」という仮説すら唱えているものもいます


そもそも天皇陛下が九州に来県しても九州の人民は朝7時から夜9時まで働いているか通勤中で残りは飲酒かパチンコをしているため天皇陛下を見に行く時間もないし金銭的な余裕もないのです


観光に関してですが九州には廃虚がたくさんあり廃墟マニアにはおすすめです


例えば子供が就職して地元を離れたあと親が死亡し売家の看板がもう10年以上もかかったままの崩壊寸前の廃屋なんかどうですか?

あるいはつる草がいい感じで巻き付き苔が生えてまるでジブリ作品の絵みたいなガソリンスタンドの廃虚もおすすめです

さらに通りまるごと廃墟化した商店街なんてどうですか?想像力をかきたてられますよね?



そんな九州では移住者をいろいろな地域が募集しています


とくに若い子供連れの夫婦を募集していて「所得に結びつかない長時間労働」と「なんら根拠もない相手のマウンティング」を前向きに受け入れられるポジティブでコミュニケーション能力に長けた人たちを募集しています

まだ幼い子供を預けてバカみたいな給与水準で働くことを厭わない奴隷体質の人には特におすすめです


九州は本当にいいところです
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック