FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

資本主義の原則を無視してきたツケは日本にキズを残す

資本主義とはなんだろうか?いろいろな解釈があるかもしれない


だけど日本人の考える資本主義は実際には単なる自由経済であるということが多々ある


なんならクレジットカードのジャックスの公式サイトですら資本主義を誤解している

クレジットカードジャックスの公式サイトから〜〜

Q 資本主義って、そもそもどんな主義?
A 自由な経済体制のことです。
資本主義とは、働いたらその労働力に応じて報酬が得られるという制度であり、自由に経済活動を行える社会です。モノの価格やサービスの内容は市場の競争によって変動し、これを市場主義といいます。一般的には競争によって価格はより安く、サービスはより質が高くなりますが、需要が多ければ価格が上がることもありえます。
また、業績の良い会社に就職して多くの報酬を受け取る、起業して稼ぐなどの選択肢は本人次第です。成功すればたくさんの富を手にするかもしれません。しかし逆の場合、失業や生活苦のリスクもあります。
資本主義の反対にあるのが社会主義です。社会主義の国では、財産は国家が所有し、資源や労働力やモノの値段などは国が管理します。国民には労働量に関係なく、一律の対価が支給されます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



それから政治ドットコムも資本主義については認識を間違っている

政治ドットコムから〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

資本主義とは資本家(資本金を出して企業を経営する人)が労働者を雇い、商品の製作や第三者へのサービスの提供を行うことで利潤を得る経済の仕組みです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



さらに東洋経済ですら資本主義については認識を間違っている

東洋経済から〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
私たちが生きている社会は「“資本”主義社会」、つまり“資本”が第一主義な社会だ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




なんでこんなに堅苦しくとか詩的に書くのかわからんが、実際には資本主義とは一文で言えば「あるもうけ話を元にたぬきの皮算用をして自己資金と借入金で開業資金と運転資金を調達して生産財と材料を購入し付加価値を商品やサービスに乗せて製造原価に対してなるべく高い利益を得ようとし、支払う税金はなるべく減らそうと試み続けること」である


と、私は定義している


クレジットカードのジャックスの公式サイトの言うように自由に経済活動が行えるということを資本主義とするなら中国国境から商品を輸入して個人同士の経済活動を行っている北朝鮮にも資本主義はあることになってしまいますし、績の良い会社に就職して多くの報酬を受け取る、起業して稼ぐなどの選択肢は本人次第です。という点で言えば有名なライフルであるAK47を開発したアサルトライフルの設計者であるソビエトロシアのミハエル・カラシニコフ氏も戦車部隊から銃器開発に異動したという点で言うなら自由な職業選択をできたと言えます


また政治ドットコムの言うように資本家が労働者を雇い第三者に商品サービスを提供することを資本主義というなら江戸時代の日本にも資本主義はあったことになってしまう



資本主義が大事なのは皮算用という部分なのだ


逆に言えば皮算用があることが資本主義の核心部分であると言える


たぬきの皮算用がなぜ大事なのかというと、それは存在していないものに価値をつけることを認めるというものだからだ


もうけ話をもとにしてそこに株式や借入金からお金が集まることで、本来ならコツコツ貯金してようやく始める事業がいますぐ始まるから資本主義はダイナミックで社会主義に勝てたのだ


例を出そう


設備投資では一番安全な投資は今うまく行っている事業をそのまま拡大することであると言われている


だからもし、あなたが博多駅の筑紫口の近くで新しいスタイルの飲食店を開業後3年目を迎えた今、繁盛店をつくることに成功し、すごい名声と利益を得て毎日忙しく飲食店を経営しているとするときに、筑紫口の反対側である博多口にも全く同じ飲食店を2店舗目を出したいと考えたとする


しかしもし、このときたぬきの皮算用をもとに借金したり株式で資金を調達するという資本主義の核心的な考え方が博多にはなかった場合、あなたは今の筑紫口の近くで繁盛している1店舗目が稼ぎ出し蓄積する資本が2店舗目の開業資金として蓄積されるまで待たなくてはいけなくなる


そうすると2店舗目の開業にはかなり時間がかかってしまい商売の規模の拡大は1店舗目の利益率の推移に依存することになる


逆に博多にたぬきの皮算用の考え方がすでにあるなら2店舗目の開業資金を他の商売人の知り合いや銀行から調達することができるため資金調達の速度が自己資金の営業キャッシュフローからの還流よりも早いことになる


つまりたぬきの皮算用により1店舗目がうまく行っているからという理由でお金を借りることができて素早く事業を拡大できるのが資本主義のすごいところなのだ、つまり未来を現在の延長で考えて皮算用で資金調達できるのだ



このように資本主義の皮算用の評価による融資よりも社会主義は「金持ちとか王様にこんなに搾取されるならあいつらを追い出して庶民みんなの資金をまとめて生産財を使ったほうがいいんじゃね?」という考え方なので、実直すぎて富の拡大速度で劣るから負けるのだ



この皮算用で資金調達という考え方はとても強い力で、例えばいきなりステーキなんか首都圏エリアと関西エリアで成功したあと勢いよく全国に展開できたのは皮算用あってのもので、いきなりステーキがたしかに行列をつくり高い売上高の増加を見せていたとしても自己資金の営業キャッシュフローからの還流だけではいきなりステーキみたいなサクセスストーリーはなかったはずだ



で、資本主義ではもうけ話に対するたぬきの皮算用が大事なのは以上の通りであり、株式市場に株式を公開している上場企業の場合など成長期の会社など、当期純利益の20倍30倍で株価が取引されているのもたぬきの皮算用から来る過大評価そのものである


資本主義はたぬきの皮算用と過大評価を組み合わせて実体経済を膨らませている


だから信用創造とか行っても、実際には皮算用なのだ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
東洋経済の「私たちが生きている社会は「“資本”主義社会」、つまり“資本”が第一主義な社会だ」という説明なんかもはや意味がわからないよなwww


日本人は変なときにポエムを書きたがる変な国民性を持っている、例えば戦国武将も死ぬときに辞世の句を詠んだものだ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




ほんで、日本が景気がいまいち好景気にならないのは資本主義の原則であるたぬきの皮算用を無視しているからだ


日本人はバブル崩壊からの長引く失われた30年による精神的な去勢によって、もうけ話を聞いても勃起できなくなっているのだ


だから若者たちがもうけ話を語っても大人たちは投資できないのだ


さらに失われた30年の間、日本政府とバカタレの自民党のアホたちは既存の企業の当期の利益をよく見せるために若者や非正規社員の昇給や各種手当てや残業代を凍結し、ブラック企業の存在を自民党が認め、というかブラック企業の経営者こそ自民党の支持者だったため、若者が起業資金を貯められなかったため若者の起業自体が少ないし「在庫を持たない商売」というセミナー屋やマルチもどきや、信者をつくる芸能人のサロンみたいなクソみたいな商売が増えていかがわしいやつらが増えてしまった


だからもうけ話を聞いても日本人はそこにたぬきの皮算用で投資しないし、若者は起業資金を稼げないから起業も少ない


つまり資本主義の原則を日本人は無視してきたわけだ



さらにさらに日本の一般的な人たちはなぜかわからんが豊かじゃないのに保守政党である自民党を支持するというよくわからんことを繰り返してきたため、自民党が労働者の権利を破壊したり昇給が押さえつけられたり労働組合運動が弾圧されることを黙認してきた


その結果定期昇給がなくなり、そもそもインフレが日本からなくなってしまった

とくに小泉純一郎が総理大臣のときによく言われたが「実力主義」という言葉はあれは結局給与削減のお題目でしかなかった


だってインフレて生産性が上がらなくても物価が上がるというものだから、実力主義で給与削減されたらインフレ圧力も減るからだ



さらに昇給圧力を自民党が潰したからインフレがなくなっているだけなのにそれを見て景気対策と称して自民党政権は国債を発行して日本の国家の負債を増やし続けている


そしてそのたびに日本人の可処分所得は減ることになる


だからアベノミクスは私たちに届かないのだ


皮算用をもとにした事業拡大が起きず、若者は起業資金を貯められず、政府は不景気対策と称して国債を発行しまくっている


言っては悪いが、労働者に賃金を昇給させたくないという自民党とその支持者のアホたちのせいで日本はひどいことになっている


国債を発行してしまえば固定費として利払いが必要になりそれを繰り返すと年間の国家予算の中での負担が増える


しかし、国民の多くを昇給させてしまえば既発の国債の価値が下がるため実質的に国債を返済したことと同じになる


だから国民の多くを無条件で昇給させてしまえば日本の国債の国家予算への圧力も少しはおさまることになる
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック