FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

たかさんのコメントありがとうございます

たかさんいつもコメントありがとうございます、私の乱暴な文をよんで丁寧なコメントをいつもくださることを嬉しく思います

そちら北海道の天気はどうですか?ここ九州は今年は寒くてゴールデンウィークすぎたのにいまいち気温が上がりません

桜が咲くのも遅かったですし今年はなんか異常気象です

これは去年もでしたがもしかすると氷河期にでも入るんでしょうか?



事ですが、記事を連投してしまうのは、たぶん考えている時間が長かったからかもしれません
身体自体は薬を飲んでいればコントロールできる種類なので今のところは大丈夫です

入院していると、なんていうか大部屋の病室であってもカーテンを下ろして実質的に1人でいるといろいろ考えるところがあったんですよね


とくに病室みたいにまわりもなんらかの病気で苦しんでる人が寝てる環境だとなおさら考えさせられることがいっぱいありました

というか人間は外部からの刺激がないとなかば強制的に自分と向き合わさせられてしまうのですね、中国の古代の仙人が誰も尋ねてこれないような山奥で修行するのもよくわかります、1人でいるとむしろゆっくりできるどころか頭の中がパニックになっていました
つまり頭の中で急速に整理が進んでいたわけです



1人でいるのに考え込んでしまうと言うと、偉人の西郷隆盛は働き盛りのころに島流しにあい、南の島で檻に入れられ寄生虫に感染するというひどい目にあいましたが代わりに檻の中で自分と向き合うことで自分の中での生き方と思想みたいなものをかためましたよね

私の場合は短期間でしたが今だと西郷隆盛の気持ちが少しわかります


喧騒と家族から離れて1人になったからといって何も考えなくなるってことはなく、逆に1人でいるからいろいろ考える事になってしまったというのがホントのところです


病気は辛いですが入院している中で自分の中での考え方や欠けていたものに反省し向き合えたのは逆に幸運なことだったと思います


さらに私は今後叶えたい夢も見つけることもできました、実はわたしは20代前半ですでに子供の頃からの夢を叶えたことがあり、自分にとっての夢というものを自分でクリアしたせいで失くして意欲の低下というか無重力というか軽い無気力の中にいたのです


だけどもこれからは新しい2つ目の夢を追うことができます

実はそのことを嬉しく思っています、なぜならわたしは一つ目の夢を叶えたので2つ目の夢がほしかったからです


病院で病人をたくさん見ているとわかりますがほとんどの人は他人の会社で他人のためにあまりに長く働きすぎているせいで、夢を叶えるための自分の時間が無いし、とくにここ九州では低賃金なのでお金も無いため夢を叶えるという言葉は「心から望む目標を叶える」ではなく「就きたい仕事を選ぶ」とか「乗りたい車を退職金で買う」と同義語になってしまっています


だけど私は1つ目をすでに叶え、2つ目を追うことができます、1つ目は自分のための夢でしたが、これから叶える2つ目は世の中のための夢です

だから今はワクワクしているのです




そして今まで集中して読めなかったマイケル・ポーターや経済の本をやっとほんとうに集中して読めたのもよかったところです

皮肉ですが病気を忘れるために本に集中して読んだので、分厚いマイケル・ポーターの本に集中できたので久々にまともな読書ができました、普段は集中力が落ちまくっていたので読書をするときにはふせんやペンでラインをひきながらようやく読んでいたような状態だったからです

当然ですがそんな読書は頭に残るいい勉強とは言えませんよね


そして病院の良いところは「自分よりひどい人をいつでも見つけられる」というところです

病院て歩き回るとわかるのですが24時間いつでもほんとにいろいろな人がいるのです

病棟には病でうつろな顔をしてベッドに横たわり寝ている人がたくさんいて、夜中でも救急車がひっきりなしにやってくるし眠れない老人は午前2時に廊下をパタパタと音を立ててスリッパで歩き回るし、意識が混濁した重病人が大声でなにかを喚くし、毎日朝になれば、病院の駐車場は満車になるのです


さらにレントゲン室の前では今レントゲンを撮っている人の家族がレントゲン室の前で医師の説明を受けながら泣いていたりします

それら全部はテレビ朝日やTBSの作り物の空虚な医療ドラマよりもリアルな迫力がありました


だってドラマじゃなく匂い触覚も感じる演技なしのリアルな出来事だったからです

だから私の場合はあまりにマイナス面を見すぎてむしろ逆に前を向かないといけないという気持ちになりました


皮肉ですが入院して気力が少し回復してきた気がします



最後にたかさんの気づかいを嬉しく思います、たかさんはじめ読者の方にこれからもこのブログを見てほしいですやれる範囲でがんばりますので応援おねがいします
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

返信ありがとうございます
というか、記事になってますが
あなたが、コメントと記事を間違うはずない
ですよね?
わざわざ記事にしてくれてありがとうございます^^
タイトル見たとき、正直びっくりしましたw

たか | URL | 2020-05-23 (Sat) 11:34 [編集 ]


Re: タイトルなし

ですか?でもコメント欄だと見落とされるかもしれなかったので記事で書いておきました、今後もよろしくおねがいしますね(^o^)ノシ

スターチ | URL | 2020-05-23 (Sat) 13:51 [編集 ]


 

トラックバック