FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

パチンコ屋は繁華街に相性最悪なので潰すべき

私の地元の県では幸いながら、未だに商店街が息している

高齢化比率が高いので老人の消費者が多いのと、平地が少ないので大型店の出店が少なかったのが理由である

しかし、最近、商店街の一番いい場所にパチンコ屋ができた


私は自由経済の信奉者なので、土地の所有者がいかなる商売に土地を貸しても自由だと思うし、
国立公園を除く全ての土地は最も高い経済価値を見いだせたものに利用されるべきだとも思っている

しかし、パチンコ屋は繁華街に相性が悪い

その原因は、高い収益力に原因がある

「お金を儲けたいならお金を扱う商売につけ」という言葉がある、つまり、銀行やら消費者金融、証券会社のことだ。


事実、日本の長者番付も消費者金融の金貸しが多い(だから廃止された)

パチンコのすごい点はお金を返す必要が無いというところだ

むしろ取り上げる方が多い

釘に向かって電動で打ち上げられた金属の玉に夢をかけて借金に走ったり一家離散になる人までいるほどだ

遊戯客は手首をひねるだけであり、そこには知識も教育も関与する隙間はない

あっという間に4、5万円すられることは普通だ。

これが銀行であれば、沖縄で入金されたお金が北海道で引き出せるように全国のATMに1万円と千円札を詰め込まなくてはいけないし、消費者金融であれば滞納者になんども電話をしなくてはいけないし、場合によっては裁判に訴えることもある。

パチンコではそんな手間がいらない



遊技台に誰もが千円札を突っ込んでくれて、それを取り上げるだけだ

大体、公営以外のギャンブルは違法なのだが、政治との癒着のせいで生き残っている



パチンコ屋は商店街と相性が著しく悪いので、商店街と似たような商法のショッピングモールであるイオンの店内には
パチンコ屋は無い

イオンは売り場の貸出面積以外にテナントの売上に比例して歩合でも賃料を得ている、なら、売上高の多いパチンコ店をテナントに誘致すればすごい儲かるはずなのに…である



全国の市長や知事に言いたい、パチンコ店を野放しにしている場合じゃない、
パチンコ店が商店街にあれば他の店舗の売上が低下するし、優良な立地が正当な商売では無く、パチンコ店に埋められてしまうので、顧客の回遊性が低下して繁華街が衰退する

そうなったら、公務員の給料の原資である固定資産税が払えなくなった順に廃業して逃げ出していくので、
最後には公務員が人数削減給与削減をするしかなくなる

パチンコ店の営業許可をなんとかして取り消すべきである

何より大きいパチンコの害は「希望を失うこと」であると言える


コインや玉を機械に投入するときに無意識のうちに「当たってくれ」と人は願う
そして何回も、何回も連続して裏切られる

そのうち何も期待しなくなる、そこにはただいつ来るかわからない「天井」を求めてコインや玉を投入し続ける中毒者が出来上がるのである




関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック