FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

ドローンに免許?日本政府はバカかwww

日本政府はドローンの市街地の上空などの飛行に操縦免許を導入することを決定した

しかしこの操縦免許はドローンの進化の本質から遠ざかるだけで恐らくドローンの日本国内での普及を妨害するだけになる可能性が高いと私は見ている

 政府がドローン操縦の免許制度を2022年にも設ける方針を固めたことが30日、分かった。操縦者の目が届かない距離で、市街地上空を飛ばす場合など危険を伴う利用には取得を必須とする方向だ。一定の年齢制限と有効期限を設け、学科と実技両方の試験を課す。  共同ニュース


現在すでにドローンはプログラムによって動かそうという使い方が模索されていて、手動操縦よりもより自律飛行に対して期待がかけられている


なぜ自律飛行がいいかと言うと、プログラムによりドローンが自動で飛行する事ができれば一人の人間が複数のドローンを操作できるからだ

例えば高層マンションの下に車で乗り付けてドローンに荷物を運ばせ各部屋のベランダに荷物を置いてこさせるみたいなサービスを手動操縦だと一度に1機しか動かせないので大変だがプログラムで同時に5機程度のドローンにやらせればすぐ終わることができる


例えるなら1匹の犬にリードをつけて散歩するのと、たくさんの羊を牧羊犬でコントロールしながら遊牧することの違いだ

プログラムがうまく出来ていれば人間は運転席から動かずにドローンに全て任せることもできる


こんなかんじでドローンからのカメラ映像で操作するのではなくドローンがプログラムに従い飛ぶのがドローンの未来なのだ


だから今更操縦免許がどうのこうのは時代遅れで、むしろドローンのプログラムを技術適合か不適合を判断する組織を作るべき段階に来ていると思われる

つまり個人のドローン操縦技術じゃなくプログラムの可否を判断して飛行許可を出すというわけだ


ドローンは無人機と言われているが、操縦もプログラムになる未来の方に人間も適応していかないといけない
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

免許管理、推進のための
なんとか協会とかできるんじゃないですかね
総務省と国交省で喧嘩しそう

たか | URL | 2020-04-01 (Wed) 13:38 [編集 ]


Re: タイトルなし

> 免許管理、推進のための
> なんとか協会とかできるんじゃないですかね
> 総務省と国交省で喧嘩しそう


多分そうでしょうね、でも将来的には免許の有無じゃなくて人間は簡単な指示をドローンにするだけでドローンが勝手に動いてくれる時代が来ると思います

スターチ | URL | 2020-04-01 (Wed) 15:26 [編集 ]


 

トラックバック