FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

ダウ平均株価のA波は終わりか?それともすでにB波の中か? アックマン死ぬ気か???

ダウ平均株価2020年3月25日ソシアルアドバンテージ

私の分析だとエリオット波動で言えばダウ工業株30種平均はA波の修正を5つの波で終えたあるいは途中と判断した(正解かどうかはどうせすぐにわかる!訂正はせん!)


5つの波で下げるとエリオット波動によればB波はジグザグで上がるだろうから私の苦悩はまだ続く


せっかくの日経平均の暴落で稼いだ今年の含み益は雪解けの雪のように溶けていく時期を迎えているwww
なんて


東北の皆さん!春だべぇ!


私としてはコンパクトなB波を望むけど恐らく、そうも行かねんだべが(^_^;)(なぜか東北なまり


B波よ、静まりたまぇえええええええ

と思いながらも私の目線は先を見ている



エリオット波動によると、それぞれの波は大きさを同じくする傾向があると言われている


つまり10年間のトレンドは1週間じゃ修正されないというものだ


そしてエリオット波動のB波てどんな波?かというと、エリオット波動の本によれば「B波はまやかし」そして「愚かな機関投資家の自己満足の表現」と書かれている



でもさ、稚拙なエリオット波動の分析で俺はB波と見ているけれども、すでにウォーレン・バフェットはデルタ航空の株を買ったしビルアックマンもスターバックス株を買ったよな?


思うんだが仮にエリオット波動の分析がB波の始まりでもウォーレン・バフェットにかかれば株式市場なんて平気で数パーセント動かせるんじゃないか?と私としては思い始めている


どう考えてもウォーレン・バフェットは愚かな機関投資家じゃないよな?


私としてはこれからB波でダウ工業株30種平均は上昇したあとC波でさらに下げると見ているんだがウォーレン・バフェットが株式市場を動かす力を持っているならエリオット波動も今や時代遅れなのかもしれない
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック