FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

フィリップモリスが債務超過に陥る

日経新聞によるとタバコ会社のフィリップモリス(MO)、航空機メーカーのボーイング(BA)、マクドナルドなどが債務超過に陥ったようだ


つまり、自社株買いと配当金の合計が純利益を越えてしまったというわけだ


アメリカではしばしば株価を上げる手段として自社株買いが行われているが、この場合借金してまで自社株を買い配当金を払ったほうが純利益を会社の中にとどめておくよりも有利だと経営陣がはんだんしたと言うことだろうか?


アメリカでは成長の限界に達した企業は安定したキャッシュフローを元に借入金を増やすことで同じ売上金であってもROEを引き上げる行為をよくやる

企業は売上高から借入金の金利を差し引いた後に税金を計算して納税するので節税効果もあるからキャッシュフローが安定した成長限界に達した企業は負債を増やすと有利になる


でも債務超過は基本的にはあんまよくない

フィリップモリスなんかもタバコの消費量の先行きに不安があるからだ



詳しくは



おすすめ!
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック