FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術なんて信じちゃダメ

株式投資の初心者は単に知っているから、あるいは大企業だからというだけの理由で儲からない株を何年間も平気で保有する

中にはもう10年以上昔に発行された本におすすめ銘柄とあったからという理由でその時代遅れの株を掴み続けているということも珍しくない


以前、億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術という本を読んだ時にその中でケーススタディとしてフレディマック(連邦住宅金融抵当公庫)というモーゲージ証券をまとめて束ねて金融商品にするという会社が上げられていた





しかし、そのフレディマック、2008年のサブプライムローン問題により経営が悪化しあっという間に無価値になってしまった

フレディマックが儲かっていたのは住宅ローンという低リスクの商品を大量に処理していたからで、ダメになったのは低リスクのはずの住宅ローンに大量の粗悪品が含まれるようになったためだ


連邦住宅金融抵当公庫フレディマックを億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術にしたがって買っていた人はとんでもない大損をしたはずだ



億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術によればフレディマックはROEも高く、予定通りなら毎年毎年10%以上株価が伸びる会社のはずだった


でも、今じゃフレディマックの株価は5ドル以下


これはトレンドラインを気軽に延長してしまうから起きる現象だ


株価や売上高やROEにそのまま延長線を引いてしまうからこうなる

赤ちゃんが3kgで生まれてから高校生の17年で60kgに成長するからといって次の17年後に20倍体重が重くなるかと言えばそんなことはありえない

関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

僕も、まだまだ初心者なのですが
最初に買ったのがアマゾン グーグル ビザ アップルでし当時のピカピカ株ですね
株知識ゼロに近かったのですが、
案外間違ってなかったのかな w

たか | URL | 2020-02-09 (Sun) 14:29 [編集 ]


 

トラックバック