FC2ブログ
 

<米国株アメリカ株テクニカル分析ブログ>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

東京オリンピック2020に欲しい競技

どれだけ表面を繕っても、オリンピックは結局世界規模の運動会に過ぎない。

今回はオリンピックにあったら良いな、な競技をピックアップする

NO1、ツイスター

ツイスター(Twister)は、アメリカのハズブロ社が発売している、体を使ったゲームである。
スピナーと呼ばれる、ルーレットのような指示板によって示された手や足を、シートの上に示された4色(赤・青・黄・緑)の○印の上に置いて行き、出来るだけ倒れない様にするゲームである。

競技というのは、ある意味で残酷なもので、相手との実力差を見せつけられるものだ

しかし、ツイスターにはルーレットの要素があるので、強くて、運の良い本当の「勝者」しか勝つことができない。
何よりツイスターは楽しい

NO2  ランニングマシーンマラソン


田舎の綺麗な池のほとりならともかく、排気ガスまみれの都市を走る皇居ランナーなんて自殺行為としか思えない。
アスファルトのホコリが肺にたまってしまう

ランニングマシーンマラソンであれば、室内のエアコンの効いた空調の中で思う存分実力を発揮できるというものだ

NO3  テトリス


ロシア生まれのこのゲームは時間の試練に耐えられる飽きのこないゲームで、21世紀の現在でも多くの人びとにプレイされている。
私がテトリスが好きという理由だ

NO4  フラッシュ暗算


鍛えられた人間の脳みそはコンピューターを超える
世界のフラッシュ暗算の精鋭を見てみたいという気持ちが大きい

NO5トランプ

ニンテンドーのビデオゲームがゲーム業界を席巻する前、ゲームは紙で出来ているものだった
トランプを使ったゲームがオリンピックにあってもいいと思う
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック