FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

グレタをおちょくる財務長官

気候変動問題の解決に奔走しているスウェーデン人グレタさんをアメリカの財務長官がグレタさんに皮肉を言ったそうだ、その中身は「まず大学で経済の勉強を」というものだ


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
記者会見でグレタさんの温暖化対策の訴えについて問われたムニューシン長官は、「彼女はチーフエコノミストかい? まず大学で経済を勉強してきてから、我々に説明してほしいものだ」と皮肉った。

ロイター通信
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


しかし日本人が過去10年間で学んだように、大学で学べば賢くなるというのは実はそうではなく、一部の大学の教授は大学まで親の金で出て学んだのになぜか基礎を私利私欲や偉い人の圧力によって無視し始めることがあるということを私達は注意しないといけない


例えば竹中平蔵なんかどうだろうか?

竹中平蔵は雇用の流動化を常に意識して行動してきて非正規雇用を広めることに人生を費やしてきた


竹中平蔵はまるで職を転々とすることが望ましいことのように国民や総理大臣を洗脳してきた

私としては流動化が進んだら国民の賃金水準が下がるじゃんかと思うんだが、竹中平蔵は一貫して言い続けてきた

しかし、竹中平蔵が経済学的に言って商品は供給が増えたら価格はさがるという需要と供給という重要な考え方をあえて、無視していることに誰も気づかないのは私には歯がゆさを感じると同時に偉大なサギ師の腕前に感服すらしてしまう

竹中平蔵は人材派遣会社の関係者として自分の利益につながることを言っているだけなのだが、今でも彼を崇めている人は多い

みんなが転職をしたがる社会は人材派遣会社を儲けさせるし、常に転職したい人がたくさんいれば初任給も低くていいし、そこにしがみつく人がいなくなれば昇給も与える必要がなくなる

だから竹中平蔵は自分の利益に基づいて喋っているだけで大学で学んだ経済学についての知識や理論を一切無視して喋っているということになる

これは自分の利益と全体の利益は違うからということが原因だ


で、他にも大学でめっちゃ勉強したのになぜか自分より低学歴で倫理観も人格も金銭感覚も劣る男である安倍ちゃんや麻生太郎を擁護するために屁理屈を考え続けるハメになってしまう官僚や、御用学者と言われながら、なぜかプルトニウムは飲んでも無害という物理学の基本を無視する東大教授とか、大学を出たのにその学問の基本を無視するオジサンは社会にはたくさんいる


これは優れた戦略や体制を持つ会社がその優れた戦略ゆえに大きくなりすぎて優れた戦略や家族的な雰囲気を失ってしまうことと同じで、現実社会では中途半端に賢いオジサンほど出世すると自分のポジションや利益に振り回されてしまい本来の学んだ知識に反することを話すハメになってしまうのだ


だから偉い人たちが経済学を学んだからと言って正しいことを喋っているとは考えないほうが良い


おとなになると職場の都合とか上からの命令で原理原則すら無視することになることはよくあることだからだ
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック