FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

上念司がバカ向けに1時間で読了できるうすっぺらい集金本を発売

上念司が誰も書けなかった日本の経済損失 という本を発売したらしいのだが、薄っぺらくてだめだねこれ



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


単行本
¥1,430

単行本: 223ページ
出版社: 宝島社 (2020/1/16)
言語: 日本語
ISBN-10: 4299000587
ISBN-13: 978-4299000583
発売日: 2020/1/16
梱包サイズ: 18.8 x 13 x 2.7 cm
おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 148位 (本の売れ筋ランキングを見る)
1位 ─ 日本経済入門

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


なんでダメかというと、上念司がリツイート引用してるコメントを見てほしいのだがそれがこれ

上念司誰も書けなかった日本の経済損失


1時間で読了できる


1時間で読了できる…


これを読みやすいと受け取るべきか、それとも中身がなくて流し読みしやすいだけと見るかはあなた次第だ


でもね、223Pてことは1時間で読み終わるには1分で4ページも進まないといけない計算なんだけれども、漫画ならともかく文字ばっかの本で、本てそんなに早く読める?


相当うすっぺらい本だよこれは、この書評ならブックオフの100円コーナーにすぐ並びそうだからすぐ読めそうだ


しかもこの誰も書けなかった日本の経済損失、恐ろしいのは事実を改変してるところ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
誰も書けなかった日本の経済損失 レビュー
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

まず地震後、全電源が停止したことによって、人工透析を受けている人、ICUで処置中の人に多大な迷惑がかかったという。電源喪失は人の命に関わる問題であることを再認識すべきだ。とあるが、地震が発生したときに泊原発が外部電源を全部喪失したことは敢えて無視あるいは上念司はそれを知らないのか?

泊原発が動いてれば停電にならなかった、じゃなくて、そもそも泊原発が外部電源を8時間喪失したということはもし運転中ならやばかったというリスクがあったということだ


そこを敢えて無視してブラックアウトの原因は泊原発の運転停止だったと書くのはアンフェアすぎる


下手したら早くも2回めのメルトダウンを起こす恐れすらあったことを無視してよくこんな本をかけたな上念司よwww


1時間で読み終われるってことは1430円を1時間で使い切るってことだからコスパ最悪じゃねえか

もう少し読み応えのある事実にそった本書けよ

これならブックオフで立ち読みするだけで十分だ


と、思ったけど多分これ信者のお布施するための本であって一般人はそもそもターゲットじゃないのか

幸福の科学とかのトンデモ本みたいな扱いだな、これは
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ご承知かもしれませんが、
当方 北海道在住です
泊原発稼働してたらって、道民に失礼じゃないですかね。。
原因そこじゃないんですが

223ページ1時間って。。。なんじゃそりゃ 
最近やっとピーターリンチ読んだんですが、
少し読むたびに考えさせられましたよ
ウィリアムオニールはもっと時間かかったw


たか | URL | 2020-01-21 (Tue) 19:29 [編集 ]


Re: タイトルなし

> ご承知かもしれませんが、
> 当方 北海道在住です
> 泊原発稼働してたらって、道民に失礼じゃないですかね。。
> 原因そこじゃないんですが
>
> 223ページ1時間って。。。なんじゃそりゃ 
> 最近やっとピーターリンチ読んだんですが、
> 少し読むたびに考えさせられましたよ
> ウィリアムオニールはもっと時間かかったw


初めて読んでる時に理解できずに辛くなるとか時間がかかる本は新しいことを学んでる証拠ですよ!、脳みそは一定年齢を越えると新しい情報をインプットされることを拒絶しはじめるらしいので新しいことをなかなか受け入れられないそうです



私は理解力が低いのでパンローリングの本をコクヨのノートに般若心経のごとく一言一句そのまま書き写すという詰め込み教育を数ヶ月間したことがあります


ただ大事なのは読んだことを実践できるかどうかってことです、これがかなり難しい、特に日本人て加工貿易の国だけあってなんでも無駄に自分好みに改造したがる癖があるのでせっかく高い本を読んでもそのまま受け入れられないわけですwww、そのへんはブログ村のブログタイトルにバフェットをつけてるくせにバークシャー株を買わないアホたちを見ていればわかると思いますが


ビル・ミラーという人の本(ビル・ミラーの株式投資戦略―S&P500に15年連勝した全米最強の投資家)がおすすめです、山田太郎みたいな名前のアメリカ人の投資家ですがデルとかAOLとかのアメリカのハイテクバブルの時に大儲けしたファンド運用者で、ビル・ミラーでニュース検索して貰えばわかりますが90年代から未だに活躍しているすごい投資家です

海の物とも山の物ともつかぬものを分析するのが得意な人でビットコインやアマゾンに最初からガンガン投資してきた人です

残念なことに中古でしか買えませんが一読の価値があると思うのでブックオフなどで見かけたらぜひ読んでみてください

スターチ | URL | 2020-01-22 (Wed) 01:50 [編集 ]


ありがとうございます
ビルミラー調べてみます
ちなみに、ラリーウィリアムズは
全く理解できませんでしたw 。。。

この書き込みに返信は、いりません

たか | URL | 2020-01-24 (Fri) 15:07 [編集 ]


Re: タイトルなし

> ありがとうございます
> ビルミラー調べてみます
> ちなみに、ラリーウィリアムズは
> 全く理解できませんでしたw 。。。
>
> この書き込みに返信は、いりません


ラリー・ウィリアムズは私も読んだのですがあれはおそらく高度な確率論をまとめる能力が必要なのであれを実践できるのはおそらく厳密に考えられた理論に基づいて株式市場をスクリーニングしてくれるコンピューターを使いこなせる賢い人じゃないと無理だと思います

それこそプロのディーラーみたいにブルームバーグやロイターのプロ用端末を契約してデータをかき集めて独自の複雑な理屈を実現できるプログラムを書ける人がやるようなもんだと思います

ラリー・ウィリアムズの本はイマイチちんぷんかんぷんすぎて枕にするぐらいしか使いみちがない本です

スターチ | URL | 2020-01-24 (Fri) 17:12 [編集 ]


 

トラックバック