FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

なんで私有化を民営化っていうのかな

宮城県仙台市の水道が民営化されることが決まったそうだ



でもこの民営化という言葉、私は正直しっくりこない

なぜかというと、民営化というとまるでみんなのものになるイメージがあり良いことのような気がするけれども、実際のところ民営化とは一部の人達による私有化にほかならぬものであり、公共事業を民営化することが素晴らしいとする風潮は正直FUCKだね、と私は思う


まず、民営化というが、それは必ずしも良いものではないということをみんな理解するべきだと思う


そもそも民営化すると称してその実はただの株式会社化しただけという民営化がとても多いことを確認してほしい


例えば首都圏の地下鉄である東京メトロ(東京地下鉄株式会社)は株式会社となっているが、その株主はというと財務大臣(財務省)と東京都で合計100%である


次に大阪府の地下鉄である大阪市高速電気軌道もさんざん民営化しましたよと言っておいて、実際のところ未だに株主は大阪市が100%の株主で、民営化ともてはやした割に未だに大阪市の支配下にあることには他ならず、組織形態が株式会社になっただけにしかなっていない


同じく全国の高速道路のネクスコもこれまた民営化とは名ばかりでまだ政府保有のままだ


で、このなんちゃって民営化、偽装民営化は自治体の株式支配下にあり組織形態が変わるだけならなんも変わらなくない?と思うかもしれないが、株式会社化してしまうと今度は自治体の一部分では無くなるため、企業として納税をしないといけないという義務が発生してしまう


つまり、民営化してしまうと企業扱いになり、やってることは同じでも企業としての納税を始めることになるため、民営化した結果その組織は納税を始めることで資金繰りが変わることになる

だから、自治体の組織の一部分なら儲かった分のお金はつみたてておいたり自分の組織の為に使えるわけだが、株式会社化すれば納税をするためその分マイナスが発生してしまう

そしてやってることは変わらないのに納税の分お金を差し引かれるわけだ



だから大阪メトロが民営化なんていって大阪維新の会が成果のように言っているが正直メリットデメリットを勘案して微妙であると私は思う


なぜなら交通って都市にとっては血流みたいなものなので、それを自治体がコントロールできなくなるというのは正直大きすぎるデメリットではないかと私は感じるからだ



次に株式を公開化した場合なのだが、公営事業を公開するとヤバいのは民営化された公営事業はしばしば外国の巨大な投資家に買収対象にされてしまうということで、優良な事業に限って外国の富豪や投資家に買収されてしまうことがある


例えばクウェート投資庁やカタール投資庁それから世界各国の年金資金を運用するファンドなどの機関投資家や以前から何度か書いた香港の李嘉誠のような富豪がそうだ


政府系の投資機関は巨大な資金を運用しているため、運用先も巨大である必要がある

そのため先進国の国有財産が民営化されると世界各国の政府系ファンドが群がってくるということがしばしばある

その結果、地元の住民の生活の必需品であるような電力や水やガス会社が海外の富豪や政府系ファンドに長期で保有され、値上げが住民をおそうということが良くある



しかも政府系ファンドや海外の富豪は投資センスが高いため


一度買収されてしまうと不都合が生じても取り返すことはほぼ不可能(割高な買い戻しをすることになる)だし、世界には相続税が無かったり税率がとても低い国があるため、そんなやつらに国内の公営事業が売り渡されたが最後、恐ろしいことになることは確実だ


だから民営化はかなり高いリスクが伴うことを考えていない政治家が国益や地域の利益を破壊することは十分ありうることだ


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
おすすめ記事まとめました👇
おすすめ記事まとめてみた
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1061.html
おすすめ記事まとめてみた その2
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1062.html
おすすめ記事まとめてみた その3
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1064.htm
おすすめ記事まとめておきました その4
http://dispatchtomain.blog116.fc2.com/blog-entry-1118.html

l
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

郵政民営化、最悪でしたね。。
オーストラリアの物流会社買収とか。
あげくには詐欺、詐欺、詐欺

ちなみに、駅弁おいしかったのは武雄温泉です
また、来年行くかもw
当地からは、ちと遠いんですけどね

たか | URL | 2020-01-16 (Thu) 21:30 [編集 ]


Re: タイトルなし

> 郵政民営化、最悪でしたね。。
> オーストラリアの物流会社買収とか。
> あげくには詐欺、詐欺、詐欺
>
> ちなみに、駅弁おいしかったのは武雄温泉です
> また、来年行くかもw
> 当地からは、ちと遠いんですけどね

佐賀 温泉 で出てきたのですぐにわかりました、夜中に見るのは飯テロ画像ですよあれはwww


民営化についてですが所有権は誰のものなのかと税金がどうなるかを考えるのが民営化のミソです
非公開で株主が自治体や省庁のままなら結局天下りは続くし、逆にコントロールができなくなることがデメリット

国有財産を株式会社化したり民間企業に売るときはよほど丁寧に細かく基準を定めないと民間企業に現金をそのままあげるよりもひどいことになってしまうことが多々あります


産油国とか発展途上国の富豪なんか下手な先進国の大企業の創業者よりもお金持ちなのでオーストラリアとかイギリスとかカナダの民営化にしばしば喰らいついて積極投資をしてるのをニュースでときどき見ますね


イギリスなんて港もガス会社も電力会社も電話会社も外資に襲われててヤバいですよ、よくネトウヨがサムスンは株を外国人に買われてヤバいと書いていたのを以前見ましたが、イギリスなんかインフラがそもそも外資に買われてるんですもん


イギリスの国民的なスポーツのフットボール(サッカー)も外国人オーナーばっかりで有名なチェルシーのオーナーのロシア人アブラモビッチ氏やレスター・シティのタイ人富豪ウィチャイ氏、マンチェスターシティがアブダビ人の富豪シェイクマンスール氏のように外国人オーナーの投資先にされてしまってチケットが値上げされて、貧乏なイギリス人は以前は地元チームの試合をスタジアムの安い席で見てたのに、今はテレビで見るしか無いみたいなひどいことになってるそうです

スターチ | URL | 2020-01-16 (Thu) 23:18 [編集 ]


 

トラックバック