FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

ガッサー!! やっぱ配当目当て投資はクソ

日本の税制によれば株式投資家はかなり弱い立場にある

ただでさえリスクに資金を晒す行為を日々繰り返していてなにもしなくても含み損を抱えている人すら多いわけなのだが、そこに対して日本政府は20.315%も課税をしてくる


そのため配当目当てで投資した人は年に数回の配当に対して常にリスクを引き受けるという苦痛と引き換えに配当を受け取るわけなのだが、日本政府はそこからガッサーと気軽に20%も税金を取り上げていってしまう


私も高配当の株を持っているのだが配当の明細を見るとその税率のあまりのむごさにビビってしまうほどだ

なんせ配当された金額と受け取る金額があまりに違いすぎるからだ

さらに重要なのは配当目当ての人ほど1年中あるいは買ったら半永久的に株式を保有しようとするということで、四六時中世界の経済政治軍事リスクにさらされているわけなのだが、それってつまり世界のあらゆる災難から被害を受ける可能性があるということに他ならない


だから配当目当て投資家は世界の気象や政治や軍事や経済などあらゆる面で世界平和を祈るしかないwww


そしてそんな苦痛に耐えながらようやく受け取る配当に20%課税、日本政府お前は馬鹿かwww


配当に対する日本政府の課税の厳しさとは投資家にとっては熊手で心臓を掻きむしるに等しいダメージだ

中国本土株の株式の税金は10%、アメリカの株式の税金も10%なのに日本だけ20%!

世の中にタックスヘイブン(租税回避地)と言うやつが有るとすれば日本はタックスヘル(税金地獄)だ

20%も課税している日本の株式市場が低迷するのは当然だ


ガッサーと気軽に投資家の配当から20%も取り上げてしまう投資家冷遇日本、一体何がしたいのか理解不能だ

関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

10年くらい前まで10%でしたっけ?
個人的には非課税でもいと思いますよ
世界中で余ってる金が、めっちゃ流れ込んでくるでしょう

たか | URL | 2020-01-10 (Fri) 11:36 [編集 ]


Re: タイトルなし

> 10年くらい前まで10%でしたっけ?
> 個人的には非課税でもいと思いますよ
> 世界中で余ってる金が、めっちゃ流れ込んでくるでしょう

私としては株式市場が低調なときは非課税にして株式市場が十分に加熱したら30%かけるというやり方がよいと思いますよ

つまり株式市場が低調なときは非課税で世界の投資資金を集めるだけ集めてから株式市場が加熱し市場参加者が利確するときには税金が高いという太らせてから殺す方式にするのが理想というわけです


それか個人の毎年の配当が〇〇万円までは免税というのもよいかもしれません

スターチ | URL | 2020-01-10 (Fri) 12:44 [編集 ]


 

トラックバック