FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

国富は守られた! イランが安倍総理の観光旅行を阻止する

中東情勢の緊迫化を受けて安倍総理と官邸は総理の中東への外遊を中止を決定した

外遊とはなにかといえば日本語では税金で海外に行き行く先々でお金をばらまくという意味がある(嘘


イランとアメリカの緊張と報復により今中東へ行くのは得策ではないと判断したようだ


このことを受けて私はホッとしている


なぜかというと安倍総理が外国に行くと、その粗末な外交能力を補うために日本からお金をばらまく協定を行く先々で結ぶため、安倍総理が外国に行けば行くほど日本から国富が流出してしまうことになるからだ


しかも安倍総理の場合しばしば相手国の経済力に見合わない金額を貸し与えたりするため、当然返すことができないため安倍総理はしばしば相手国の借金を棒引きしてあげるという不良債権づくりをしていることになる



しかも外交戦略も節操も無いため、ユダヤに金を与えた後にアラブに金を与えるというお前はなにもんだ?みたいな節操のないバラマキをするため、安倍総理が行けば行くほど諸外国からは節操の無いクソ野郎の国として日本が見られてしまい国益を害して軽蔑を受けてしまうことになる


しかも安倍総理はお金を上げているのに(あげているから?)ナメられるタイプなので、イスラエルでは靴の形のデザートを食わされるという侮辱を受けて来たこともある

イスラエル安倍総理靴2020年1月8日

これは世界のどこでもそうだが「靴を食え」というのは最大級の侮辱である

そもそも安倍総理は世界的な靴コレクターだというわけでもない

なのに靴を食わされるという屈辱www


ナメられやすいタイプにも程がある


おまけに安倍総理が海外に行き開発に対する融資を提供するとどうなるかというと、発展途上国に住んでいる田舎の人たちや原住民の人たちの住む平和な田舎町や農村や森林が現地政府により工業団地や天然資源の採掘場やパームヤシや天然ゴムのプランテーションになってしまうため、地元の人達や原住民は今まで住んでいた町や村を追われるという目にあってしまう

すると貧乏だけど自然が豊かで平和だよ、という社会から日本政府の融資のせいで、朝から晩までプランテーションで働け、鉱山で働け、工業団地にできる工場で働けという社会になってしまうため、自然環境と現地の人達の生活を破壊することになってしまう


つまり地球の自然環境を破壊している要因の1つは日本政府の融資であると言っていい

もし日本政府の融資さえなければそもそもパワーショベルもブルドーザーも揃えることはできないからだ


つまりアジアにおける自然環境を保護したいなら日本政府は総理大臣を外遊させなければいいわけだw


私の概算では今回の中東への外遊の中止でおそらく最低でも100億円ほどの国富が守られたのではないかと見ている

外務省のHPを見ればわかるが、安倍総理は行く先々でなんでこんなクソ田舎の貧乏国に?という国に気軽に100億円単位の金利0.1%の円借款や無償での資金供与をしている(お前は福の神かwww


だから今回の外遊の中止で日本の国富は100億円以上の単位で守られたのではないかと私は考える
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック