<米国株アメリカ株テクニカル分析>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

本業は神父、副業は「神業」ヘッジファンド運用者を当局調査-関係者

 (ブルームバーグ):ヘッジファンド運用担当者を副業とするギリシャ正教の神父を、株価操作の疑いで米当局が調査に乗り出した。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。同神父は自分の運用手腕を「神の賜り物」と述べていた。
調査が公表されていないため匿名を条件に話した関係者によると、米証券取引委員会(SEC)はマサチューセッツ州のエマニュエル・レメルソン神父(39)を、株式を売り持ちしている企業について虚偽の情報を流した疑いで調査している。
レメルソン神父は17日の電話インタビューで、「会社やトレードに対しSECからの調査が入っているという認識はない」と述べた。SECの報道担当者はコメントを控えた。
米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が昨年10月に伝えたところによると、レメルソン神父の運用資産は約2000万ドル(約22億円)。記事の中で同神父は「これまでずっと、将来起こることを事前に予知していた。神からの賜り物だと思う」と述べている。同神父はまた、ニューハンプシャー州で開かれたタウンホール集会で、共和党からの大統領候補指名を目指すドナルド・トランプ氏に個人的に祝福を与えたとWSJは報じていた。
原題:Hedge Fund Priest’s Trades Said to Be Probed by Wall Street Cop(抜粋)



マンガに出てくる神父といえば青少年に手を出すかすごい善人かどちらかであるが
この神父は神のお告げでトレードするそうだ。

神が「買え」「売れ」を教えてくれるならこれほど心強いことはないだろう。

SECが神の存在を証明してくれることをいのるばかりだ

関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック