FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

アリエールを使うと部屋の中が化学物質に満たされる

仕事や家事で忙しい日本人は昔のように余裕を持って家事をやる余裕がない人が増えてきた

そのため家電である食器洗い機に頼ったり、便利なスマート家電に頼ったりあるいはサービスそのものをダスキンやベンリーなんかの便利屋に依頼する人も増えてきた


で、誰かに家事を頼めるほどお金がある人は良いのだがない人はどうするかというと忙しい生活の中で家事をやっている


例えば夜中に洗濯とかね


で、今回の記事ではアリエールで部屋干しをするといかに健康に悪いかをお知らせしたい


というのはアリエールは部屋干しでも臭くないと歌っているプロクター・アンド・ギャンブルジャパンの商品であるわけなんだけれども、部屋干しという天日干しとまるで違う環境でも洗濯物を臭くしないために、そのためにアリエールには化学薬品や化学物質がたくさんたくさん含まれていることを皆さんに知ってもらいたいからだ


天日干しされる洗濯物は普通朝干せば昼にはだいたい8割以上乾いているわけだが、部屋干しが恐ろしいのは水分が長く衣類にとどまり続けるため、雑菌や微生物が繁殖しやすい


そのため部屋干しでも臭くないためにアリエールには化学物質の中で特に強力なものが含まれている


その中でも特にアリエール ダニよけプラスに含まれている成分が危険である


なにがヤバいってアリエール ダニよけプラスはダニが逃げていく成分が含まれていると書いてあるにもかかわらず、具体的にそれが何なのかを書いていないということ


つまりプロクター・アンド・ギャンブルは私達消費者に何なのかを教えずにヤバい成分を添加してアリエール ダニよけプラスを販売しているわけだ


やばくない?

公式サイトの成分表示を見てほしい


プロクター・アンド・ギャンブルはダニよけ成分と書いているだけでそれが何かを消費者に教えずに洗剤を販売しているのだ


この商品を毒物と言わずしてなんというべきか?ダニすら逃げていく衣類をあなたはまとえますか?

プロクター・アンド・ギャンブルアリエールダニよけ成分 不明 危険 アリエール 香害 危険性


アリエール公式サイトの成分表示のリンク
https://jp.pg.com/products/seibun/ariel/index.jsp#ariel08


さらにアリエールに含まれている直鎖アルキルベンゼンスルホン酸塩は毒性を持っている

魚毒性
ABS よりはるかに少ないが石鹸より毒性は強い。
皮膚刺激性
OECD によると、20% 以上の濃度の LAS で皮膚刺激性ありとしている。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

次にポリオキシエチレンアルキルエーテルは法規制により規制されている化学物質である


法規制
日本では化学物質排出把握管理促進法の第一種指定化学物質(407、ただしアルキル基の炭素数が12~15のもののみ)としてPRTR制度の対象になっている。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
そしてアリエールパワージェルボールに含まれているアルキルアミンオキシドは皮膚に対して刺激が有り、はたして衣類用洗剤に使って良いのか?という毒性を持っています

そもそも衣類に付着したら服を脱がないといけないたぐいの成分で洗濯をするってバカでしょ?

アルキルアミンオキシド
皮膚(または髪)に付着した場合、汚染された衣 類を脱いで下さい。多量の水と石鹸で洗い、皮膚刺激が生じた場合、医師の診断/手当てを受けて下 さい。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


以上のようにアリエールには相当やばい成分が含まれていて、そもそも衣類に使うこと自体やめといたほうが良いレベルの強力な化学物質の液体なわけなんです


さらにアリエールにはイソシアネートという呼吸困難や皮膚疾患や湿疹それから目の不快感や視力低下をもたらす成分が含まれているため、アリエールで洗濯した衣類を部屋干しすると室内に毒ガスを撒き散らすように上記の成分が飛散し、化学物質過敏になってしまうことは避けられません


アリエールの匂いに不快感や苦手さを感じたことはありませんか?


それはあなたの体が直感で「やばい成分」と判断した証拠です


プロクター・アンド・ギャンブルは日本をまるで化学物質の実験場として使っているように思います

アリエールを販売しているプロクター・アンド・ギャンブルは日本の花王やライオンと違い、化学製品も作っている会社なので、日本のライオンや花王の商品よりもあるプロクター・アンド・ギャンブルの商品には意味強力な化学物質が含まれているのは当然です


アリエールは危険性が高いのでアリエールで洗濯をした衣類を部屋干しするのはやめといたほうが良いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック