FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

日本人は何をモチーフに入れ墨を入れるべきなのか?

日本では今、外国人観光客が増えているからという理由で入れ墨を入れている人を温泉に入れるようにするべきだという議論がある

しかし、私は最高に油断する場所である温泉に入れ墨を入れている人を入れることをするべきではないと考えているのだが、みなさんはどうだろうか?


日本でも入れ墨を入れる人はいるわけなのだが、私からみて不思議なのは、高いお金を払い痛い思いをしてまで手足に入れ墨を入れておいて、なぜか日本で入れ墨を入れている人の多くは入れ墨を隠して生活をしているということだ


本来、入れ墨を入れるというのは言うなれば一生モノのオシャレをしたと言うものであり、一張羅のスーツみたいなもんであるため、なるべく人に見せるべきだと私は思う(もちろん入れ墨に生理的に拒否感を感じる人が多いという事実はあるが)

しかしせっかく入れたにも係わらず、日本で入れ墨を入れている人の多くは暑い夏でも長袖シャツを着て入れ墨を隠して生活をしている



で、私はなぜ入れ墨を入れた人はなぜわざわざ入れた入れ墨を隠すのか?と言えばその入れ墨のモチーフの意味を聞かれた時にうまく理由が説明できないからではないか?と私は考えている


つまり、南米のギャングのように若くして死んでしまった友達の名前を刻もうとしても、安全な日本では不良であっても友達はなかなか死なないし、そもそも殴り合いすらほとんどしない


また宗教モチーフを入れ墨しようとしてもそもそも日本人は信仰心が薄すぎるし、キリスト教やブードゥーと違い仏教モチーフはなんか違う気がする、なんていうかミステリアスさがないからいまいちかっこよくないのだ


その結果日本人は入れ墨に彼氏彼女の名前を入れたり、普通に健康な家族の名前や冗談みたいなデザインの入れ墨を入れてしまう


その結果夏でも長袖シャツで入れ墨を隠すハメになってしまう


なぜならそこには人に説明できる内容がないからだ


さらに日本人が入れる入れ墨の問題点は日本人は日本語を使うという点だ


つまり漢字とひらがなとカタカナを使うわけなのだが、実はこの3種の文字、入れ墨に向かない文字だ

なぜなら漢字は複雑すぎるしひらがなはかわいすぎるしカタカナは入れ墨に向くフォントが無い

逆にアルファベットはどうなのか?というと、西洋では表音文字であるアルファベットをあえて崩したり尖らせたりして書くことでフォントを作るみたいなことがなされてきた、それはなぜかと言えば聖書を装飾的な文字で書くためだ


その結果、日本人は英語で入れ墨を入れるわけだが問題はそれを本人も正しいのかよくわからないまま入れ、しかも周りの友達もそれを理解できなかったりするw


その結果、本人も友人も理解できない文章の英語の入れ墨を「それどういう意味?」と聞かれることになり、結果入れ墨を入れた人はそれをめんどくさく感じ、入れ墨を隠して生活をすることになる


だから日本人は入れ墨を入れる時はモチーフに細心の注意を払い、どういう意味か聞かれた時に「へー」と言われる程度の説得力が持たせられなければ入れ墨を入れるべきではない
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック