FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

21世紀にプログラミングは必須の技能覚えておいて損はない

携帯電話が普及し始めた頃、まだ待ち受け画面なんてものはなく、あるのはバックライトの緑とオレンジの違いだけだった


そう、画面には文字と数字しか表示できずバックライトの色を変えることしかできなかったのだ


それから10年も経たずに携帯電話は64和音や128和音の着メロでメディアプレーヤーとしての能力を身に着け、iモードやezウェブによってゲーム機や情報端末という能力を身に着けた


そしてiPhoneによってスマートフォンとしてボタンを最小限にしぼりこみタッチパネルに置き換えてしまうという進化を選んできた

物理的な存在だったボタンはスマートフォンには最小限しかなく、キーボードは画面上の表示になってしまいブラックベリーもノキアもNECもパナソニックも富士通もスマートフォン市場でズタズタになってしまった


で、物理ボタンをタッチパネルの上の画像にしてしまった今、実はプログラミングを覚えることでスマートフォンを自分の使いたい機能を即座に持たせることができる魔法の道具にできるようになった


つまり、スマートフォンはプラットフォームになり、自分のプログラムを書くことさえできればスマートフォンをあらゆる道具にすることができるようになったのだ



これは単に、自分の欲しいアプリを探してインストールするという意味ではなく、自分の専用のアプリをカスタマイズできるようになったというものだ


今、iOSとAndroidではそれぞれ自分の作ったアプリを実機テストできる機能がついているため、これを使えば自分の作ったアプリを自分のスマートフォンで使うことができるようになっている


そのため、アプリストアに欲しいアプリが無かったり、使っているアプリに欲しい機能がなければ自分でプログラムを作ることで自分用のアプリを作り使うことができるわけだ


ただ単に株式市場が開場する時間になったらキャッシュレジスターの音がするくだらんアプリ




あるいは株取引やFXで使うようなフィボナッチ比率をそれぞれリトレースメントやエクステンションを計算するアプリ、とにかくなんでも作れる時代になってしまっている


だからすごい時代になっているわけだ


ちなみに私はといえば株式市場の52週高値をつけた株式やウォッチリストの株式をフラッシュ暗算のように表示してくれるアプリを自作して愛用している

ここでは言えないがかなり便利な機能を搭載していてもはや自動化というより自動と言っていいレベルだ


スマホのアプリで使える言語を勉強すると自分のスマホが夢の機械になる


だからプログラミングを学習するのをおすすめしたい
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック