FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

ポートフォリオが悪いと感じる時はテーマを思い浮かべるとよい

株式市場が上昇しているのに自分のポートフォリオがいまいち儲からないときには株式市場の中で上がっている株式や新高値を更新している株式と自分のポートフォリオの銘柄を見比べるといい


単純に今のポートフォリオが株式市場のテーマにあっていないとか、強気相場なのに高配当銘柄ばっかり買ってるとか、単純にポートフォリオの銘柄が誰からも注目されていないなどに注意すれば、いつの間にか自分のポートフォリオが「時代遅れ」とか「流行に乗れていない」ということに気づける


逆にポートフォリオがまるで儲かっていなくても、今後自分のポートフォリオのテーマ(例えば金に投資とか住宅建築メーカーに投資みたいな)ものに株式市場がよってきそうならそのままにしておくのも手だ

つまり、今の株式市場の上がっている株式に共通するテーマやグループを探すことが大事というわけだ


株式市場で厄介なのは〇〇の商売で世界ナンバーワンシェア!みたいな会社の株を買えば儲かるというような単純ではなく、今注目されている株!を買うことが大事という点だ


だからしばしば銘柄分析とか適正株価とかをしてXYZ株は目標株価二〇〇ドル!とかいうブログ記事を見るが、問題はそれがいつなのか?であり、そのいつがわからないからみんな苦労をしているわけだ


つまり「アメリカ株は上がったり下がったりしながら値動きしているけど長期的にみれば上昇を続けている」というのがアメリカ株式市場の全体像だとすれば問題はそこからいかにして儲けるか?というのが大事なのだ


自分のポートフォリオが株式市場を上回れるか否かは株式市場のテーマに乗っているかどうかが大事であると言える
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック