FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

スノーピークのマグカップは取っ手に注意

キャンプグッズのマグカップとして有名なスノーピークのチタン製マグカップ

220ml、300ml、450mlが主に選ばれていて、300だと小さいとか450ならお湯を沸かせるとか、ユーザーそれぞれの意見がネット上に渦巻いている


で、私は300mlのスノーピークのシングルマグカップを愛用しているのだが、実際に300mlのシングルマグカップを使っていると、220mlのマグカップにしとけばよかったかなぁとおもっている





と、いうのは容量が300mlもいらないとおもったからだ


今、路上の自販機で販売されているジョージアやサントリーのボスの缶コーヒーの容量は190mlであり、ちょうど飲みきれるサイズで一息で飲み干せるサイズであるといえる


で、私がコーヒーをスノーピークのマグカップで作るとマグカップの8分目くらいでコーヒーは250mlを作っていることになる

しかし私が使っているネスカフェゴールドブレンドの個包装のやつの説明書きをみると、ネスカフェは1杯あたり140mlを想定していることがわかった


ネスカフェ個包装スノーピーク2019年10月24日


つまり300mlのスノーピークのシングルマグカップを使う時、私が使っている個包装のネスカフェは二袋使わないといけないということらしく、300mlは実はネスレの中の人たちからしたら想定外のサイズだったのだ



だから次は220mlのシングルマグカップを買いたいと考えている




で、スノーピークのマグカップを買いたいと考えている人に私から忠告がある


と、いうのがマグカップの取っ手は二本あるが必ずどちらかが緩むということだ


スノーピークのマグカップは取っ手が針金で折りたたみできるわけだが、初めて手にとったときに取っ手部分がスカスカ開閉するため、違和感を感じると思う


しかし、私がラジオペンチでスノーピークから届いたばかりのマグカップの取っ手をあーでもないこーでもないと調整した結果、取っ手の開閉を二本とも固くするということはついにできなかった


つまり右側を固くすると左がスカスカになり左を固くすると右側がスカスカになってしまうのだ


だからアマゾンやスポーツ用品店などでスノーピークのマグカップを買った時取っ手がスカスカだと感じてもそれが普通の状態だということを思い出してほしい


スノーピークのチタンシングルマグカップは片方を固くすると必ずもう片方はスカスカになる


ちなみに両方ともスカスカにはならないっぽいから安心してほしい



関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック