FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

リスク(2)

 映画だと幸せの絶頂からどんぞこへ突き落とされるのが定番のパターンだ。
 
 同じように、幸せから始まる不幸が株式市場にもある。

 例えば合併がそうだ、A社がB社を合併する場合、B社の株主にたいして自社の株券と幾らかの現金を渡す場合が多い。

 こういった時に、ニュースが出る数日前からなんだか株価が上昇し始め、突然取引停止になる。
 そして合併が発表されると、株価は突如として30%以上も上昇することも珍しくない。

まさにロケットの打ち上げのようなチャートになる。

突然値を飛ばして、上に伸びるのだ。
こうなれば恐ろしく儲かる。
毎日こうならいいのにwww

 だがその幸福もはかないものだ。

 人の夢と書いて儚いだ。

 所詮夢は覚めるものだということを思い知らされる。

 バク上げしてから3日、早ければ2日で株価はあっという間に下げる(10%以上だ)、
砂漠の逃げ水(陽炎)のようにあなたの利益は減っていく、断言しておく、
合併の発表直後は、絶対に市場から離れるべきではない。
(実体験に基づく)
便所にこもってでも、車にこもってでもチャートを確認するべきだ。

そして、夢は終わりまた退屈な現実が始まる。
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック