FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

山本太郎は間違った前提を信じている

山本太郎の動画をユーチューブで見ていると矛盾に気付かされる

大きく3つのポイントに私は違和感を感じた

1つ目は日本政府はいくらでもお金を発行できるから破綻しない、だから公的支出を増やしていいというものだ


しかし山本太郎が勘違いしているのは「日本政府がいくらでも発行できるお金は日本円であり、他国の通貨は発行できない」という点だ


つまり日本政府が日本国債を売り日本円を受け取ることはできるが、日本政府はユーロも米ドルは発行できないという事実を山本太郎は気にしていないか意図的に無視している


日本円を政府が発行すればするほど円の価値は外貨に対して下落することを山本太郎は無視している

それはインフレではなく通貨価値の下落だ


そして通貨の価値が下落すればどうなるかと言えば輸入する石油や穀物や雑貨などのドル建て決済商品の価格が上昇し、日本人は円安により貧しい人ほど生活水準が低下することになってしまう


日本のように昇給がなくなった社会では円安で食べ物やガソリン価格が上昇するよりも円高で食料品やガソリン価格が下がったほうが貧乏な人にとっては行きやすいという皮肉な現象がおきてしまう


日本のように非正規雇用が増加しパートやアルバイトの人件費を搾取することで企業が利益をあげようとする労働分配率が低い社会では、山本太郎のやり方は貧困層をより貧しくするだけだ


重要なのは労働分配率であり、通貨を発行して公共支出を増やしても本質的な解決にはならない


経済のなかでのお金の流れの下流にいる貧困層は労働分配率が低ければ結局政府支出を増やしてもそこからお金の流れの恩恵を受け取ることはできない



これは福島原発事故の除染作業の除染作業員に対する多重階層によるピンはねで明らかだ


労働分配率が低ければ政府支出を増やしても公共事業を増やしてもなんの意味もない


むしろ貧困層に対する生活支援のほうが直接届くだけマシだ




2つ目の山本太郎の主張に対する疑問は、公務員を増やしたほうが良いというものだ

しかし、これも結局日本独特の公益財団法人とか社団法人が交通安全協会や電気保安協会のように本来公的な役目を公務員に代替して行うというわかりにくいシステムで公共サービスが運営されているから公務員の数が少ない&軍隊の兵士数が海外の方が多いというだけで、実際には諸外国とあまりかわらない


むしろ郵政民営化でわかったように、郵便の公共サービスは公務員の自爆営業で支えられていたということすら明らかになっている

郵便局員の人たちが安定した雇用と退職金のために年賀状や通販の商品や保険商品を自爆営業していたり、サービス残業を日常的にしていたことは郵政民営化以降の混乱で明らかになった

しかし、今や民営化されたため郵便局の人たちは自爆営業するインセンティブなんてなくなり、郵政民営化により郵便局の人たちの忠誠心によるローコストのメリットを日本国民は失ってしまった


で、なぜ公益財団法人とか社団法人のサービス残業がわかりにくいかといえば官僚が国民にバレないように天下りするためにわかりにくくしているからだ

会社に天下りすれば批判されるから監督役的なあるいは盲腸みたいな財団法人に天下りして、タックスヘイブンのような感じで寄生するのだ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
厚生労働事務次官村木厚子の場合の天下り

2015年10月1日 - 退官
2014年4月1日 - 大阪大学男女協働推進センター招へい教授[30]
2016年6月1日 - コニカミノルタ株式会社アドバイザー、学校法人大妻学院理事[31]
2016年6月10日 - 一般社団法人障害者雇用企業支援協会顧問公益財団法人三菱UFJ信託芸術文化財団評議員[32]
2016年6月24日 - 伊藤忠商事社外取締役、公益財団法人産業雇用安定センター評議員
2016年7月1日 - 公益社団法人日本フィランソロピー協会理事
2017年4月1日 - 学校法人土佐高等学校理事[33]、津田塾大学総合政策学部客員教授[34]
2017年6月26日 - SOMPOホールディングス株式会社監査役[35]
2018年6月 - 住友化学株式会社取締役[28]

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


そこを山本太郎は意図的かわからんが無視している

もしかすると失業者の受け皿として公共セクターを考えているのかもしれない



そして3つ目は公的支出が減少したから貯蓄率が低下したというものだ

しかしそれはデタラメで、実際には賃金の主要な上昇要因である最低賃金の引き上げが小泉純一郎総理大臣の時代に意図的に減らされたから貧困化し、そのインパクトが今に至っただけにすぎない


小泉改革小泉純一郎小泉政権アベノミクス山本太郎2019年10月22日


小泉政権の6年ちょいの間に賃金上昇を抑え企業の利益をあげさせただけで好景気を演出していたわけだが、最低賃金の引き上げを6年ちょいもの間意図的に抑えたことで貧困化が進んで今がある


山本太郎は最低賃金の引き上げ速度を意図的に抑えた小泉政権をもっと批判するべきだ

公的支出は問題じゃないのだ




私はこの3つを山本太郎に対しておかしいとおもった
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック