FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

日本の交通費高すぎて移動が出来ねえよ

日本の交通費は高い

鉄道も航空機も高速道路も皆高い

だから私のような田舎者は結婚式に参加するときなど交通費で苦しむことがときどきある


なにせ日本では関西電力と高浜町の助役の原子力発電所に関する贈賄や東京オリンピックに関する不正のように高速道路の建設や空港の建設、鉄道駅舎の建設などにたくさんの寄生虫が寄り付き小銭を抜き取っていくため高コストになってしまうのだ


だから福岡空港などあれほど利用者がいても赤字なのだ



日本の交通費が高コストなのは建設運営に寄生虫が寄ってたかって群がったこと、それから運輸業で働いている人には労働組合のパワーがあったが一般庶民には無かったからというのもある


例えばJALで働いていたスチュワーデスの人たちの高待遇の年金などは航空会社には労働組合があったからできたわけで(まあ最後にはJALは財務的にクラッシュしたけどw)、鉄道である日本国鉄も新自由主義という中曽根総理の組合つぶしにより国鉄民営化されるまではデモ活動やストライキをすることができていた


そのため組合が無い職場の人たちに対して相対的に航空会社も鉄道も高コストな運輸手段になっていったと言える


そして国鉄民営化したときに(これは市町村合併でも同じだが)都合よくJRを切り分けた結果国土の均衡ある発展を諦めた結果、地方の所得格差のため地方は割高な交通費を低い賃金水準で負担させられている


つまり労働組合があったから航空会社も日本国鉄も給与と福利厚生を引き上げることができたが日本の庶民はそうじゃなかったわけだ


これはトヨタという自動車会社のグループの中でも同じでアメリカの工場で働いている人の方が時給が高いという皮肉な状態がある



で、話を戻すとここ九州では東京や大阪との航空路線も新幹線も基本的に反対側の終点を基準に決められているからめちゃめちゃ交通費が高く感じる


交通費が高すぎて気軽には移動が出来ない状態だ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ちなみに新自由主義がヤバいのはレーガンもサッチャーも小泉純一郎もそうなのだが「経済全体の中での改善すべき部門」を改革するのではなく「自分の嫌いな産業部門&やりやすい産業部門」を改革しようとする


というところだ

サッチャーが炭鉱と製造業、レーガンは航空管制官、小泉純一郎が郵便局とタクシー運転手のようにそれぞれやりやすいところを新自由主義者は攻撃する

思うのだが失われた20年(当時)実施中のときにタクシー運転手を規制緩和で攻撃した小泉純一郎は時間を無駄遣いしていたと思う

また、果たして郵政民営化するよりもやるべきことがあったと思う

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック