FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

インターネットはまとめサイトに殺された

プログラミングを学ぼうと思った時、私はホリエモンのいうようにすべての情報をインターネットから取り入れる独学でやろうと学習を始めた

アステカ文明創価学会日本平成31年1月4日

しかし、私は結果から言えば多くのことは本から学んだ

ホリエモンが、そして私がしんじていたように インターネットさえあればいくらでも自分で勉強できるというのは幻想だったからだ

インターネットでのプログラミングの学習が挫折した理由はまとめサイトだ


つまりキュレーションサイトとかキュレーションメディアとかいうああいうやつだ


今、インターネットでなにかについて検索するとキュレーションサイト、まとめサイトが上位に表示され、自動的に食い物にされる環境ができている



つまり、単純な好奇心でインターネットでキャンプ道具にリュックサックを検索したら、まとめサイトやキュレーションサイトだらけの検索結果が上位にくる


そしてそのページを好奇心で開くと大量のアマゾンのリンクがあり、訪問した人はいわゆるアフィリエイト報酬をサイト運営者が得るための蜘蛛の巣であることにきづくわけだ


しかもキュレーションサイト、まとめサイトがひどいのは誰かの執筆した解説をコピペしてしまいテキストをつくるため、ある分野の場合コピペをコピペしたものをコピペしたものみたいなページが検索結果に表示され、しのぎを削っている


この結果、よほどマイナーな趣味(たとえば砂金掘り)でもないかぎり検索結果はまとめサイトに検索結果を占領されていて、もはやインターネットで知りたいことなんて調べることは出来ない


私はこの現状を見てインターネットは死んだあるいは殺されたと見ている


インターネットの総合案内である検索結果がアフィリエイト目当てのまとめサイトに占領されたため、もはや役に立つ情報を得ることがとても難しくなっているからだ


例えばキャンプ道具のテントのまとめサイトはこんな感じ

テントまとめサイト-rakuten -amazon -楽天 -まとめ -NAVER -ニコニコ -ひろゆき -カズチャンネル -HIKAKIN

短い解説のあとに大きく楽天市場アマゾンヤフーショッピングのアフィリエイトリンクが有る


今やテントについて知りたいだけの人はいつの間にか単に通販雑誌みたいな薄っぺらい情報とアフィリエイトリンクがたくさんならんだページを見ることになる


プログラミングについても同様でインターネットの検索結果にはおそらくライターに書かせたであろう古くて不正確な情報がたくさん並んでいるまとめサイトが上位を占めている


このようにインターネットがまとめサイトに殺された状態が続くのであれば、意外と本のテキストにも生き残りの道があるかもしれない
宮脇咲良令和元年10月1日HKT4812秒世界中で
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

突然の訪問、失礼いたします。
私はプレゼント情報というブログをやっているさくらといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^

| URL | 2019-10-10 (Thu) 00:32 [編集 ]


 

トラックバック