FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

タバコ会社は電子タバコをあきらめてほしい

タバコ会社は紙巻たばこという本業で大企業になった

しかし、今喫煙者というタバコ会社にとっての顧客を電子タバコという新時代のタバコによって奪い合いをしている

私はタバコ会社に電子タバコの販売をやめてほしいと考えている


と、言うのはもはやタバコ産業は原則として死にゆく産業でありフィルムカメラでしかない

つまり紙巻たばこは使い捨てカメラである写ルンですに近い


そこで重要なのは今ある情報と資産をどのように活用するかということだ


つまり利益率の高い勝手知ったる衰退産業である紙巻たばこの世界から、健康被害が噂され訴訟を起こされていて突然死しそうな産業である電子タバコの世界に既存の紙巻たばこからの収益を流し込み紙巻たばこと同様の資産収益率を確保できるか?


というものだ


企業は儲かる商売に出会えたときに急成長して、大企業になる

しかし、成長したあといろいろな業種に色々手を出すことで収益は悪化していく



これは楽天もそうで、楽天市場という独自のサービスで急成長したあとなぜかコングロマリットを目指し、銀行や証券会社などの古くて競争の激しい世界に参入し、その結果収益性が悪化してしまった


だから私としては儲かる商売である紙巻たばこに注力して、電子タバコという不安定な場所に資本を投入してほしくない

アルトリア株価暴落2019年1月23日
AK48 マガジン リリース 

関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック