FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

都市部で若さ、金。時間、健康を奪われる? 現代の浦島太郎

浦島太郎は海の底で鯛や平目の舞い踊りを見ながら酒を飲んでいるうちに何年も竜宮城で過ごし、
故郷に帰ると何年も経っていて自分を知っているものは誰もなく、悲しくなって玉手箱を開けるとおじいさんになってしまった

しかし、浦島太郎はまだいい、少なくとも竜宮城にいた間は楽しかったわけだから。



ことわざは必ずしも正しくないで書いたように、江戸幕府の旗本たちは江戸市中、江戸郊外に居住していたが昇給なしのインフレに耐えられず没落していった。



昇給なしでインフレというのが問題であって、都市に住むこと自体は何も悪いことではない。




団塊の世代以降、地方の若者は地方では生活できないので地方を離れ都市で生活している。
問題は人は年をとってしまうという点だ。

昇給アリの企業が減ってしまった日本では、可処分所得を確保しにくい都市部では、若いままの気持ちで
いつまでも暮らしていると気がついたら年ばかりとってしまい、貯めておくべきだったお金やあると思っていた健康も
なくなり、年ばかり重ねてしまうことになる。
このまま昇給が少ない企業が増えると都市部では大量の貧困層が増え、帰るべき故郷はとっくの昔に廃墟化し存在しない彼らが集住するスラム地域ができるかもしれない

経団連2015 年3月卒「新規学卒者決定初任給調査結果」を載せておく


調査対象:経団連企業会員および東京経営者協会会員企業 1,906 社
経団連

注意するのは、コレは経団連に属しているようなまあまあ良い企業でもこの有様ということであって、世の中の多くの企業はコレより更にひどいということだ。



おすすめ記事一覧

シドニアの騎士で発見したおもしろシーン シドニアの騎士面白いです

面接で給料聞いたら不採用の日本 DUDAで転職するなwwww

財務について学びたいならこの3冊を読むこと

スタバで飲むコーヒーのまずさよ

富を生み出してきたのは新しい産業であって評価しつくされた古い産業ではない ハイテクの妙味

ALSOKが政府と結びつき始めた時代の変化、民営刑務所の恐怖 (警察国家へようこそ、政府は貴方を監視するし拘束する)
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック