FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

日本の自動運転技術はリスクをとれない

自動運転についての開発が進んでいる


すでにテスラなどは実用化に近づいている

テスラがすごいのは人身事故をおこしながらでも技術を向上させる根性の強さで、これが日本なら自動運転車が人身事故を起こせば即座に自動運転技術自体を批判して自動運転技術の成長はとまってしまうはずだ


テスラの自動運転車はパトカーにも消防車にも衝突したことがあるが今も開発中だ


日本はテスラの自動運転実証実験のような人身事故を伴うチャレンジは許されない環境にある


日本が不思議なのは70歳や80歳の高齢者が運転することは許され一般化しているのに、最新技術を投入した自動運転車を路上に投入することは不可という点だ


九州など、福岡市で公道のシェア電動スクーターを路上で実証実験することを国家戦略特区として実証実験などと言っているレベルだ


とてもじゃないがこのペースだと九州に自動運転車なんてこの先20年以上は導入されない恐れがあるww



私が経産大臣なら自動運転車に対して100億円の準備金を積み立てて自動運転車の事故に対して100億円の積み立ての中から賠償金を払うというふうにして普及を図るんだが残念ながら私は世襲できないからただの戯言だ



で、おそらく自動運転車はアメリカや中国で普及した後日本にくると私は考えている



自動運転技術を公道で実験出来ない以上日本の負けは明白だ
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック