FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

詰んでいるのがわからない橋下徹

将棋の上手い人同士の対局(対戦のこと)を見ていて面白いのは

まだ挽回できるんじゃね?

というような状態でも投了(降参)してしまうときがあるという点だ

なんならまだ王手にすらなってないのに降参することすらある


これがなんでできるかといえば、将棋の棋士が将棋に関してエキスパートで数手先を読むことができるからできるわけで、エキスパートじゃない私達がわからないのは当然だ


逆に数手先を読めるから棋士だとも言える


で、昨日のAbematvのニュースバー橋下では橋下徹が地球環境問題について言っていたが


ひろゆき相手に原発は必要みたいなことを言っていたが、どうやら橋下徹はまだ詰んでいるのに気づいていないっぽい


橋下徹によれば火力発電は二酸化炭素を吐き出すし再生可能エネルギーは高価だから現実的ではないらしい


しかし実際にはどうかというと東芝の製品サービスのページを見てほしい

東芝製品サービス一覧2019年9月27日

これは東芝の製品サービスの一覧のページだが電力の項目で原子力発電のリンクは火力発電水力発電はともかく風力発電や地熱発電そして太陽光発電の下に置かれている


つまり原子力発電のプロである東芝自体がすでに原子力発電という発電方法を詰んだとみなしているわけだ

原子力発電の擁護者は研究し続ければ安全性が上がるというが、現在では原子力発電のプロの東芝が原子力発電を詰んだとみなしている

公式のホームページでこのように表記している以上、これは東芝の意思そのものであると言える


最初あいうえお順かと思ったのだが、原子力発電はか行だから一番下はやはりおかしい場所だ


橋下徹が滑稽なのは中の人達がすでに見放した原子力発電を未だに必要だと言いはるところだ


これは右翼とか左翼の問題ではなく発電コストの問題なのだが、もはや橋下徹は宗教のように自分の意見を信じて盲目になっている


中の人達がすでに見放した技術を未だに必要だと言いはる

こういう人は技術トレンドについていけない人の典型例だ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Apollo11


ファルコンX
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


つまり何が起こっているかわかっちゃいないのだ


今からたった15年ほど昔、まだ家の固定電話を使う人はたくさんいて、コードレスの子機を使って家の中の好きな場所で話せることがすごいという時代があった

当時まだ携帯電話はかけ放題は無かったので通話料金が高かったのを覚えている、通話料金がやすいという理由でPHSを併用する人もいた時代だ


それからたった15年後、今や固定電話は詐欺の電話しかかかってこないから固定電話を置いていても電話に出ない人すらいるしコードレスの子機を愛用する人はだいぶ減り家の中にいるのに携帯電話で1時間も2時間も電話するみたいなことは普通になっている


つまり技術はどんどん便利に安価になっていく



そして原子力発電に話を戻すと、福島原発事故以降、世界は火力発電か原子力発電所かではなく新しい技術である再生可能エネルギーを模索し続けている

つまり橋下徹の言うような原発か火力発電かではなく第三の道を探しているわけだ


橋下徹はどうやら田崎史郎とあんまり変わらなくなってきている気がしてがっかりする

電力会社からカネを貰っているなら仕事だから良いんだけどさ

これはホリエモンがだんだんとマツコデラックスみたいにだれかをあざ笑うキャラになったのを見ていると失望感を感じるのと似ている


どうやら橋下徹も取り残される方の人なのだと思う
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック