FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

フィリップモリスは短期的に買い

アルトリアという荷物を抱え込むというリスクが減ったフィリップモリスは上昇し、アルトリアは…

ちと下げた


電子たばこの訴訟リスクがあること、市場全体が消滅に向かっているということを考えると、今のフィリップモリス株を買うというのは火がついた建物の中にお金を取りに戻るというようなものだといえる


自分に火がつくリスクを抱えて高配当を掴みに行く


それがフィリップモリスの株を買うということだ


しかし短期的には買いなのではないか?と私は見ている


しかし景気後退が近づいている今、わざわざ火のついた建物に飛び込むべきか?と言われたらむずかしい


今のタイミングでフィリップモリスを買ってよい人はチャートが読める自信がある人であると思う


つまり買うべき水準と売るべきタイミングがわかるひとだ


短期的には買いだろうが長期的には火がついた建物であることには違いがない
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック